投資を考える コラム

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはあるか?

投稿日:2017年2月1日 更新日:

昨年2016年に、はじめて信用取引(買い)をやってみました。

まだまだ勉強しながらですが、40回ほど信用取引して、いまのところ一度も損することなく取引できています。

手法としては、現物で保有している株やウォッチしている銘柄の株価が下がりに下がったときを狙って、ちょっとだけ信用買いして、少しだけ利益がでたら売ってしまうようにしています。

でも、これだけ慎重に取引していても、さらに下がり続けることがあります。じっくり待つのもひとつの手ですが、現物とちがい信用取引は保有しているだけで徐々に金利がかかりお金が減っていきますし(といっても年率で3%弱ですが)、制度信用取引という取引方法の場合は、買って半年後には必ず反対決済(つまり売却)をしないといけないので、なるべく保有期間は短くしたいものです。

そこで役立ったのが「現引き」です。

SMBC日興証券サイトの「初めてでもわかりやすい用語集」から引用させていただくと

「現引き(げんびき)」

信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を決済するときに、反対売買により差額決済をするのではなく、自分の手元にある現金で、株式を引き取ることを「現引き」といいます(「品受け」とも呼ばれます)。制度信用取引の場合、6カ月という決済の期限がありますが、その間に思い通りに株価が上がらなかった場合などに、引き続きその株式を保有するために利用する方法です。

とあります。

たとえばある株を100株2000円で信用買いしたあと、株価が1800円まで下がってしまったとき、その100株を現物株として現金で買い取ることができます。現引きしたあとは、含み損200円の現物株が手元に残ることになります。

最初にこのルールを知ったときは「えっ、そんな裏技的なことやっていいの?」とおどろいて、なんとかこのルールを利用してウマい投資手法を編み出せないか、自分なりに考えてみました。

たとえば「同一銘柄を、信用と現物の両方で保有し、現引きを駆使しながら取引したら勝つ確率があがるんじゃないか」と思い、シミュレーションしてみました。

  1. A株を100円で現物買いします。
  2. A株を100円で信用買いします。
  3. 株価が120円に上がった場合現物株を売り、信用株を返売します。
    ⇒合計+40円の利益となります。
  4. 株価が80円に下がった場合信用株を現引きします。
    ⇒現物株80円が2株になりましたので、-40円となります。

このシミュレーションから考察すると・・・

  • 現引きをした場合、損失が出た信用建玉を無くせるメリットはある。
  • しかし、結局最初にすべて現物買いしたときとリスクは同じこと。
  • それであるなら、値下がりした時点で現物をナンピンしたほうがメリットがある。

となりますので、結論としては、

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはない。

となります!



関連記事

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

スーパーマーケットは「現代食生活民俗博物館」

毎日の買物でお世話になっています。近所のスーパーマーケット。 全国チェーンなら「イオン」「イトーヨーカドー」「西友」、関西なら「ライフ」「関西スーパー」「イズミヤ」「阪急オアシス」「いかりスーパー」「 …

江崎グリコの決算短信(2017年3月通期)

2017年5月15日に江崎グリコの通期決算短信が発表されました。 全体的にわるくない内容だと思いました。 中国での売上が前期比減となった点だけが気になります。 市場の予想を上回り、明日以降で株価が爆上 …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

昨日の3月27日は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していたのですが、フタを開けてみると日経平均は200円以上戻して19,202円で終わりました。 …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up