投資を考える コラム記事 投資の心得

投資の初心者が不安に感じること

投稿日:2017年1月22日 更新日:

2016年7月に、株式会社ネオマーケティングが「資産運用とお客様サポート」に関する調査結果を発表しています。

引用元:アイリサーチ「資産運用とお客様サポートに関する調査」記事はこちら

直近1年以内に株式もしくは、FXを利用した20歳以上の男女を対象としたアンケートの中で、「投資を始める上で不安に感じていたことは?」という質問に対する回答は、以下のとおりでした。(FXと株式で結果が分かれていて、そのうち株式の結果です。)

  1. 損をしてしまうこと・・・62.9%
  2. 自分に投資ができるかどうか・・・34.3%
  3. 何を基準に会社・サービスを選べばよいのか・・・31.0%
  4. どのように投資について学べばよいのか・・・24.3%
  5. 金融商品がどういうものかわからない・・・20.5%
  6. ■わからないことがあったときに誰を頼ればよいのか・・・12.4%

当たり前といえば当たり前の結果だなと思います。

投資に限らず、なにごとも始める前は不安がつきものです。それに、このアンケートは「始める上で不安に感じていたこと」なので、きっと大部分の人は、株式投資を始めてからある程度経験を積んだあとは、すっかり不安は解消されたんじゃないかと思います。

僕も投資を始める前は、少なからずこれらの不安を感じていました。でも知識と経験を積むことで、不安はなくなりました。

投資経験8年足らずの若輩者の僕が、アンケート結果と同じような不安を感じている方にむけて、アドバイスをさせていただくとすれば、以下になります。

  1. (損をしてしまうこと)投資は損することもあります。損したくないなら手を出さないほうがいいです。
  2. (自分に投資ができるかどうか)大丈夫です。小学校卒業程度の学力があれば、だれでもできます。
  3. (何を基準に会社・サービスを選べばよいのか)手数料の安さ、情報の多さ、サービスの良さ、などいろいろと基準はありますが、実際に口座を開いてみないと、ほんとうのところはよく分かりません。ネット上のクチコミも、自分の価値観とはちがう人の書いたものなので、参考程度にしておくのが無難です。なので、とりあえず無料で口座を開いてみましょう。有名な大手証券会社から3社、加えて、小さい証券会社の中からインターネット上で評判の良いところを2社、あわせて5社分の口座を開いてみて、あとは利用してみて取捨選択すれば、自分に合った証券会社に出会えるでしょう。
  4. (どのように投資について学べばよいのか)まずは株式投資に関する入門書を1冊買って、わけが分からなくても全部読んでみましょう。そのあと、幸いにも身近に投資に詳しい人がいるなら「一杯おごるからお願い!」と誘っていろいろ教えてもらいましょう。そういう人がいない場合は(僕もそうでしたが)、本を読んで分からなかった疑問点をインターネットで調べたうえで、1万円以内の少額から投資してみましょう。
  5. (金融商品がどういうものかわからない)金融商品がどういうものか、全くわからないうちから投資をすることはやめましょう。本などで基本的な知識はマスターしましょう。ここを人まかせにする人は、投資で失敗します。
  6. ■(わからないことがあったときに誰を頼ればよいのか)利害関係のない、投資に詳しくて信用できる人に相談するのがよいでしょう。「利害関係のない」というところが大事です。でも・・・投資は「誰かに頼る」ことはできません。すべての投資判断が自己責任です(そこが面白いところでもあります)。誰かに頼っていると、いずれ投資に失敗します。なるべく複数の情報源から情報を仕入れ、その中から信用できるものを「自己責任で」チョイスしましょう。

ちょっと厳しいアドバイスをさせていただきましたが、参考になれば幸いです。



関連記事

投資では3つの「%」を意識するべし

株式投資で勝つためには、3つの「%」(パーセント)を意識しましょう。 すなわち「損益の%」「割合の%」「利回りの%」の3つです。 これらの「%」を常に意識することで、冷静に効率よく投資が行えます。 ① …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

会社四季報チェック(2017年1集)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

株式投資は「漁」と似ている

株式投資というものは、つくづく「漁」と似ていると思います。 漁場を探して、仕掛けを作って、狙いの魚介類を釣る、採集する・・・。 魚のとりかたは様々で、何が正解というのはなくて、たくさん魚がとれるポイン …

先物・オプション取引を独学する[2]書籍(日経225先物① 基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up