取引の記録 取引分析

自分の取引傾向を分析しよう[損益率分布]

投稿日:2017年1月28日 更新日:

「投資家の主な問題、場合によっては最悪の問題は、自分自身であることが多い。」

とウォーレン・バフェットも言っているように、株式投資をするうえで、銘柄分析や市場動向の調査と同じくらい、自分の取引傾向を分析することは重要です。

Excelなどの表計算ソフトに自分の取引記録を日々残しておけば、それを分析することで、自分のトレードの癖がみえてきます。

取引管理表を紹介した過去記事はこちら

ここでは、「自分の取引は、損益何%で売却することが多いのか?」を分析していきます。

僕の場合、2008年から株をはじめてからこれまで約500件の取引をしているので、Excel500行のデータを分析していきます。

損益率分析手順

まず、取引を管理しているExcelを開き、「損益率」の列を、フィルター機能で昇順に並べ替えます。いちばん上に、損益マイナスのものから順に表示されていきます。

損した記録はあまり見たくないものですが、自分を客観的に見ることが大事です。

つぎに「挿入」メニューから好みのグラフを選びます。今回は縦の棒グラフを選びます。

あとは勝手にExcelがグラフを作ってくれます。

グラフの軸や要素の各項目について、色や大きさの見栄えを整えたら完成です。

こんな感じになりました。

損益率グラフの分析

グラフをみると、僕の場合は、取引約500件のうちの7割は、損益0%~5%で売却していることが分かります。

着実に、コツコツと小さな利益を積み重ねていく取引がほとんどです。

いちばん大きな利益でも+40%に届いていないなので、とにかく利益が出たら早めに現金化して、リスクを避ける傾向にあります。

ほんとうは2倍株、3倍株になるまでじっくり株を育ててみたい気持ちはあるのですが、そこまでガマンできていないということが、このグラフから見てとれます。

こんな風に、みなさんも自分の取引を見直すきっかけとして、日々の取引を記録すること、そしてそれを客観的に分析することをおすすめします。



関連記事

約定記録(2018年2月23日):売却

 icon-square 売却 売:コカ・コーラボトラーズジャパン〔2579〕(100株) 損益%: +2.2% 損益額: 9,000円 買値 : 4040円 売値 : 4130円 売:コカ・コーラボ …

ポートフォリオ(2017年6月2日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 200 +4.16%   キユーピー 500 -3.18%   鳥貴族 300 +5.89%   コカ・コーラBJ 100 +10.24% …

保有資産評価(2016年12月11日): 813万円

定期的に投資資産をExcel等の表計算ソフトでグラフ化して、俯瞰で見直すようにしています。 こうやると、数値で客観的に資産を把握することができます。 上の表と円グラフは、2016年12月初旬の僕の資産 …

保有資産評価(2017年02月28日): 871万円

きょうで2月が終わりです。おつかれさまでしたー。 「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉どおり、あっという間の2月でした。 この1ヶ月を振り返ると、先月より30万円ほど資産を増やすことがで …

約定記録(2018年5月10日):売却(信用返売)

売却 売:キユーピー〔2809〕(300株)※信用返売 損益%: +1.4% 損益額: 10,800円 買値 : 2602円 売値 : 2638円 取引理由 売:キユーピー〔2809〕(300株)※信 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up