投資を考える 証券会社を選ぶ

マネックス証券の便利なサービス3つ紹介

投稿日:2017年4月3日 更新日:

マネックス証券を利用していて、便利だなと思うサービスを3つご紹介します。

これらのサービスを利用するだけでも、口座を開く価値があると思いますよ。

 「米国株厳選銘柄レポートBOOK」

米国市場に上場している主要個別株50銘柄と、ETF約20銘柄の詳細なレポートPDFをダウンロードできます。年4回更新しています。内容は、日本の四季報とほぼ同じです。株価指標、財務指標、株価チャート、銘柄解説、業績推移、売上構成などが見られます。

おもしろいのは、「地域別売上構成」という項目があり、国別や大陸別の売上構成比が確認できるんです。さすがグローバル企業がひしめいている米国企業だけありますね。

50銘柄のうち半分は、だれもがよく知っている企業なので、見ていて楽しいです。ウォルトディズニー、マイクロソフト、マクドナルド、ツイッター、アップル、ジョンソンエンドジョンソンなどなど・・・マンモス企業が目白押しです。

米国株に投資したいと思っている方は、まずこれを眺めながら銘柄を物色してみるのも良いと思います。

 「時系列株価」

国内個別銘柄の情報は、どこの証券会社でも「株価の板」「指標」「ニュース」「チャート」「四季報」「株主優待情報」など情報が見れますが、マネックス証券はそれに加え、時系列株価情報が確認できます。

時系列情報とは、日足・週足・月足のスパンで、始値、高値、安値、終値、前日比、出来高を確認できます。期間中の最高値や最安値は色付けされているので、株価チャートとはまた違う見方で、相場の流れを確認できるのがメリットです。

Yahoo!がやっている「Yahoo!ファイナンス」にも同じ機能がありますが、色付けされていないので、こっちのほうが見やすいです。

ちなみにGMOクリック証券にも同じ時系列株価機能があります。

 「日本証券新聞の第一面」

日本証券新聞というものがあるんですね。

マネックス証券で初めて知りました。じっさいに新聞を売っているところを見たことはないですが、どうも首都圏では、駅の改札内売店で売っているようですね。

その新聞の第一面のみを、PDFで閲覧できるサービスです。一面だけしか見れないので、とくに投資の参考になることはないのですが、なんというか、東京茅場町にある証券取引所界隈の熱気が感じられる紙面なので、見ていて楽しいです。

「資産運用始めるなら!マネックス証券」



関連記事

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

  2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように。 本サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。 今年は相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

投資は予想がはずれる前提でOK!

「ギャンブル」と「株式投資」との違いは何でしょうか? 「ギャンブル」は、予想が外れたらお金がゼロになる 「株式投資」は、予想が外れてもお金が一時的に減るだけで、ゼロにはならない ではないでしょうか。 …

銘柄ウォッチ「セリア(2782)」

セリア 公式サイトはこちら セリア(Seria)とは セリア(Seria)は、100円ショップ業界で第2位の会社です。 1位はダイソーでおなじみの大創産業です。3位はキャンドゥ(Can★Do)です。 …

米ドルで投資する「個別銘柄」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、個別株を選んでいき …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up