投資を考える コラム

普段の「消費」を「投資」に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

支出の種類は「投資・消費・浪費」の3つ

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 「消費」:お金を出した価値と同じ対価を得る支出
  • 浪費」:いわゆる無駄遣いの支出

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 「消費」:使ったお金 = 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

「消費」を「投資」に変えていく

できることなら「消費」を「投資」に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえばチョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには別メーカーの「ロッテ クランキー」「明治 たけのこの里」「グリコ Caplico」「森永 チョコボール」などを買ってみます。味わった結果、自分のなかでチョコレートの格付けが決まります。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断といえるので、食品関連銘柄の投資に活かすことができます。

「まずい。買わなきゃよかった。」と思ったとしても後悔する必要はありません。「○○はダメな商品だ」と分かったこと自体が意味のある投資行動なのです。

「浪費」も「投資」に変えていく

もう一つの支出「浪費」も、できれば「投資」につなげたいです。

必要なものだけ買っていたら、自分の消費傾向が凝り固まってくるからです。

収入の1%を「浪費」に回してみてはどうでしょうか。

たとえば手取りで20万円の収入だとしたら、その1%にあたる2,000円を未体験の商品・サービスに使います。

無駄遣いに終わったとしても当たり前なので、気にする必要はありません。

もし「浪費」によって新しい世界が広がったとしたら、それは「投資」になります。



関連記事

江崎グリコとカルビーが暴落したけど、大丈夫だろうか?

2017年10月末時点の全資産を計算して、はじめて1,000万円を越えていたので、「ヤッホーイ!」と浮かれていたら、いつの間にか手持ちの株が暴落していました。 江崎グリコとカルビーが暴落です。 どうも …

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

「上がってよし、下がってよしの株価かな。上がったら高く売れるからありがたい。下がったら安く買えるからありがたい。」 これは、今年の2016年7月に永眠された、日本の著名投資家竹田和平さんの名言です。 …

「鳥貴族『280円均一』の経営哲学」

(東洋経済新報社、大倉忠司 著) 鳥貴族(3193)の株に投資したい方なら、いちどは読んでおいてよい本です。 鳥貴族の公式WEBサイトはこちら 僕は楽天市場で、古本で買いました。698円でした。 全ペ …

「日経ビジネス 徹底予測2020」

おすすめ度:★★ 日経BP社 「日経ビジネス 徹底予測」は、週刊「日経ビジネス」が12月中旬に発行している特別編です。 著名人へのインタビュー、2019年の年間スケジュール、主要30業種予測、新しいテ …

銘柄ウォッチ「西日本旅客鉄道(9021)」

西日本旅客鉄道(JR西日本) WEBサイトはこちら 西日本旅客鉄道は株主優待が魅力 高配当で株主優待も充実の西日本旅客鉄道(JR西日本)は、いつか買ってみたいと思いつつ、いちども取引したことがない銘柄 …

2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
Scroll Up