投資を考える おすすめ投資本

「日本経済新聞」

投稿日:2017年3月14日 更新日:


(日本経済新聞社)

やっぱり経済のことを知るなら、日本経済新聞ですね。

コンビニで買ったら160円です。

土曜日に日経新聞を買う

僕は気が向いたとき、土曜日の日経新聞を買って読むようにしています。

土曜日の日経新聞は別刷版が付いてお得だし、一週間の経済の動きがわかりやすくまとめられているからです。株価欄も週単位の値動きが分かり使いやすいです。

あと、土日くらいしか、時間を気にせずゆっくり新聞を読む時間がないというのもあります。

月曜日もたまに買う

土曜日以外で買うとしたら、月曜日です。

なぜかというと月曜には一面にわたって「景気指標」が掲載されているからです。

日銀短観、国内外のGDP、景気動向指数、鉱工業指数、機械受注率、物価指数、雇用者指数、株価指数、為替、商品市況など、ありとあらゆる経済指標が新聞一面にすべてつまっているんです。

で、3月13日の月曜日に、コンビニで日経新聞を買って開いてみたんですが・・・残念なことに、景気指標欄は2017年2月をもって終了していました!

日経新聞電子版のよくある質問コーナーによると、景気指標情報は、日経新聞電子版の経済指標ダッシュボードからご欄いただけます、ということです。

日経新聞電子版のよくある質問コーナーより抜粋

Q:月曜「景気指標」の掲載が見当たりません

A:「景気指標」は、2017年2月27日(月)付朝刊をもって紙面への掲載を終了いたしました。「景気指標面」に掲載していたデータの一部は引き続き日経電子版の「経済指標ダッシュボード」(有料会員限定)からご覧いただけます。日経電子版「トップ」の「ビジュアルデータ」の中から「経済指標ダッシュボード」をクリックし、ジャンルを選択してください。「経済指標ダッシュボード」は各種指標をグラフで見やすく表示するほか、画像やデータのダウンロードも可能です。

ギュッと情報が凝縮された景気指標の紙面を、今後は見ることができないのは残念です。

Amazon:「日経新聞」での検索結果



関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2018」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚くなっています …

「日経ビジネス 徹底予測2019」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。僕は2012年版から毎年ずっと買い続けています。 今年もさっそく本屋に行って、2019年版を買ってきました。 いつ …

ブランドは細部に宿る

「ブランドは細部に宿る」とは 建築やデザインの業界では、「神は細部に宿る」「ブランドは細部に宿る」という言葉があり、「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにし …

買いたい株主優待銘柄リスト

SBI証券、マネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券の4つの口座を開いていますが、そのうち楽天証券は「株主優待券目当ての単元銘柄を保有する」目的で利用しています。 現在は「コカ・コーラボトラーズジ …

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

(ソーテック社) 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。他の人の「株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、コワくて手 …

2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up