投資を考える 銘柄ウォッチ

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。

街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。

ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるんでしょうね、コンビニって。

各社の出店競争はまだまだ続きそうです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の三つ巴となっていますが、この中で、生き残るはどこなんでしょう?

①コンビニエンスストアのパイオニア、セブンイレブンか。

②無印良品を取り扱い、海外にも強い、伊藤忠商事系のファミリーマートか。

③ナチュラルローソンなど新たな業態を生み出す、三菱商事系のローソンか。

ウーン、やはり①セブンイレブンでしょう。理由は以下です。

  • お弁当やおにぎりは、添加物をあまり使っていなくて、3社の中でいちばん美味しい。
  • 営業利益率が高い。
  • セブンプレミアム(プライベートブランド)の売れ行きがよい。
  • コーヒーやドーナツの販売、店内ATM、宅配など、他社に先駆けた新しいサービスを生み出し続けている。これからもその姿勢は続いていくと思われる。
  • JR西日本の構内で、キヨスクに代わって出店。ますます身近な存在になっている。
  • 海外出店数も、他を引き離している。

そんなセブンイレブンが絶好調の「セブン&アイホールディングス(3382)」ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット事業、西武・そごうの百貨店事業、その他小売事業は、先行き不透明なところがあり、なかなか積極的に投資に踏み切れません。それぞれの事業が手を結びあって、相乗効果が出てくれば、さらに魅力が増すんでしょうけどね。



関連記事

失敗談「丸井グループ誤発注」

ひさしぶりにヤッてしまいました。 誤発注注文で5,190円の損をしてしまいました。 丸井グループを100株買っていて、買値より高めの指値注文したつもりが、5,000円も低い指値をしてしまい、あっという …

会社四季報チェック(2017年2集 春号)2

3月17日に発売された四季報の中から、気になる銘柄をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 朝日放送(9405) 【小幅増益】住宅展示場の費用増重いがテレビはスポット広告の …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」

グリコ WEBサイトはこちら 大阪観光のパンフレットで表紙に写っているものといえば、さて何でしょう? 通天閣、くいだおれ太郎、たこ焼き、よしもと新喜劇、そしてグリコの看板! そう、グリコの看板はもはや …

会社四季報チェック(2019年2集 春号)

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

守備範囲の外には出ない

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。 この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アス …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up