投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「西日本旅客鉄道(9021)」

投稿日:2017年4月24日 更新日:

西日本旅客鉄道(JR西日本) WEBサイトはこちら

高配当で株主優待も充実の西日本旅客鉄道(JR西日本)は、いつか買ってみたいと思いつつ、いちども取引したことがない銘柄です。

5年前は4000円をうろうろしていた株価が、現在は7360円。約2倍に上がっています。予想PER(株価収益率)は約14倍で、まだまだ割高といえる水準ではありません。

配当は1.89%。株価が上がってしまったせいで以前より利回りは下がってしまいましたが、それでも半年に1度、7000円が配当として支払われるのは魅力的です。

株主優待券も充実。金券ショップでよく売られていますね。

  • 乗車券運賃50%割引券
  • JR系列ホテルの宿泊費30%割引券
  • JR大阪駅隣接商業施設の10%割引

JR西日本路線内の新幹線を利用する人や、大阪駅隣接商業施設を利用する人にとっては、株主優待目当てで長期保有するだけでも、十分なメリットがあります。

北陸・近畿・中国地方・九州北部まで、広範囲の路線を網羅しており、地方の方にとっては生活の足そのものです。都市圏以外は「競合企業なし」というのも強みです。

事業ごとの収益割合に目を向けると、運輸業64%、流通業16%、不動産業7.5%、その他12.5%です。

そのうち運輸業収入の内訳は、新幹線50%、京阪神の在来線35%、その他13%となっています。新幹線、儲かっていますね。外国人観光客も移動手段として新幹線をよく利用しており、今後も安定した収入があるとみています。

遠方への移動で、新幹線と飛行機のどっちを利用したいか?迷わず新幹線ですね。理由は「乗る前後の時間が少なくて、快適だから」です。飛行機はまず空港までの移動に時間がかかるし、離陸時間の1時間前には空港に着いておく必要があるし、手荷物検査に時間がかかるし、何かと制約があります。一方新幹線は、目当ての列車に乗り遅れても、自由席ならどれでも乗れるし、車内も自由に動けるし、車窓の風景も楽しいです。今後もLCC(格安飛行機)に客を奪われる心配はないと思います。

投資リスクで最も大きいのは列車事故でしょうか。2005年に起きた福知山線列車事故のようなことがもう一度起きたら、著しく信用を落とすことになるでしょう。JR西日本のWEBサイトには、安全への取り組みが多く紹介されています。これからも継続していただき、培った事故防止のノウハウは、他の運輸会社とも共有していただきたいです。

Amazon:「JR西日本」での検索結果



関連記事

ブランドは細部に宿る

建築やデザインの業界では、「神は細部に宿る」「ブランドは細部に宿る」という言葉があり、「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにしてはならない」という意味で使わ …

「日経ビジネス 徹底予測2019」を読んだ感想

年末年始の時間を利用して、「日経ビジネス 徹底予測2019」(日経BP社)を読みました。 「日経ビジネス 徹底予測2019」を紹介したときの過去ブログ(2018年12月22日) 「識者の方々は、201 …

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはあるか?

昨年2016年に、はじめて信用取引(買い)をやってみました。 まだまだ勉強しながらですが、40回ほど信用取引して、いまのところ一度も損することなく取引できています。 手法としては、現物で保有している株 …

ANA機内誌「翼の王国」

おすすめ度:★ 全日本空輸株式会社 編集・出版 ANAの飛行機に乗ったことがある方なら、必ず手に取ったことがある、座席の前ポケットに入っているアレ、あの雑誌です。ANAの月刊機内誌。 たまにANAの飛 …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up