投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「Amazon.com(AMZN)」

投稿日:2017年3月7日 更新日:

Amazon(米国) WEBサイトはこちら

Amazon(日本) WEBサイトはこちら

超巨大通販サイト、Amazon.com(アマゾンドットコム)。

ティッカーは「AMZN」ですね。

設立は1996年。

ということは、まだ20年しかたっていないのにこんなに急成長をとげてるんですね。

いまや世界中の小売業界を牛耳ってるといっても過言ではないでしょう。

まだパソコンを始めたばかりのころ、最初にアマゾンで買い物したときは衝撃的でした。

「すごい。インターネット上で、なんでも買えてしまうんだ。」と便利さに驚き、それ以来ネットショッピングが生活の一部になりました。

新しいサービスへの挑戦にも積極的です。

  • Kindle(電子書籍)
  • Amazon Web Service(クラウドサービス)
  • ドローンを使った無人配達
  • Amazonプライム(様々な優遇特典付)

どうしても楽天市場と比べてしまいますが、

商品の選びやすさならAmazon

品数の多さなら楽天市場

となるでしょう。

だから、買物するセオリーとしては、Amazonで品物を選んでから、選んだ品名を楽天市場で検索していちばん安いショップをさがす、という流れになっていきます。

さて、とても魅力的なAmazonですが、いちどだけガッカリしたことがあります。

Amazonプライムの1ヶ月体験にお試しで申込んだのですが、しばらくすると勝手に本契約分の料金がクレジットカードから引き落されていたんです。わけが分からず解約手続きをしようとしても解約サイトが見つからない。ネットで調べてようやく解約できました。最初によく調べずに体験版を申し込んだ僕がわるいのかもしれませんが、そういう顧客をあざむくようなことやってると、信頼を失いかねないですよね。

そんなことがあって、僕は当時保有していたAmazon株を全て売りました。

Amazon:「Amazon」での検索結果



関連記事

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

「ダイヤモンド・ザイ」のサイトで個人投資家の投資手法を研究

お金の総合サイト「ダイヤモンド・ザイ オンライン」に、個人投資家の投資手法を紹介した記事の特集があったので、何か参考になればと思い、読んでみました。 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖! そ …

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
Scroll Up