投資を考える コラム記事 投資の心得

ナンピンについて考える

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ナンピン買い、していますか。

僕はナンピン買いばかりしています。

ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。

買った株のほとんどがなぜか下がるんで、ナンピンの使いどころが多いんです。

ナンピンとはWikipediaによると、

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。

平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。

これが「ナンピン買い」である。

とあります。

へたなナンピン素寒貧(ナンピンは下手に使うと危ない)」といわれることがあったり、「ナンピンするより冷静に損切りに徹することが投資の極意」みたいなこともいわれていますが、僕はそうは思いません

株式投資というゲームの中では、さまざまなルールが存在しますが、その中で投資プレイヤーにとってとても有利なルールが

同じ銘柄を、もう一度買ってもいい

ということだと思います。

つまりはナンピン買いのことです。

買った株の株価がどんどん下がっていっても、まだ負けてないんです。下がったところで、もう一回買ってもいいんです。そうすることで、平均取得価格が下がり、下落率が小さくなり、敗者復活のチャンスが広がります。

ただし、ナンピンした企業が倒産してしまったら、すべてが水の泡です。なので、ナンピンしてもいい銘柄の条件は「まず倒産しない企業」に限られます。ある程度有名で、長続きしている企業を選別することです。

最初からナンピン買いするつもりの計画で、ゆとりをもって少しずつ買い増していくことが、賢い投資といえます。



関連記事

米ドルで投資する「ETF」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、ETF(上場投資信 …

銘柄ウォッチ「Amazon.com(AMZN)」

Amazon(米国) WEBサイトはこちら Amazon(日本) WEBサイトはこちら 超巨大通販サイト、Amazon.com(アマゾンドットコム)。 ティッカーは「AMZN」ですね。 設立は1996 …

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

会社四季報チェック(2017年1集)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

「遊びと人間」

おすすめ度:★ 講談社学術文庫 ロジェ・カイヨワ著 株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たし …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up