投資を考える コラム

投資とは、待つことである。

投稿日:2017年2月19日 更新日:

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。

僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。

  • もうちょっと買うのを待っていたら、もっと安値で買えたのになあ
  • もうちょっと売るのを待っていたら、もっと高値で売れたのになあ
  • 株価が大きく下がったとき、損切りせずに、そのまま持っておけばよかったなあ
  • よく知らない銘柄が割安になったからといって、衝動買いしたけど、やめとけばよかったなあ

なんて具合にです。

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の中で、バフェットはこんなことを言っています。

  • 5年以上寝かすつもりの銘柄しか買わないこと。株を買うときは、株式市場が翌日から5年間閉鎖され、その株の売買ができなくなるとイメージトレーニングをすることだ。長期見通しにだけ関心を集中させよう。
  • 忍耐は長期的に株式市場でより大きな利益を手に入れる武器である。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去ブログはこちら

バフェットのように、10年単位で投資することはなかなかできるものではないですが、考え方はとても参考になります。

たとえば、取引するときの具体的な心掛けとしては、「株価がどちらかに5%動くまでは無視する」のようなルールを決めて、その範囲内では取引しない、と自分でルールを決めることが良いのではと思います。

ルールを決めていても、3%くらい利益が出たらついついガマンできず、利益確定で売ってしまうこともありますが、5%以内の株価の変動は無視すると決めておくことで、日々の値動きに心乱されることはなくなります。

1000円で買った株が999.99円に下がったからといって、誰もうろたえないと思います。

それと同じで

1000円で買った株が950円に下がったとしても、想定内の範囲の値動きだと思い、どっしり構えていればいいと思います。

「言うは易し、行うは難し」ですけどね。


関連記事

SBI証券で取り扱っている投資商品を調べた

SBI証券に口座をひらいて、かれこれ10年くらい経ちますが、さまざまな取扱商品のうち、僕が取引したことのあるのは次の商品です。 国内株式(現物、信用)・ETF 米国株式・ETF 投資信託 外国為替保証 …

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひと …

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)2

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ(22 …

「日経ビジネス 徹底予測2018」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚くなっています …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

(岩田 亮 著、ソーテック社) さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しようと思えばいつ …

2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
2021/02/21:サイドバーに月別アーカイブ追加
Scroll Up