投資を考える おすすめ投資本

ロジェ・カイヨワ著「遊びと人間」で遊びの本質を学ぶ

投稿日:2017年1月24日 更新日:


(講談社学術文庫、ロジェ・カイヨワ著)

株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。

どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たしかに株式投資にはゲームの側面があるといえます。

ゲーム感覚のデイトレードで億万長者になった若者の話を聞くと、なおさらそう思います。

この「遊びと人間」という本は、ゲームの根底にある「遊び」というものを科学的に考察しながら、「人間とは何か?」について考えさせてくれる本です。

株式投資の枝葉の部分であるコツやテクニックを学ぶだけでなく、株式投資の幹の部分(本質)を考えたいときに役に立つ本です。

「遊びと人間」の内容抜粋

著者のロジェ・カイヨワ(Roger Caillois)はフランスの社会学者です。

カイヨワによると「遊び」は4種類に分類されます。

アゴン(競争) スポーツ、チェス、けんかなど
アレア(偶然) ルーレット、サイコロ、競馬など
ミミクリ(模倣) 演劇、ごっこ遊び、カーニバルなど
イリンクス(眩暈) 絶叫マシーン、サーカス、スキーなど

また、4つのなかでも

  • アゴン(競争)とアレア(偶然)は文明的な遊び
  • ミミクリ(模倣)とイリンクス(眩暈)は原始的な遊び

に分けられます。

「株式投資」という遊び

この分類法でいくと、株式投資という遊び(?)は、アゴン(競争)とアレア(偶然)の要素が多い遊びといえます。

「お金をふやすという目標に向かってすすんでいく競争」と「自分のちからでは株価を左右できない偶然」とが入り混じった遊び、といったところでしょうか。

割合でいうと、アゴン(競争)80%、アレア(偶然)20%、かな?と僕は思っています。

株式投資は、ギャンブルのような偶然の要素にたよるものではなく、投資する人の実力がものをいう世界だと思います。株の上手な人はどんな銘柄に投資しても上手だし、株の下手な人は優良銘柄に投資しても負けているように感じます。

さらにいえば株式投資は「確実に儲ける方法を見つけたら、地味に着実にそれを継続していく」ことが重要なゲームだと思っています。

だから「確実に儲ける方法をいかに見つけるか?」がもっとも大事になってきます。


関連記事

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

米国市場、絶好調ですね。 2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。 …

必勝法なんて存在しない!甘い投資話には気をつけましょう!

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがあります。 たとえばこんな話です。 とても信用できる友人から、新規 …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

ゴッホの名言 19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性 …

テレビCMが優れている国へ投資したい

テレビCMを観れば国力がわかる SBI証券で外国株式に投資する場合、9ヶ国の上場企業から投資先を選ぶことができます。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの …

おすすめの証券会社は「SBI証券」

いくつかの大手証券会社に口座を開いているんですけど、そのなかでいちばんのオススメは「SBI証券」です。株式投資をはじめて以来、ずっとメイン口座として利用しています。 オンライン取引の先駆け的存在で、口 …

2021/05/15:「運営者のプロフィール」公開
Scroll Up