投資を考える コラム

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物
  • 浪費」:いわゆる無駄遣い、あとで後悔する買物

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 消費」:使ったお金 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

できることなら”消費”を”投資”に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえば、チョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには「ロッテ クランキー」や「明治 たけのこの里」や「グリコ Caplico」や「森永 チョコボール」を買ってみて、食べるんです。自分の口に入れた時の感覚。その中で1位、2位、3位が決まってきます。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断です。世の8割の人が「〇〇会社のお菓子がいちばんおいしい!」と思ってるとしたら、その会社の将来は安泰です。逆に「まずい。買わなきゃよかった。」と後悔したとしても、それは投資行為の過程なので、後悔する必要はなく、意味のある行動だったわけです。

そんなわけで、普段の生活の中で買物して「この商品はとても値打ちがある。」または「この商品はダメだ。二度と買いたくない」と思ったとしたら、それは立派な投資行為だと思うようにしています。

そして、もう一つの支出活動である”浪費”について。

これもできれば”投資”につなげたいです。毎日節約で必要なものだけ買っていたら、自分の消費が凝り固まってくるからです。給料の1%くらいの浪費、たとえば手取り20万円の収入だとしたら、その1%の2000円くらいは、意図的にまったく意味のない浪費に使ってもいいと思うんです。未体験の商品やサービスにお金を使ってみる。それは新たな発見につながる投資になります。



関連記事

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

「突然のにわか雨」=「突然の株価急落」

きのう4月21日金曜日の、朝8時頃のできごとです。 通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に、大阪市内では突然のにわか雨に見舞われました。 僕は通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょ …

ナンピンについて考える

ナンピン買い、していますか。 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピンばかりして、ナンピンにお世話になっています。 買っ …

「勝つ投資 負けない投資」

おすすめ度:★ 出版社 クロスメディア・パブリッシング 片山晃・小松原周 著 古本屋のブックオフに散歩がてらフラッと行ってみたら、この本がスタッフおすすめコーナーに置いてあったので買ってみました。 ス …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up