投資を考える 銘柄ウォッチ 銘柄スクリーニング

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。

街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。

ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるんでしょうね、コンビニって。

各社の出店競争はまだまだ続きそうです。

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の三つ巴となっていますが、この中で、生き残るはどこなんでしょう?

①コンビニエンスストアのパイオニア、セブンイレブンか。

②無印良品を取り扱い、海外にも強い、伊藤忠商事系のファミリーマートか。

③ナチュラルローソンなど新たな業態を生み出す、三菱商事系のローソンか。

ウーン、やはり①セブンイレブンでしょう。理由は以下です。

  • お弁当やおにぎりは、添加物をあまり使っていなくて、3社の中でいちばん美味しい。
  • 営業利益率が高い。
  • セブンプレミアム(プライベートブランド)の売れ行きがよい。
  • コーヒーやドーナツの販売、店内ATM、宅配など、他社に先駆けた新しいサービスを生み出し続けている。これからもその姿勢は続いていくと思われる。
  • JR西日本の構内で、キヨスクに代わって出店。ますます身近な存在になっている。
  • 海外出店数も、他を引き離している。

そんなセブンイレブンが絶好調の「セブン&アイホールディングス(3382)」ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット事業、西武・そごうの百貨店事業、その他小売事業は、先行き不透明なところがあり、なかなか積極的に投資に踏み切れません。それぞれの事業が手を結びあって、相乗効果が出てくれば、さらに魅力が増すんでしょうけどね。



関連記事

銘柄ウォッチ「リクルートホールディングス(6098)」

リクルートホールディングス 会社情報サイトはこちら リクルートホールディングスとは 「まだ、ここにない、出会い」でおなじみの、リクルートホールディングスです。 1960年代に創業した当初は、「人材を求 …

先物・オプション取引を独学する[3]書籍(日経225先物② 取引方法&投資手法)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

会社四季報チェック(2018年4集)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

気になっている30銘柄(2017年10月)

気になっている銘柄を30銘柄挙げます。 いまのところ保有はしてないけど、投資を検討したい銘柄です。 ひとことずつコメントを添えました。 01:みずほフィナンシャルグループ(8411) 取得単価2万円弱 …

「鳥貴族『280円均一』の経営哲学」

おすすめ度:★ 大倉忠司 著 東洋経済新報社 鳥貴族(3193)の株に投資したい方なら、いちどは読んでおいてよい本です。 鳥貴族の公式WEBサイトはこちら 僕は楽天市場で、古本で買いました。698円。 …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up