投資を考える コラム

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

投稿日:2017年4月20日 更新日:

まだやったことのない「信用売り(空売り)」の取引について、自分なりのルールを検討中です。

とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。

信用売りのリスク

信用売りには、次のリスクが考えらます。

  1. 株価が上がり続けると、損失がどこまでも膨らんでいってしまう
  2. 売り注文が集まると、逆日歩(ぎゃくひぶ)の手数料を引かれてしまうことがある(通常の制度信用取引でなく、貸株料の高い一般信用取引を選択することで回避可能)
  3. 保有している間、貸株料をジワジワ引かれ続けてしまう

リスクを回避する取引とは

これらのリスクを回避するには、どのような取引が最適なのか・・・。

  • 「信用売り」専用銘柄で、一般信用取引を行う。損切りラインをしっかり設けておき、リスク回避する。
  • 現物と同じ銘柄を、無期限の一般信用取引で空売りする。もし株価が上がったら「現渡し」して現物株と相殺し、リスク回避する。

いまのところ思いつくのは、この2つの取引です。

信用売りは、ややこしいルールがいっぱいありますね。

SBI証券での取引を考えていますが、証券サイトの「信用取引」説明ページを読むと、制度信用取引と一般信用取引では、取扱銘柄が違うようですし、少額ですが建玉の管理費がかかるようですし、まだちゃんとルールを理解できていません。

もうちょっと勉強が必要

ヘタに手を出すと大損しかねないので、もうちょっと勉強して、他の投資家の方の手法も参考にしながら、まずは少額で取引してみて、やりながら体で覚えていこうと思います。

潔くいかず、慎重に行きましょう。

株式投資は、勝てる見込みのない勝負には参加しないことです。

確実に勝てる試合だけに参加すればいいんです。


関連記事

「賢明なる投資家」

(パンローリング株式会社、ベンジャミン・グレアム著) 株式投資の名著といわれるベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の「賢明なる投資家」を買って読みました。1冊3,800円という結構 …

今週はイベント目白押しだったけど、結局相場は動かなかっタカ!(2018年6月17日)

6月7日(木)から来週6月15日(金)にかけて、けっこうビッグイベントが目白押しだったんですが、終わってみるとほとんど相場は動きませんでした。 どのイベントも想定内の結果だったため、サプライズがなく、 …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 東洋水産(2875)を買い、逆指値売り注文 2011年ごろの東洋水産(2875)の株は、まだ売買単位が1 …

「日経ビジネス 徹底予測2021」の読書メモ

昨年12月に買った雑誌「日経ビジネス 徹底予測2021」を読みました。 気になった言葉をメモしておきます。 「日経ビジネス 徹底予測2021」目次 コロナ後の世界を読み解く 世界の4賢人 特別インタビ …

銘柄ウォッチ「西日本旅客鉄道(9021)」

西日本旅客鉄道(JR西日本) WEBサイトはこちら 西日本旅客鉄道は株主優待が魅力 高配当で株主優待も充実の西日本旅客鉄道(JR西日本)は、いつか買ってみたいと思いつつ、いちども取引したことがない銘柄 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up