投資を考える 証券会社を選ぶ

4つの証券会社の使い分けを決めました

投稿日:2017年3月30日 更新日:

現在、次の4つの証券会社に口座を開いています。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券

でも、現状はSBI証券に資金が集中しています。

リスクヘッジの観点から、もっと資金を分散させたほうが良いと思い、証券会社ごとの「資産比率」と「使用目的」を、次のように決めました。

証券会社ごとの資産比率と使用目的

SBI証券

資産比率:70%

使用目的:国内数銘柄の取引。信用売り。NISA口座での長期保有。

いままでどおり、取引のメイン口座にします。国内銘柄のみ取引し、信用建余力を生かして信用売り(空売り)にも挑戦したいです。また、NISA口座をSBI証券で開いたので、NISAでの長期投資もやっていきます。

マネックス証券

資産比率:20%

使用目的:外貨専用取引。主にS&P500ETF(SPY)積立。米国株個別銘柄も取引。

米国株の取扱銘柄数が他証券会社に比べ格段に多いので、米ドル資産専用口座とします。米国株の取引手数料はまだまだ高いので、徐々に積み立てる感覚で、少しずつ買っていきます。

楽天証券

資産比率:10%

使用目的:主に株主優待が目当ての単元株保有。売却せず永久保有。

株主優待サービスが魅力的な銘柄を、単元株だけ保有しておく口座とします。基本的には売却はせず、ずっと持ちつづけて、インカムゲイン(配当金と株主優待)をもらい続けます。

GMOクリック証券

資産比率:0%

使用目的:いまのところ用途がないので、しばらくそのまま休眠口座にしておく。

取引手数料がいちばん安い証券口座なので、なにか利用できないかと考えましたが、いまのところデイトレードをする予定はないので、ひとまず休眠口座としておきます。

楽しみながら投資戦略を考えよう

ということで、各証券口座ごとの利用目的を決めました。

こういう事前準備のようなのが僕は好きです。あーでもない、こーでもないと、いろいろ投資戦略を考えるのが、めんどくさいけど楽しいんですよね。

よく野球やサッカーのファンは、監督になった気分でベストメンバーや打順やポジションを楽しみながら考えますが、あれと同じ気分で株式投資しています。

ベストメンバーを選んで(投資銘柄を選んで)、打順やポジションを決めて(銘柄ごとの投資比率を決めて)、チームによって戦い方を練って(証券口座ごとに使用目的を考えて)・・・自分が監督兼選手なので、自由にやらせてもらっています。



関連記事

RPGと株式投資は似ている

RPG(ロールプレイングゲーム)と株式投資は、似ていると思います。 RPGのようなゲームの世界では、主人公が経験値を積むことで、どんどんレベルアップして成長していき、移動手段も増え、いろんなところへ行 …

鳥貴族、暴落する

ついに来ました。暴落。 6月9日(金)の第3四半期決算発表をうけ、6月12日(月)に鳥貴族株が暴落しました。 何もそこまで下がらなくても・・・というくらい大きく下げました。 前日(前週)終値が2782 …

鳥貴族が、さらに暴落

またまた来てしまいました。鳥貴族の暴落。 今朝は10%以上さげて始まり、終値は前日比-9.66%の2197円でした。 (ロイターニュース:フィスコ社提供) 鳥貴族<3193.T>は売り気配 …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up