投資を考える コラム記事 投資の心得

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

投稿日:2017年1月18日 更新日:

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。

  • 投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出
  • 消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物
  • 浪費」:いわゆる無駄遣い、あとで後悔する買物

それによって、得られる価値がどのくらいかを式にしてみると

  • 投資」:使ったお金 得られる価値
  • 消費」:使ったお金 得られる価値
  • 浪費」:使ったお金 得られる価値

となります。

できることなら”消費”を”投資”に変えていくことで、得られる価値を増やしていきたいですよね。

たとえば、チョコレートが食べたいと思い、コンビニに行ってチョコレートを買うとします。ふだん買っているお気に入りの「ブルボン アルフォート」ではなく、たまには「ロッテ クランキー」や「明治 たけのこの里」や「グリコ Caplico」や「森永 チョコボール」を買ってみて、食べるんです。自分の口に入れた時の感覚。その中で1位、2位、3位が決まってきます。その判断は、おおげさにいうと企業価値の判断です。世の8割の人が「〇〇会社のお菓子がいちばんおいしい!」と思ってるとしたら、その会社の将来は安泰です。逆に「まずい。買わなきゃよかった。」と後悔したとしても、それは投資行為の過程なので、後悔する必要はなく、意味のある行動だったわけです。

そんなわけで、普段の生活の中で買物して「この商品はとても値打ちがある。」または「この商品はダメだ。二度と買いたくない」と思ったとしたら、それは立派な投資行為だと思うようにしています。

そして、もう一つの支出活動である”浪費”について。

これもできれば”投資”につなげたいです。毎日節約で必要なものだけ買っていたら、自分の消費が凝り固まってくるからです。給料の1%くらいの浪費、たとえば手取り20万円の収入だとしたら、その1%の2000円くらいは、意図的にまったく意味のない浪費に使ってもいいと思うんです。未体験の商品やサービスにお金を使ってみる。それは新たな発見につながる投資になります。



関連記事

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

銘柄ウォッチ「カワダ(未上場)」

カワダ WEBサイトはこちら 2017年4月1日、名古屋にレゴランド(LEGOLAND)がオープンしましたね。レゴブロックのテーマパーク。街全体がレゴブロック調になっていたり、日本の観光名所をレゴブロ …

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」

グリコ WEBサイトはこちら 大阪観光のパンフレットで表紙に写っているものといえば、さて何でしょう? 通天閣、くいだおれ太郎、たこ焼き、よしもと新喜劇、そしてグリコの看板! そう、グリコの看板はもはや …

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。 そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひ …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up