投資を考える コラム

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

投稿日:2017年2月2日 更新日:

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。

その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。

正直なところ、いちどもやったことないのですが、「現渡し」が取引で有効かどうかシミュレーションしてみました。

まずはSMBC日興証券サイトの「初めてでもわかりやすい用語集」から引用させていただくと

現渡し (げんわたし)

信用取引の決済方法のひとつで、売り建てた株式を決済するときに、買い戻しにより差額決済するのではなく、手元にもともとある、または他の方法で取得した同銘柄・同株数の株式を差し入れて決済することを「現渡し」といいます(「品渡し」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に株価が下がらなかった場合などに買い戻し以外の決済方法として利用されます。

とあります。

たとえばある株を1株2000円で信用売りして、同じ銘柄を1株2000円で現物買いしたとして、株価が予想に反して2200円まで上がってしまったとき、同じ銘柄の現物を信用売りの反対決済に使うことで、損益チャラ、無かったことにしてくれます。

これ、お得な取引なのかシミュレーションしてみました。

  1. A株を100円で「現物」買いします。
  2. A株を100円で「信用」売りします。
  3. 株価が120円に上がった場合、「現物」株を差し入れて「信用」株を現渡しします。
    ⇒損益プラスマイナスゼロとなります。
  4. 株価が80円に下がった場合、「信用」株を返買します。
    +20円となります。
    ⇒「現物」株は下がっているので、含み損益が-20円です。そのまま売ったら-20円。長期戦で戻りを待ったら、もしかしたら損益ゼロで売れるかもしれません。

このシミュレーションから考察すると・・・

  • 現物買と信用売を組み合わせることで、株価上昇時の信用売りの損失を回避できる。売りをメインで儲けようとするときのリスクヘッジとして使える。
  • 信用売と同じ数の現物を取引する必要があるのは、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようで、メリットは感じられない

実際に信用売りを経験してみることで、もっとちがった認識になるかもしれませんが、これが現時点での結論です。



関連記事

銘柄ウォッチ「丸井グループ(8252)」

丸井グループ 公式サイトはこちら 丸井グループとは 丸井グループは、ファッションビルの丸井などを傘下に持つ持株会社です。 丸井の店舗ビルは、全国の約30箇所にあり、そのほとんどが関東にあります。 大阪 …

スーパーマーケットは「現代食生活民俗博物館」

スーパーマーケットは博物館 毎日の買物でお世話になっています。近所のスーパーマーケット。 全国チェーンなら「イオン」「イトーヨーカドー」「西友」などがあります。 僕の住んでいる関西地区なら、さらに「ラ …

米ドルで投資する「個別銘柄」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、個別株を選んでいき …

会社四季報チェック(2018年3集 夏号)2

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・コー …

会社四季報チェック(2018年4集 秋号)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up