投資を考える コラム

ナンピンについて考える

投稿日:2017年1月19日 更新日:

投資家のみなさん。ナンピン買い、していますか。

僕はナンピン買いばかりしています。

ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンに大変お世話になっています。

「この株はこれから上がるだろう。」と予想して株を買うのですが、なぜかほとんどの株は買ったあとに下がっていくので、ナンピンの使いどころが多いんです。

「ナンピン」とはWikipediaによると、

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。

平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。

これが「ナンピン買い」である。

とあります。

へたなナンピン素寒貧(ナンピンは下手に使うと危ない)」といわれることがあったり、「ナンピンするより冷静に損切りに徹することが投資の極意」みたいなこともいわれていますが、僕はそうは思いません

株式投資というゲームの中では、さまざまなルールが存在しますが、その中で投資プレイヤーにとってとても有利なルールが

同じ銘柄を、もう一度買ってもいい」というルールだと思います。

つまりはナンピン買いのことです。

買った株の株価がどんどん下がっていっても、まだ負けてないんです。

下がったところで、もう一回同じ銘柄を買ってもいいんです。そうすることで、平均取得価格が下がり、下落率が小さくなり、敗者復活のチャンスが広がります。

ただし、ナンピンした企業が倒産してしまったら、すべてが水の泡です。なので、ナンピンしてもいい銘柄の条件は「まず倒産しない企業」に限られます。ある程度有名で、長続きしている企業を選別することです。

最初からナンピン買いするつもりの計画で、ゆとりをもって少しずつ買い増していくことが、賢い投資といえます。



関連記事

ANA機内誌「翼の王国」

おすすめ度:★ 全日本空輸株式会社 編集・出版 ANAの飛行機に乗ったことがある方なら、必ず手に取ったことがある、座席の前ポケットに入っているアレ、あの雑誌です。ANAの月刊機内誌。 たまにANAの飛 …

SBI証券サイトの新機能[業績フラッシュ]と[適時開示]が便利だ

最近、SBI証券サイトの「マーケット」タブに、[業績フラッシュ]と[適時開示]機能が追加されました。 けっこう便利なのでご紹介します。 [業績フラッシュ]と[適時開示]の表示手順 [業績フラッシュ]と …

銘柄ウォッチ「リクルートホールディングス(6098)」

リクルートホールディングス 会社情報サイトはこちら リクルートホールディングスとは 「まだ、ここにない、出会い」でおなじみの、リクルートホールディングスです。 1960年代に創業した当初は、「人材を求 …

銘柄ウォッチ「カワダ(未上場)」

カワダ WEBサイトはこちら 2017年4月1日、名古屋にレゴランド(LEGOLAND)がオープンしましたね。レゴブロックのテーマパーク。街全体がレゴブロック調になっていたり、日本の観光名所をレゴブロ …

先物・オプション取引を独学する[2]書籍(日経225先物① 基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up