取引の記録 取引分析

年間運用成績を確認する

投稿日:2017年4月16日 更新日:

「自分は毎年、株式取引でどのくらいの利益を生んでいるか?」を知りたい場合、証券会社から交付される年間取引報告書で確認できます。郵送の報告書か、または証券会社サイトにログイン後の口座管理ページで確認できます。この「利益」は取引手数料や各種税金が引かれたあとの儲けを意味します。

でも、純粋に株を売買したときの差額、つまり企業活動でいうところの売上高がどのくらいかは、すぐに分かりません。

そんなとき、いつものExcelの取引記録から集計すれば確認できます。

取引管理表を紹介した過去記事はこちら

年間運用成績の集計手順

たとえば2016年の損益額を集計してみます。

まず、取引記録Excel管理表を開き、「売却日」列を、フィルター機能で降順に並べ替えます。いちばん上から、最近の売却日順に表示されていきます。

そして、Excelの「オートSUM」機能で、「売却日」列が「2016/01/01~2016/12/31」までの行を確認し、その行の「損益額」のところをオートSUMで全部ドラッグアンドドロップします。

これで2016年の合計損益額がわかります。762,461円でした。

合計損益額を別表に整理していきます。ドル建ての株は、ドルのまま別集計します。

これを各年毎に集計して、別様式に書き写すと、こんな感じになりました。

スポンサーリンク

年間運用成績を集計してわかったこと

こうやって年間の推移をみてみると、株をはじめた初年度(2009年)はマイナスでしたが、それ以降は毎年プラスで推移しています。

ただ、年によってプラスの度合いはまちまちで安定していません。

また、米ドルでの売買益がほとんどないことが分かります。米国株は取引手数料が高いので頻繁に取引できません。そのため売買の回数も少なくなります。これはこれでしょうがないかなと思います。米国株は高配当なので、配当収入が期待できますし、為替が円安に大きく動いた場合のリスクヘッジにもなるので、米ドル資産はこれからも持ちつづけます。

2013年以降は、毎年60万円以上の利益はクリアしてきているので、今年も最低そのくらいは越えていきたいです。


関連記事

株主優待券もって、マクドナルドへ行ってきました!(2020年1月)

2019年9月に届いたマクドナルドの株主優待券をにぎりしめ、嫁さんと二人で大阪市内のマクドナルド某店に行ってきましたので、レポートします。 過去記事:日本マクドナルドホールディングスの株主優待品が届き …

ポートフォリオ(2017年2月17日)

銘柄 株数 含み損益 江崎グリコ 300 -2.43% キユーピー 400 +0.97% 鳥貴族 600 -9.78% Coca-Cola 300 -8.81% 感想 今週もおつかれさまでした! 今週 …

約定記録(2021年3月29日-4月2日):買付

今週の約定 損益額合計:0円 年月日 約定 損益額 2021/03/29(月) 買 – 2021/03/30(火) 為替 – 2021/03/31(水) – &#8 …

保有資産評価(2017年02月28日): 871万円

きょうで2月が終わりです。おつかれさまでしたー。 「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉どおり、あっという間の2月でした。 この1ヶ月を振り返ると、先月より30万円ほど資産を増やすことがで …

約定記録(2021年3月1日-3月5日):買付

今週の約定 損益額合計:0円 年月日 約定 損益額 2021/03/01(月) – – 2021/03/02(火) 買 – 2021/03/03(水) &#8211 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up