投資を考える おすすめ投資本

「遊びと人間」

投稿日:2017年1月24日 更新日:

おすすめ度:
講談社学術文庫
ロジェ・カイヨワ著

株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。

どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たしかに株式投資にはゲームの側面があるといえます。

ゲーム感覚のデイトレードで億万長者になった若者の話を聞くと、なおさらそう思います。

この「遊びと人間」という本は、ゲームの根底にある「遊び」というものを科学的に考察しながら、「人間とは何か?」について考えさせてくれる本です。

株式投資の枝葉の部分であるコツやテクニックを学ぶだけでなく、株式投資の幹の部分(本質)を考えたいときに役に立つ本です。

著者のロジェ・カイヨワ(Roger Caillois)はフランスの社会学者です。

カイヨワによると「遊び」は4種類に分類されます。

  • アゴン(競争):スポーツ、チェス、けんかなど
  • アレア(偶然):ルーレット、サイコロ、競馬など
  • ミミクリ(模倣):演劇、ごっこ遊び、カーニバルなど
  • イリンクス(眩暈):絶叫マシーン、サーカス、スキーなど

また、4つのなかでも

  • アゴン(競争)とアレア(偶然)は文明的な遊び
  • ミミクリ(模倣)とイリンクス(眩暈)は原始的な遊び

に分けられます。

この分類法でいくと、株式投資という遊び(?)は、アゴン(競争)とアレア(偶然)の要素が多い遊びといえます。

「お金をふやすという目標に向かってすすんでいく競争」と「自分のちからでは株価を左右できない偶然」とが入り混じっている遊び、といったところでしょうか。

割合でいうと、アゴン(競争)80%、アレア(偶然)20%、かな?と僕は思っています。

株式投資は、ギャンブルのような偶然の要素にたよるものではなく、投資する人の実力がものをいう世界だと思います。株の上手な人はどんな銘柄に投資しても上手だし、株の下手な人は優良銘柄に投資しても負けているように感じます。

さらにいえば株式投資は「確実に儲ける方法を見つけたら、地味に着実にそれを継続していく」ことが重要なゲームだと思っています。だから「確実に」儲ける方法をいかに見つけるか?ここがもっとも大事なところです。



関連記事

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

米国市場、絶好調ですね。 2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。 …

証券会社をいろいろ試したけど、SBI証券がいちばん使いやすくておすすめ!

僕は証券口座を5つ開設しています。 SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 カブドットコム証券 それぞれの口座に入金して、実際に株式取引をやってみて、いちばん使いやすかったのは、「S …

「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」上級編

おすすめ度:★★ ダイヤモンド・ザイ編集部 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の上級者編です。 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の過去記事はこちら 上級者 …

銘柄ウォッチ「タイガー(未上場)」

タイガー魔法瓶 WEBサイトはこちら もし上場したら投資してみたい企業、「タイガー魔法瓶株式会社」。 大阪府門真市に本社を置き、1923年の創業からもうすぐ100年になる企業です。 魔法瓶 炊飯ジャー …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up