投資を考える コラム

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物
  • 浪費」:いわゆる無駄遣い、あとで後悔する買物

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 消費」:使ったお金 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

できることなら”消費”を”投資”に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえば、チョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには「ロッテ クランキー」や「明治 たけのこの里」や「グリコ Caplico」や「森永 チョコボール」を買ってみて、食べるんです。自分の口に入れた時の感覚。その中で1位、2位、3位が決まってきます。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断です。世の8割の人が「〇〇会社のお菓子がいちばんおいしい!」と思ってるとしたら、その会社の将来は安泰です。逆に「まずい。買わなきゃよかった。」と後悔したとしても、それは投資行為の過程なので、後悔する必要はなく、意味のある行動だったわけです。

そんなわけで、普段の生活の中で買物して「この商品はとても値打ちがある。」または「この商品はダメだ。二度と買いたくない」と思ったとしたら、それは立派な投資行為だと思うようにしています。

そして、もう一つの支出活動である”浪費”について。

これもできれば”投資”につなげたいです。毎日節約で必要なものだけ買っていたら、自分の消費が凝り固まってくるからです。給料の1%くらいの浪費、たとえば手取り20万円の収入だとしたら、その1%の2000円くらいは、意図的にまったく意味のない浪費に使ってもいいと思うんです。未体験の商品やサービスにお金を使ってみる。それは新たな発見につながる投資になります。



関連記事

先物・オプション取引を独学する[4]書籍(オプション取引①基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍でオプション取引について学びました。 世界一やさしい 日経225 オプション取引の教科書1年生 (岩田 亮 著、ソーテック社) …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 2011年ごろの東洋水産(2875)の株は、まだ売買単位が1,000株だったので(2016年現在は100 …

おすすめの証券会社は「SBI証券」

いくつかの大手証券会社に口座を開いているんですけど、そのなかでいちばんのオススメは「SBI証券」です。株式投資をはじめて以来、ずっとメイン口座として利用しています。 オンライン取引の先駆け的存在で、口 …

SBI証券サイトのおすすめ機能[同業種で売上高が近い銘柄]

SBI証券のサイトの「国内株式」で個別銘柄の情報を表示させたとき、最下部に「同業種で売上高が近い銘柄」という一覧があるんですが、これがけっこう使えます。 同業他社のライバル企業との比較がかんたんに行え …

失敗談「鳥貴族の没落」

2018年8月現在、僕は国内株の保有銘柄すべてで含み損を抱えています。 金額にして-1,099,947円です。ついに含み損100万円越えを達成してしまいました! ポートフォリオの状況です。 銘柄 株数 …

2019/09/01:メニュー「運用成績」更新
2019/08/02:メニュー「運用成績」更新
2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up