投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「Coca-Cola(KO)」

投稿日:2017年3月5日 更新日:

Coca-Cola WEBサイトはこちら

コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら

Coca-Colaとは

世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。

市場でのティッカーはKOです。

最近でこそ、健康ブームが向かい風となり、売上は徐々に減ってきていますが、それでもここ数十年、世界ナンバーワンの飲料メーカーであることに変わりはありません。企業のブランド価値をはかる「世界ブランド価値ランキング」でも、毎年10位以内に入っています。

設立は1919年。和暦だと大正8年。なんと100年を超える老舗企業なんですね。

Coca-Colaの商品

世界的なロングセラー商品がいくつもあります。

  • コカ・コーラ
  • ファンタ
  • スプライト
  • ミニッツメイド
  • アクエリアス

日本だけで売られている商品も、おなじみのものばかりです。

  • 缶コーヒー「ジョージア」
  • 紅茶花伝
  • 爽健美茶
  • いろはす
  • からだすこやか茶
  • 綾鷹

Coca-Colaの強み

ペプシ・コーラなど、似たような他社商品はたくさんあるのに、なぜ常に世界ナンバーワンでいられるのか?

それはCM・広告でのブランド戦略だと思います。やっぱりいちばんカッコいいんですよね、コカ・コーラが。砂糖がたくさん入っていて体にわるいとしても、コカ・コーラを飲んでいる自分がカッコよく思える。そんなふうに思わせるイメージ戦略がスゴイと思います。

僕自身、いま米国株のCoca-Cola(KO)を300株もっています。実のところ、株価が買値まで戻ったら、全部売ってしまおうと思っているのですが、それでも保有している間はそこそこ良い配当をもらい続けることができるので、気長に持っていようと思っています。

あのウォーレン・バフェットは、まだ今のように世間に知られていないCoca-Colaに目をつけ、大量に株を買い付け、そして保有し続けることで、莫大な利益を得てきました。いま現在も、バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ社の保有株のうち、10%超をCoca-Colaが占めていることをみると、バフェットもまだまだCoca-Colaは安泰だと判断しているのではないでしょうか。



関連記事

信用売りで取り扱う銘柄、どう選ぼうか?

信用売り(空売り)にチャレンジしたいと思いつつ、まだチャレンジできていません。 いざ取引しようとしても、なんとなくコワくて尻込みしてしまいます。「信用売りした銘柄が、もし思惑が外れて、株価急騰してしま …

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひと …

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)4

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 いまは保有してないけど、いつか安く …

今後のマーケットを予想できますか?

アメリカ大統領選挙でトランプ氏がヒラリー氏に勝利した2016年11月8日あたりから、株価は上昇を続け、為替は円安基調になっていますが、いったいどこまで続くのでしょうか? 株価が上がるのはありがたいこと …

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」を買って読んで、本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」のペ …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up