投資を考える おすすめ投資本

「日本経済新聞」

投稿日:2017年3月14日 更新日:


おすすめ度:
日本経済新聞社

やっぱり経済のことを知るなら、日経新聞ですね。160円。

僕は土曜日の日経新聞だけ、気が向いたときに買って読むようにしています。

別刷版がついていてお得だし、一週間の経済の動きがわかりやすくまとめられているからです。あと、土日くらいしか、時間を気にせずゆっくり新聞を読む時間がないというのもあります。

土曜日以外で買うとしたら、月曜日です。なぜかというと月曜には一面にわたって景気指標が掲載されているからです。

日銀短観、国内外のGDP、景気動向指数、鉱工業指数、機械受注率、物価指数、雇用者指数、株価指数、為替、商品市況など、ありとあらゆる経済指標が新聞一面にすべてつまっているんです。

で、3月13日の月曜日に、コンビニで日経新聞を買って開いてみたんですが・・・残念なことに、景気指標欄は2017年2月をもって終了していました!

日経新聞電子版のよくある質問コーナーによると、景気指標情報は、日経新聞電子版の経済指標ダッシュボードからご欄いただけます、ということです。

日経新聞電子版のよくある質問コーナーより抜粋

Q:月曜「景気指標」の掲載が見当たりません

A:ニュースやライフスタイル紙面を拡充するため、2017年2月27日(月)付朝刊の掲載をもって終了いたしました。「景気指標面」に掲載していたデータの一部は引き続き日経電子版の「統計」からご覧いただけます。 日経電子版トップページの検索窓のすぐ左にある「統計」ボタンを押すと開く「経済指標ダッシュボード」からジャンルを選択してください。 「経済指標ダッシュボード」は各種指標をグラフで見やすく表示するほか、画像やデータのダウンロードも可能です。電子版の会員登録がない読者の方もご覧になれます。

会員以外の読者も見れるのはうれしいですね。

でも、紙面にギュッと凝縮された景気指標を、今後は見ることができないのは残念。

月に1回でもいいので、土日の別刷版などで、景気指標欄を復活してほしいです。

Amazon:「日経新聞」での検索結果



関連記事

今年のNISA非課税枠120万円分をどう使う?

今年も残り3ヶ月となったところで、「2017年のNISA枠をまったく使ってない」ということに気づきました。 僕はSBI証券でNISA口座を開いていて、これまで毎年、利用枠いっぱい使っていたのですが、今 …

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。 街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。 ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるん …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」2回目

江崎グリコ WEBサイトはこちら 江崎グリコとは チョコ、スナックなど菓子メーカーの大手です。 「ポッキー」「プリッツ」「ビスコ」「プッチンプリン」「パピコ」「ジャイアントコーン」「セブンティーンアイ …

銘柄を絞り込むメリット

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

投資の初心者が不安に感じること

2016年7月に、株式会社ネオマーケティングが「資産運用とお客様サポート」に関する調査結果を発表しています。 引用元:アイリサーチ「資産運用とお客様サポートに関する調査」記事はこちら 直近1年以内に株 …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up