投資を考える コラム

投資とは、待つことである。

投稿日:2017年2月19日 更新日:

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。

僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。

  • もうちょっと買うのを待っていたら、もっと安値で買えたのになあ
  • もうちょっと売るのを待っていたら、もっと高値で売れたのになあ
  • 株価が大きく下がったとき、損切りせずに、そのまま持っておけばよかったなあ
  • よく知らない銘柄が割安になったからといって、衝動買いしたけど、やめとけばよかったなあ

なんて具合にです。

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の中で、バフェットはこんなことを言っています。

  • 5年以上寝かすつもりの銘柄しか買わないこと。株を買うときは、株式市場が翌日から5年間閉鎖され、その株の売買ができなくなるとイメージトレーニングをすることだ。長期見通しにだけ関心を集中させよう。
  • 忍耐は長期的に株式市場でより大きな利益を手に入れる武器である。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去ブログはこちら

バフェットのように、10年単位で投資することはなかなかできるものではないですが、考え方はとても参考になります。

たとえば、取引するときの具体的な心掛けとしては、「株価がどちらかに5%動くまでは無視する」のようなルールを決めて、その範囲内では取引しない、と自分でルールを決めることが良いのではと思います。

ルールを決めていても、3%くらい利益が出たらついついガマンできず、利益確定で売ってしまうこともありますが、5%以内の株価の変動は無視すると決めておくことで、日々の値動きに心乱されることはなくなります。

1000円で買った株が999.99円に下がったからといって、誰もうろたえないと思います。

それと同じで

1000円で買った株が950円に下がったとしても、想定内の範囲の値動きだと思い、どっしり構えていればいいと思います。

「言うは易し、行うは難し」ですけどね。



関連記事

銘柄ウォッチ「オリックス(8591)」

オリックス 企業サイトはこちら オリックスとは オリックスは、リース事業、不動産、銀行、生命保険、野球球団経営、その他投資事業と、多角的サービスを展開する会社です。 オリックスレンタカー、オリックス不 …

会社四季報チェック(2019年2集 春号)3

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 カルビー( …

投資では3つの「%」を意識するべし

株式投資で勝つためには、3つの「%」(パーセント)を意識しましょう。 すなわち「損益の%」「割合の%」「利回りの%」の3つです。 これらの「%」を常に意識することで、冷静に効率よく投資が行えます。 ① …

今年のNISA非課税枠120万円分をどう使う?

今年も残り3ヶ月となったところで、「2017年のNISA枠をまったく使ってない」ということに気づきました。 僕はSBI証券でNISA口座を開いていて、これまで毎年、利用枠いっぱい使っていたのですが、今 …

もう低位株への投資は辞めます

今年の10月から、GMOクリック証券に資金の1%を入金して、低位株への投資を始めていましたが、早々に辞めることにしました。 理由は「自分が応援したいと思わない銘柄に投資しても楽しくないから」です。 現 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up