投資を考える おすすめ投資本

「遊びと人間」

投稿日:2017年1月24日 更新日:

おすすめ度:
講談社学術文庫
ロジェ・カイヨワ著

株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。

どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たしかに株式投資にはゲームの側面があるといえます。

ゲーム感覚のデイトレードで億万長者になった若者の話を聞くと、なおさらそう思います。

この「遊びと人間」という本は、ゲームの根底にある「遊び」というものを科学的に考察しながら、「人間とは何か?」について考えさせてくれる本です。

株式投資の枝葉の部分であるコツやテクニックを学ぶだけでなく、株式投資の幹の部分(本質)を考えたいときに役に立つ本です。

著者のロジェ・カイヨワ(Roger Caillois)はフランスの社会学者です。

カイヨワによると「遊び」は4種類に分類されます。

  • アゴン(競争):スポーツ、チェス、けんかなど
  • アレア(偶然):ルーレット、サイコロ、競馬など
  • ミミクリ(模倣):演劇、ごっこ遊び、カーニバルなど
  • イリンクス(眩暈):絶叫マシーン、サーカス、スキーなど

また、4つのなかでも

  • アゴン(競争)とアレア(偶然)は文明的な遊び
  • ミミクリ(模倣)とイリンクス(眩暈)は原始的な遊び

に分けられます。

この分類法でいくと、株式投資という遊び(?)は、アゴン(競争)とアレア(偶然)の要素が多い遊びといえます。

「お金をふやすという目標に向かってすすんでいく競争」と「自分のちからでは株価を左右できない偶然」とが入り混じっている遊び、といったところでしょうか。

割合でいうと、アゴン(競争)80%、アレア(偶然)20%、かな?と僕は思っています。

株式投資は、ギャンブルのような偶然の要素にたよるものではなく、投資する人の実力がものをいう世界だと思います。株の上手な人はどんな銘柄に投資しても上手だし、株の下手な人は優良銘柄に投資しても負けているように感じます。

さらにいえば株式投資は「確実に儲ける方法を見つけたら、地味に着実にそれを継続していく」ことが重要なゲームだと思っています。だから「確実に」儲ける方法をいかに見つけるか?ここがもっとも大事なところです。



関連記事

サラリーマンは昼休みに取引する

僕の本業はサラリーマンです。 株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっております。 サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内 …

グリコのお菓子が顧客満足度高い理由

主観的な見方になってしまいますが、グリコのお菓子はいつも満足度が高いです。 ポッキー、カプリコ、プリッツ、ビスコ、チーザ、かるじゃが、ジャイアントコーン、パピコ、パナップ、アイスの実、SUNAO、朝食 …

銘柄ウォッチ「コカ・コーラボトラーズジャパン(2579)」

コカ・コーラボトラーズジャパン WEBサイトはこちら コカ・コーラウエストとイーストが経営統合しましたね。 売上高で世界第3位となる巨大ボトラーの誕生です。 まずはWEBサイトの「社長メッセージ」より …

投資では3つの「%」を意識するべし

株式投資で勝つためには、3つの「%」(パーセント)を意識しましょう。 すなわち「損益の%」「割合の%」「利回りの%」の3つです。 これらの「%」を常に意識することで、冷静に効率よく投資が行えます。 ① …

「会社四季報 業界地図」

おすすめ度:★ 東洋経済新報社 会社四季報を出版している東洋経済が、毎年出している業界地図の本です。 図やグラフが豊富で、文字の情報量が多いのにけっこう読みやすく、雑誌感覚でペラペラめくりながら楽しめ …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up