投資を考える コラム

投資の目標をもつこと

投稿日:2017年2月21日 更新日:

何ごとも、目標をもって、それに向かって進むことが重要ですね。

株式投資においても、ただダラダラ取引をするのではなく、目標をもってやるほうが良いと思います。

僕の投資目標は「資産1億円達成」

僕の場合は、「資産1億円を達成する」というのが目標です。

今のところの資産は800万円ほどなので、達成率はまだまだ10%以下。かなり高い山です。

最近は、億を稼いだ人を「億り人(おくりびと)」というそうですが、資産1億円を手にした「億り人」にしか見えない景色があるのか、そういう人は世の中が何かちがって見えるのか、というのに興味があります。いちどはどんなものか体験してみたいものです。

ほんとうに1億円を達成したら、やっぱり人生の選択肢が広がるんでしょうね。お金のために働く必要がなくなるというのには、とてもあこがれます。そうなったら、本業のサラリーマンを早めに引退して、株式投資の資産運用を続けながら、1日2、3時間のアルバイトを行いつつ規則正しい生活を送って、1年間くらい物価の安いアジアの国々を旅行してまわって・・・と、いろいろ妄想が広がっていきます。

目標を持ったほうが投資は楽しい

何でもいいので目標を持っていたほうが、投資が楽しくなるんじゃないかと思います。

たとえば次のような目標をもって投資するのも楽しそうです。

  • 株主優待目当てで、優待銘柄を数多くの種類保有しておき、株主優待品だけで衣食住をまかなう(将棋棋士で投資家の桐谷広人さんがやっているような投資)
  • 仲間内の数人で出資金を出し合い投資をして、儲かったお金でみんなで旅行に行く(投資サークル的な取り組み)
  • 投資信託に月々いくらかを積み立てていき、将来の年金代わりにする
  • これは!と思うベンチャー企業の株を買っておき、100倍株、1000倍株を狙う
  • 普段は何も売買せず、数年に一回の大暴落を虎視眈々と待ちつづけ、大暴落が来たら全力買いして大きく儲ける(ウォーレン・バフェットのような手法)

などなど。自分なりのゴールを設定して、株式投資を楽しみましょう!


関連記事

「賢明なる投資家」

(パンローリング株式会社、ベンジャミン・グレアム著) 株式投資の名著といわれるベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の「賢明なる投資家」を買って読みました。1冊3,800円という結構 …

おすすめの証券会社は「SBI証券」

いくつかの大手証券会社に口座を開いているんですけど、そのなかでいちばんのオススメは「SBI証券」です。株式投資をはじめて以来、ずっとメイン口座として利用しています。 オンライン取引の先駆け的存在で、口 …

生まれてはじめて空売りしてみました

2017年の年初にかかげていた目標「今年は信用売りに挑戦する」を、昨日ようやく達成できました。 取引を終えての感想をレポートします。 取引内容 2017/05/09:信用新規売 信用新規売:カッパ・ク …

江崎グリコとカルビーが暴落したけど、大丈夫だろうか?

2017年10月末時点の全資産を計算して、はじめて1,000万円を越えていたので、「ヤッホーイ!」と浮かれていたら、いつの間にか手持ちの株が暴落していました。 江崎グリコとカルビーが暴落です。 どうも …

「見つめる鍋は煮えない」(カルビーとマクドナルドの株価のこと)

「見つめる鍋は煮えない」ということわざ 「見つめる鍋は煮えない」ということわざを最初に思いついた人はすごいなと思います。 待っている時間は非常に長く感じられるため、なかなか鍋が煮えないように感じる 何 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up