投資を考える コラム

普段の「消費」を「投資」に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

支出の種類は「投資・消費・浪費」の3つ

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 「消費」:お金を出した価値と同じ対価を得る支出
  • 浪費」:いわゆる無駄遣いの支出

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 「消費」:使ったお金 = 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

「消費」を「投資」に変えていく

できることなら「消費」を「投資」に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえばチョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには別メーカーの「ロッテ クランキー」「明治 たけのこの里」「グリコ Caplico」「森永 チョコボール」などを買ってみます。味わった結果、自分のなかでチョコレートの格付けが決まります。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断といえるので、食品関連銘柄の投資に活かすことができます。

「まずい。買わなきゃよかった。」と思ったとしても後悔する必要はありません。「○○はダメな商品だ」と分かったこと自体が意味のある投資行動なのです。

「浪費」も「投資」に変えていく

もう一つの支出「浪費」も、できれば「投資」につなげたいです。

必要なものだけ買っていたら、自分の消費傾向が凝り固まってくるからです。

収入の1%を「浪費」に回してみてはどうでしょうか。

たとえば手取りで20万円の収入だとしたら、その1%にあたる2,000円を未体験の商品・サービスに使います。

無駄遣いに終わったとしても当たり前なので、気にする必要はありません。

もし「浪費」によって新しい世界が広がったとしたら、それは「投資」になります。



関連記事

キユーピーの2016年度事業活動報告

キユーピーから第104回定時株主総会招集通知の封筒が自宅に届きました。 配当金の支払通知も入っていて、600株で9,324円弱の配当でした。高配当ではないですが、もらえるとうれしいです。 さて、一緒に …

「放送作家が教える アイデアがすくすく育つ思考のヒント」

(サンマーク出版、山名 宏和 著) 山名 宏和さんという放送作家さんの本で、『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』『ガイアの夜明け』など …

買いたい株主優待銘柄リスト

SBI証券、マネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券の4つの口座を開いていますが、そのうち楽天証券は「株主優待券目当ての単元銘柄を保有する」目的で利用しています。 現在は「コカ・コーラボトラーズジ …

突然の株価急落は、にわか雨のようなもの

にわか雨に遭った きのう、朝8時頃のできごとです。 大阪市内では、通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に突然のにわか雨に見舞われました。 僕も通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょ …

サラリーマンは昼休みに取引する

僕の本業はサラリーマンです。 株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっています。 サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内勤 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up