投資を考える コラム

日本は近い将来、財政破綻するの!?

投稿日:2017年2月13日 更新日:

「近い将来、日本は財政破綻するのか!?」

なんていうタイトルが、しばしば紙面やテレビをにぎわせていますね。

これについては、経済学者やアナリストなど専門家の間でも、意見が分かれています。

それぞれの言い分をまとめてみましょう。

日本は近い将来「破綻する」派の意見

  • 日本は戦後(1946年)にハイパーインフレが起き、財政破綻した。今も同じ状況が起こりつつある。
  • 財政赤字が1000兆円以上。国民一人当たりに直すと800万円。政府債務残高が戦後直後と同じGDP比200%以上になっている。このままでは預金封鎖が起きる。
  • 大手銀行が、国債暴落に備えて対策をうっている。
  • 日本国債の格付けが徐々に下がっている。

日本は「破綻するはずがない」派の意見

  • 日本は、経常黒字を稼いでいる。
  • 日本国債の9割ほどが国内で消化されている。
  • お金が第一と思っている国で、物価があがり、ハイパーインフレになるはずがない。
  • 日本の家計は、金融資産残高のうち、半分を円建ての銀行預金に、4分の1を保険や年金に預けるという、安全志向の高さを誇っており、これが金融機関の安定的な国債投資につながっている。

確実に言えることは・・・

正直、どちらの意見も「たしかにそうだな。」と思ってしまう説得力があります。

将来どうなるのか全く分かりません。

でも、どちらにせよ、確実に言えることが1つだけあります。それは・・・

「日本が財政破綻する確率は、0%ではないし、100%でもない」

ということです。

つまり、どちらに転ぶにせよ、どちらに転んでも良いように、備えはしておいたほうがいいということです。

具体的には、自分の資産の何割かは、外貨で持っておくこと。僕の場合、2~3割はドルの外貨で持つようにしています。

仮にハイパーインフレが起きて、1ドル100円台から1ドル1,000円まで円安になってしまったとしても、被害が少なくてすみます。

「明日雨降るかなぁ?もし降るなら傘持って行っておいた方がいいし、降らないなら傘を持って行くのは荷物になるし、どっちにしたらいいと思う?」
「とりあえず、折りたたみ傘をカバンに入れておいたらいいんじゃないの?」

ということです。



関連記事

新成人の皆さん、投資を始めよう!

成人の日に新成人となられた皆さん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思いますけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいことを見つけられるよう頑 …

来週はイベントが目白押しだけど、どうするカニ!?(2018年6月7日)

今週末の6月7日(木)から来週6月17日(日)にかけては、ビッグイベントが目白押しです。 政治・経済・スポーツ・芸能、さまざまなジャンルで見逃せないイベントが続きます。 さっそくチェックして、明日から …

守備範囲の外には出ない

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。 この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アス …

「定量的」「定性的」に銘柄を選別する(銘柄選別表)

最近になって、「定量的」「定性的」という言葉をはじめて知りました。インターネットで仕事の調べ物をしていたら出くわした言葉です。 元々は理系分野の言葉で、最近ではビジネスシーンでもよく使われる言葉らしい …

「会社四季報 業界地図」

おすすめ度:★ 東洋経済新報社 会社四季報を出版している東洋経済が、毎年出している業界地図の本です。 図やグラフが豊富で、文字の情報量が多いのにけっこう読みやすく、雑誌感覚でペラペラめくりながら楽しめ …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up