取引の記録 取引分析

資産運用における複利のちから

投稿日:2017年2月25日 更新日:

天才物理学者アインシュタインが「人類最大の発明は複利(The most powerful force in the universe is compound interest.)」といったように、「複利」は想像以上のちからを持っています。そのちからを利用して、資産を効率的に増やせたらいいですよね。

たとえば今100万円持っているとして、年利10%で運用できたら、1年後には100×1.1=110万になります。その110万円を元手にして、次の年も年利10%で運用できたら、1年後には110×1.1=121万となります。これをずっと続けていくと、資産が加速度的に増えていきます。

複利のちからを実感するために、Excelを使ったシミュレーションをしてみました。

2016年末の僕の資産は約850万円でしたので、今後、それを元手に年利10%、20%、30%の3パターンで運用した場合、どうなるのかやってみました。

年利10%で運用した場合

10%でもけっこう大変なことですが、それを継続できたとしても、20年後は5000万円止まりとなります。5000万円あれば老後の生活には十分な金額ですが、僕の投資目標である1億円には遠く及びません。

年利20%で運用した場合

15年後に1億円達成できます。わるくないペースですね。年利20%を毎年コンスタントに続けていくのはかなりハードルが高いですが、そこまで不可能な数字ではないと思っています。なので、この「年利20%」を続けていく手法を見出すことが、僕の投資のテーマになっています。

年利30%で運用した場合

これぞ複利のちからですね。10年後にはかるく1億円を超えてしまいます。20年後には10億円。このくらいで運用できたら最高ですね。

複利シミュレーションは、まさに「捕らぬ狸の皮算用」ですが、投資へのモチベーションがあがりますし、みなさんもご自分の資産で試してみてはいかがでしょうか。

複利計算表の作成手順(上図の場合)
  • セルB2、C2、D2には、パーセンテージ形式で10%、20%、30%を入力
  • セルB3、C3、D3には、元手の資産である「8500000」を入力
  • セルB4に「=B3*(1+B$2)」と数式を入れる
  • 数式を入れたセルB4を、オートフィル機能で縦横に展開して完成


関連記事

約定記録(2018年9月26日):売却

売却 売:カルビー〔2229〕(400株) 損益%: +0.1% 損益額: +1,200円 買値 : 3692円 売値 : 3695円 売:MAXIS JPX日経400ETF〔1593〕(130株) …

約定記録(2018年3月26日):売却(信用返売)

 icon-square 売却 売:鳥貴族〔3193〕(100株)※信用返売 損益%: +3.0% 損益額: 8,500円 買値 : 2845円 売値 : 2930円  icon-square 取引理 …

ポートフォリオ(2018年3月2日)

保有銘柄 銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 400 -15.83%  icon-square カルビー 300 -11.10%  icon-square キユーピー 200 …

約定記録(2017年11月6日):売却/買付

 icon-square 売却 キユーピー(500株) 損益%: +0.6% 損益額: 9,000円(100株あたり1,800円) 買値 : 2863円 売値 : 2881円  icon-square …

ポートフォリオ(2017年5月5日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 200 +1.24%   キユーピー 500 -5.44%   鳥貴族 600 -5.46%   Coca-Cola 300 -3.36% …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up