投資を考える おすすめ投資本

「放送作家が教える アイデアがすくすく育つ思考のヒント」

投稿日:2017年2月7日 更新日:


(サンマーク出版、山名 宏和 著)

山名 宏和さんという放送作家さんの本で、『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』『ガイアの夜明け』など、数々のテレビ番組を手掛ける方です。

放送作家という仕事は、毎日が締め切りの原稿に追われているようなもので、「いかにして日常的にアイデアを生み出し続けていくか?」が重要らしいです。山名さんが長年培った発想するためのヒントを教えてくれます。

株式投資の必勝法はないだろうか、あーでもないこーでもない、と自分なりにアイデアを出して考えるのは楽しいものです。

「もしかしたら、コレ、まだ誰も思いついていないアイデアかも!?」なんて興奮してネットで調べてみると、昔からある投資手法だったりしますけど。

アイデアを生み出すために重要なこと

山名さんによると、アイデアを出すには、発想の素になる原材料の組み合わせ方が重要なのではなく、次のことが最も重要だといっています。

日常の中に、いろいろな「面白さ」を見出し、その結果、アイデアを生み出すための「考える土壌」を豊かにしていく

なるほど。あたまをやわらかくして、いろんな情報に興味をもつことが大事ということですね。

目次

目次だけご紹介します。(目次だけ見ていても、面白い言葉づかいに興味そそられます。)

プロローグ

第1章 新しい見方を手に入れる

ズームアウト
視点の性転換
外国人の目線
サムシングインサイト
非日常の目
視点のスイッチング
情感バス
キーワード収集

第2章 価値観を広げる

納得しない
余計な部分を見る
現場をイメージする
弱点という個性
サービスの小骨
便利の副産物
マリオネット効果
違和感
劇的なもの

第3章 アイデアの種を見つける

聞き耳を立てる
無自覚な行為
心配を見つめる
欲望の細分化
隠れもったいない
スタイルの綻び
未来予告
選択の不自由
価値ある手間
ギャップを埋める

第4章 想像力のサビを落とす

その一歩先
パロディ精神
疑問を作る
世界クイズ
仮想クレーマー
自分辞書
対比の力
ルーツという見方

エピローグ

一話一話が短く読みやすいので、おすすめです。


関連記事

銘柄ウォッチ「セブン銀行(8410)」

セブン銀行 WEBサイトはこちら セブン銀行とは セブン銀行は、名前のとおり「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行で、コンビニATM事業の最大手です。 設立は2001年です。 提携先金融 …

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

米国市場、絶好調ですね。 2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。 …

銘柄ウォッチ「キユーピー(2809)」

キユーピー WEBサイトはこちら キユーピーとは 「マヨネーズ・ドレッシングの会社といえば?」と聞くと、誰もが「キユーピー!」と答えるくらい日本の食卓に欠かせない企業。 スーパーマーケットを歩いている …

「家電製品の無料カタログ」

(出版:各メーカー) 家電を買うとき、人は2つのタイプに分かれる ヨドバシカメラやビックカメラなど家電量販店で家電を買うとき、人は2つのタイプに分かれると思うんです。 フィーリング派 店員さんの話を聞 …

「日経ビジネス 徹底予測2017」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 2017年予測版が本屋に並んでいたので、さっそく買いました。780円でした。 編集長のことば まずは日経ビジネス …

2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
2021/02/21:サイドバーに月別アーカイブ追加
Scroll Up