投資を考える コラム

ナンピンについて考える

投稿日:2017年1月19日 更新日:

ナンピン買い、していますか。

僕はナンピン買いばかりしています。

ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。

買った株のほとんどがなぜか下がるんで、ナンピンの使いどころが多いんです。

ナンピンとはWikipediaによると、

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。

平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。

これが「ナンピン買い」である。

とあります。

へたなナンピン素寒貧(ナンピンは下手に使うと危ない)」といわれることがあったり、「ナンピンするより冷静に損切りに徹することが投資の極意」みたいなこともいわれていますが、僕はそうは思いません

株式投資というゲームの中では、さまざまなルールが存在しますが、その中で投資プレイヤーにとってとても有利なルールが

同じ銘柄を、もう一度買ってもいい

ということだと思います。

つまりはナンピン買いのことです。

買った株の株価がどんどん下がっていっても、まだ負けてないんです。下がったところで、もう一回買ってもいいんです。そうすることで、平均取得価格が下がり、下落率が小さくなり、敗者復活のチャンスが広がります。

ただし、ナンピンした企業が倒産してしまったら、すべてが水の泡です。なので、ナンピンしてもいい銘柄の条件は「まず倒産しない企業」に限られます。ある程度有名で、長続きしている企業を選別することです。

最初からナンピン買いするつもりの計画で、ゆとりをもって少しずつ買い増していくことが、賢い投資といえます。



関連記事

日経マネー「日本の億万投資家名鑑」

おすすめ度:★ 日本ホームマガジン 日経BP社 本のサブタイトルに 「運用資産10億円超も。個人投資家63人のノウハウを明かす!」 とあるように、資産が数億ある個人投資家がたくさん登場して、自らの投資 …

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

鳥貴族、暴落する

ついに来ました。暴落。 6月9日(金)の第3四半期決算発表をうけ、6月12日(月)に鳥貴族株が暴落しました。 何もそこまで下がらなくても・・・というくらい大きく下げました。 前日(前週)終値が2782 …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up