投資を考える コラム

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物
  • 浪費」:いわゆる無駄遣い、あとで後悔する買物

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 消費」:使ったお金 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

できることなら”消費”を”投資”に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえば、チョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには「ロッテ クランキー」や「明治 たけのこの里」や「グリコ Caplico」や「森永 チョコボール」を買ってみて、食べるんです。自分の口に入れた時の感覚。その中で1位、2位、3位が決まってきます。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断です。世の8割の人が「〇〇会社のお菓子がいちばんおいしい!」と思ってるとしたら、その会社の将来は安泰です。逆に「まずい。買わなきゃよかった。」と後悔したとしても、それは投資行為の過程なので、後悔する必要はなく、意味のある行動だったわけです。

そんなわけで、普段の生活の中で買物して「この商品はとても値打ちがある。」または「この商品はダメだ。二度と買いたくない」と思ったとしたら、それは立派な投資行為だと思うようにしています。

そして、もう一つの支出活動である”浪費”について。

これもできれば”投資”につなげたいです。毎日節約で必要なものだけ買っていたら、自分の消費が凝り固まってくるからです。給料の1%くらいの浪費、たとえば手取り20万円の収入だとしたら、その1%の2000円くらいは、意図的にまったく意味のない浪費に使ってもいいと思うんです。未体験の商品やサービスにお金を使ってみる。それは新たな発見につながる投資になります。



関連記事

会社四季報チェック(2017年3集 夏号)2

6月16日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o コカ・コーラボトラーズジ …

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りには、次のリスクが考えらます。 株価 …

会社四季報チェック(2019年3集 夏号)3

2019年6月18日に「会社四季報 2019年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 丸井グ …

投資は一塁走者のように

負けない投資をしたいなら、野球の一塁走者の気持ちで投資しましょう。 一塁走者は、一塁ベースから離れて、リードをとります。 一塁への牽制球を警戒しつつ、二塁への盗塁を狙わなければなりません。 どちらにも …

2019/11/01:メニュー「運用成績」更新
2019/10/01:メニュー「運用成績」更新
2019/09/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up