投資を考える 銘柄ウォッチ

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。

街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。

ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるんでしょうね、コンビニって。

コンビニ大手3社の競争

各社の出店競争はまだまだ続きそうです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の三つ巴となっていますが、この中で、生き残るはどこなんでしょう?

  • コンビニエンスストアのパイオニア、セブンイレブンか?
  • 無印良品を取り扱い、海外にも強い、伊藤忠商事系のファミリーマートか?
  • ナチュラルローソンなど新たな業態を生み出す、三菱商事系のローソンか?

セブンイレブンが生き残ると思う理由

ウーン、やはりセブンイレブンでしょう。理由は以下です。

  • お弁当やおにぎりは、添加物をあまり使っていなくて、3社の中でいちばん美味しい。
  • 営業利益率が高い。
  • セブンプレミアム(プライベートブランド)の売れ行きがよい。
  • コーヒーやドーナツの販売、店内ATM、宅配など、他社に先駆けた新しいサービスを生み出し続けている。これからもその姿勢は続いていくと思われる。
  • JR西日本の構内で、キヨスクに代わって出店。ますます身近な存在になっている。
  • 海外出店数も、他を引き離している。

そんなセブンイレブンが絶好調の「セブン&アイホールディングス(3382)」ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット事業、西武・そごうの百貨店事業、その他小売事業は、先行き不透明なところがあり、なかなか積極的に投資に踏み切れません。それぞれの事業が手を結びあって、相乗効果が出てくれば、さらに魅力が増すんでしょうけどね。


関連記事

株式投資を何かにたとえると・・・

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、何かにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。 僕が思いついたものを3つご紹介します。 株式投 …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)2

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新年号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・ …

会社四季報チェック(2017年4集 秋号)

9月15日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 江崎グリコ(2206) 【営業増益維持】中国は数量が想定未達。た …

はじめてのリアルタイム板はコワい

証券会社に口座を開くと利用できる、売気配と買気配が分かるリアルタイム板の話です。 ※上の図は、実物の板をExcelでマネして作ったものです。 投資を始めた頃、リアルタイム板がコワかった リアルタイム板 …

「勝つ投資 負けない投資」

(出版社 クロスメディア・パブリッシング、片山晃・小松原周 著) 古本屋のブックオフに散歩がてらフラッと行ってみたら、この本がスタッフおすすめコーナーに置いてあったので買ってみました。 スーパー個人投 …

2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
2021/02/21:サイドバーに月別アーカイブ追加
Scroll Up