投資を考える コラム

「定量的」「定性的」に銘柄を選別する(銘柄選別表)

投稿日:2017年2月27日 更新日:

最近になって、「定量的」「定性的」という言葉をはじめて知りました。インターネットで仕事の調べ物をしていたら出くわした言葉です。

元々は理系分野の言葉で、最近ではビジネスシーンでもよく使われる言葉らしいです。僕の周りで使っている人を見たことないですけど、そういうことらしいです。

定量的・定性的とは

調べてみたら、次のような意味でした。

定量的:数値・数量で表現できるもの。具体的なもの。

定性的:数値・数量で表現できないもの。性質や傾向をあらわす。感覚的なもの。

なるほど。要するに数値化できるものと数値化できないもの、ということですね。

定量的・定性的に銘柄を選別する

定量・定性の言葉を聞いて思い出したのが、僕の作った銘柄選別表です。

数年前、気になる銘柄から投資に値する企業を絞り込もうと、銘柄の財務情報などを一覧にまとめて比較検討したことがあるのですが、そのときにやっていたのが、まさに定量的分析と定性的分析だったんだと思いました。

当時のExcelを引っぱり出してきて、定量的分析(数値にできるもの)と定性的分析(数値にできないもの)に分け、最新の四季報から数値を拾ってきたのが、下の表です。

定量的分析の項目
  • 銘柄
  • 業種
  • 権利確定月
  • 株主優待の有無
  • 保有割合〔外国人保有割合、投資信託組入割合、浮動株割合、特定株割合〕
  • PER
  • PBR
  • 自己資本比率
  • 配当利回り
  • 営業利益率
  • ROE
定性的分析の項目
  • 自分が利用している商品・サービスか
  • 応援したい企業か
  • 長続きする事業か
  • 理解できる事業か
  • 世界で通用するか
  • みんな求めるサービスか
  • ブランド力はあるか
  • オリジナリティはあるか
  • WEBサイトの品質はよいか
  • 社長の顔は信頼できる顔か

項目を埋めたあとで、各銘柄を比較して検討します。

僕が選んだ銘柄のなかで、違いが顕著なのは「外国人の保有割合」です。鳥貴族はたった3%なのに、東洋水産は44%もあります。海外進出の割合に比例しているのでしょう。

PERはどこも似たりよったりです。

定性的分析は、かなり主観が入ってきますが、投資銘柄を判断する大事な基準です。

あなたが投資したいと思っている10社について、この表を作って比較してみたら、なにか新しい発見があるかもしれません。


関連記事

もう低位株への投資は辞めます

今年の10月から、GMOクリック証券に資金の1%を入金して、低位株への投資を始めていましたが、早々に辞めることにしました。 理由は「自分が応援したいと思わない銘柄に投資しても楽しくないから」です。 現 …

GMOクリック証券に口座を開きました

かわいい新垣結衣ちゃんの広告に誘われて、GMOクリック証券の口座を開きました。 GMOクリック証券 公式サイト 申込から口座開設まで早かったです。運転免許証やマイナンバー通知カードなどの本人確認書類は …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

SBI証券サイトのおすすめ機能[ポートフォリオ]

僕はSBI証券をメイン口座として投資しています。 メイン口座にSBI証券を選んだ理由のひとつに「ポートフォリオ画面が分かりやすくて便利だから」というのがあります。 SBI証券のポートフォリオ機能につい …

日経マネー「日本の億万投資家名鑑」

(日本ホームマガジン 日経BP社) 本のサブタイトルに「運用資産10億円超も。個人投資家63人のノウハウを明かす!」とあるように、資産が数億ある個人投資家がたくさん登場して、自らの投資手法を解説してく …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up