投資を考える 証券会社を選ぶ

楽天証券は万能型ネット証券

投稿日:2017年2月22日 更新日:

2011年に楽天証券の口座を開きました。

その後、楽天証券では試しに2、3回取引しただけで、あまり使いこなせていなくて、ずっと休眠口座になっていました。

ところが最近になって、久しぶりに楽天証券サイトにログインしてのぞいてみたら、画面デザインや操作性が各段に良くなっていてビックリしました。

メニューやサイトマップから、やりたいことが見つけやすく、画面遷移がサクサク進みます。なので、今後は楽天証券も利用していきたいと思っています。

楽天証券の強み

他の証券会社とはちがう、楽天証券のセールスポイントといえば、次の2つだと思います。

①楽天グループ各サービスとの連携

「ハッピープログラム」というサービスは、取引するたびに楽天ポイントがたまっていくサービスです。楽天市場や楽天トラベル、楽天カードや楽天Edyをよく利用している人は、ポイントが利用できてうれしいですね。

「ポイント投資」といって、たまった楽天ポイントを使って、直接投資信託を買い付けることができます。

また、「マネーブリッジ」とよばれる楽天銀行との連携では、入出金操作がスムーズに行え、預金の金利も優遇されます。

②トレードツール「マーケットスピード」の評判の良さ

カリスマトレーダーのB・N・Fさんも、楽天証券のマーケットスピードで取引しているそうです。

僕自身はマーケットスピードは使っていないので、どう良いのか分かっていないのですが、口コミではマーケットスピードは最強の取引ツールとのことです。機会があればパソコンにインストールして試してみたいと思います。

やっぱりこういう取引ツールを使っていると、いかにも株トレードしているなーっていう感じがしてテンションが上がりますね。

楽天証券はオールラウンド型ネット証券

楽天証券は、銘柄情報や口座管理情報の充実度も申し分ないです。

投資スタイルを問わず、長期・中期・短期トレーダーのすべての方が満足できる、万能型ネット証券といえます。

業界初!1,000円からの『投信ミニ積立サービス』楽天証券



関連記事

江崎グリコとカルビーが暴落したけど、大丈夫だろうか?

2017年10月末時点の全資産を計算して、はじめて1,000万円を越えていたので、「ヤッホーイ!」と浮かれていたら、いつの間にか手持ちの株が暴落していました。 江崎グリコとカルビーが暴落です。 どうも …

RPGと株式投資は似ている

RPG(ロールプレイングゲーム)と株式投資は、似ていると思います。 RPGのようなゲームの世界では、主人公が経験値を積むことで、どんどんレベルアップして成長していき、移動手段も増え、いろんなところへ行 …

先物・オプション取引を独学する[4]書籍(オプション取引①基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍でオプション取引について学びました。 世界一やさしい 日経225 オプション取引の教科書1年生 (岩田 亮 著、ソーテック社) …

米国株投資なら「マネックス証券」

米国株中心に投資するなら、証券会社は「マネックス(MONEX)証券」をオススメします。 米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他の証券会社とくらべて圧倒的に多いからです。 マネックス証券をこれまで利用してき …

鳥貴族が、さらにさらに暴落

2018年9月13日(木)、再び鳥貴族が暴落しました。 前日比-4.89%。東証1部上場企業の値下がり率ランキング、堂々の15位でした。 何が原因で暴落したのか? 9月12日の15時に、2018年7月 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up