投資を考える 銘柄ウォッチ

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。

街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。

ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるんでしょうね、コンビニって。

コンビニ大手3社の競争

各社の出店競争はまだまだ続きそうです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の三つ巴となっていますが、この中で、生き残るはどこなんでしょう?

  • コンビニエンスストアのパイオニア、セブンイレブンか?
  • 無印良品を取り扱い、海外にも強い、伊藤忠商事系のファミリーマートか?
  • ナチュラルローソンなど新たな業態を生み出す、三菱商事系のローソンか?

セブンイレブンが生き残ると思う理由

ウーン、やはりセブンイレブンでしょう。理由は以下です。

  • お弁当やおにぎりは、添加物をあまり使っていなくて、3社の中でいちばん美味しい。
  • 営業利益率が高い。
  • セブンプレミアム(プライベートブランド)の売れ行きがよい。
  • コーヒーやドーナツの販売、店内ATM、宅配など、他社に先駆けた新しいサービスを生み出し続けている。これからもその姿勢は続いていくと思われる。
  • JR西日本の構内で、キヨスクに代わって出店。ますます身近な存在になっている。
  • 海外出店数も、他を引き離している。

そんなセブンイレブンが絶好調の「セブン&アイホールディングス(3382)」ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット事業、西武・そごうの百貨店事業、その他小売事業は、先行き不透明なところがあり、なかなか積極的に投資に踏み切れません。それぞれの事業が手を結びあって、相乗効果が出てくれば、さらに魅力が増すんでしょうけどね。


関連記事

あたりまえのことを見失わない

投資では冷静さを失いがち 株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがあります。 想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ アナリストによる市場予測 不安をあおるニュー …

「ダイヤモンド・ザイ」のサイトで個人投資家の投資手法を研究

お金の総合サイト「ダイヤモンド・ザイ オンライン」に、個人投資家の投資手法を紹介した記事の特集があったので、何か参考になればと思い、読んでみました。 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖! そ …

RPGと株式投資は似ている

RPGと株式投資の似ているところ RPG(ロールプレイングゲーム)と株式投資は、似ています。 RPGのようなゲームの世界では、主人公が経験値を積むことで、どんどんレベルアップして成長していき、移動手段 …

退屈な老後対策として株式投資をオススメする理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

竹田和平さんの名言 「上がってよし、下がってよしの株価かな。上がったら高く売れるからありがたい。下がったら安く買えるからありがたい。」 これは、今年の2016年7月に永眠された、日本の著名投資家竹田和 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up