投資を考える おすすめ投資本

「放送作家が教える アイデアがすくすく育つ思考のヒント」

投稿日:2017年2月7日 更新日:

おすすめ度:
山名 宏和 著
サンマーク出版

山名 宏和さんという放送作家さんの本で、『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』『ガイアの夜明け』など、数々のテレビ番組を手掛ける方です。

放送作家という仕事は、毎日が締め切りの原稿に追われているようなもので、「いかにして日常的にアイデアを生み出し続けていくか?」が重要らしいです。山名さんが長年培った発想するためのヒントを教えてくれます。

株式投資の必勝法はないだろうか、あーでもないこーでもない、と自分なりにアイデアを出して考えるのは楽しいものです。

「もしかしたら、コレ、まだ誰も思いついていないアイデアかも!?」なんて興奮してネットで調べてみると、昔からある投資手法だったりしますけど。

山名さんによると、アイデアを出すには、発想の素になる原材料の組み合わせ方が重要なのではなく、次のことが最も重要だといっています。

日常の中に、いろいろな「面白さ」を見出し、その結果、アイデアを生み出すための「考える土壌」を豊かにしていく

なるほど。あたまをやわらかくして、いろんな情報に興味をもつことが大事ということですね。

目次だけご紹介します。(目次だけ見ていても、面白い言葉づかいに興味そそられます。)

プロローグ

第1章 新しい見方を手に入れる

ズームアウト
視点の性転換
外国人の目線
サムシングインサイト
非日常の目
視点のスイッチング
情感バス
キーワード収集

第2章 価値観を広げる

納得しない
余計な部分を見る
現場をイメージする
弱点という個性
サービスの小骨
便利の副産物
マリオネット効果
違和感
劇的なもの

第3章 アイデアの種を見つける

聞き耳を立てる
無自覚な行為
心配を見つめる
欲望の細分化
隠れもったいない
スタイルの綻び
未来予告
選択の不自由
価値ある手間
ギャップを埋める

第4章 想像力のサビを落とす

その一歩先
パロディ精神
疑問を作る
世界クイズ
仮想クレーマー
自分辞書
対比の力
ルーツという見方

エピローグ

一話一話が短く読みやすいので、ぜひ本屋さんで手に取ってみてはいかがでしょうか。



関連記事

来週はイベントが目白押しだけど、どうするカニ!?(2018年6月7日)

今週末の6月7日(木)から来週6月17日(日)にかけては、ビッグイベントが目白押しです。 政治・経済・スポーツ・芸能、さまざまなジャンルで見逃せないイベントが続きます。 さっそくチェックして、明日から …

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

上がってよし、下がってよしの株価かな。 上がったら高く売れるからありがたい。 下がったら安く買えるからありがたい。 今年7月に永眠された、投資家竹田和平さんの名言です。 100社以上の上場企業の大株主 …

銘柄ウォッチ「Amazon.com(AMZN)」

Amazon(米国) WEBサイトはこちら Amazon(日本) WEBサイトはこちら 超巨大通販サイト、Amazon.com(アマゾンドットコム)。 ティッカーは「AMZN」ですね。 設立は1996 …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

低位株の投資銘柄をさがす

GMOクリック証券に資金の約1%を入金して、低位株投資することに決めました。 まず必要なのは、投資銘柄です。 独自の基準にしたがって、スクリーニングしていきます。 次の条件で絞り込んでいきます。 取得 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up