投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「良品計画(7453)」

投稿日:2017年1月17日 更新日:

良品計画 WEBサイトはこちら

「無印良品」(むじるしりょうひん)。

いまやだれもが知っているこのブランドを取り扱う会社が良品計画です。

2011年頃に、この株の銘柄を売買していて、まあまあそこそこの利益をあげさせていただきました。当時は株価4000円くらいをフラフラしていましたが、2017年現在はなんと20000円越え!5年で5倍以上に育っていますね。

アチャー、あのままずっと持っていればよかったなーと後悔している銘柄のひとつです。

良品計画についての紹介は、自社WEBサイトの企業情報ページから引用します。

1980年12月、株式会社西友のプライベートブランドとして40品目でデビューした「無印良品」は、現在では約7,000品目を展開するブランドへと成長しています。

1989年に西友から独立した良品計画は、「無印良品」の企画開発・製造から流通・販売までを行う製造小売業として、衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を展開しています。

生活全般を扱う雑貨店として、いまや日本を代表する企業へと成長していっています。

そんな無印良品を20年前からよく利用している僕が、好きなところと好きじゃないところを感じるままに書いてみました。

無印良品の好きなところ
  • 誰にでも好まれそうなシンプルなデザインで、定番商品や消耗品はずっと同じ品質なので安心して買い続けられる
  • ネットストアでまとめ買いしやすい。衣食住すべて揃ってるので、新生活をはじめる人にとって便利
  • ちょっとした改善があったり、かゆいところに手が届く商品がつぎつぎと発売されていっていて、いつも驚かされる
  • 他社製品と比べて、価格と品質のバランスがいちばんよい。いろいろ吟味した結果、「やっぱり無印かな」と思うことが多い
  • 店舗がオシャレなんだけど、オシャレじゃない僕のようなオジサンも入りやすい店内の雰囲気
無印良品の好きじゃないところ
  • たまに奇抜なデザインの商品があって、買ってみるとやっぱりガッカリさせられることがある
  • なんだかんだ言って、専門メーカーが作る商品の品質には劣ると思う
  • 「ムダをなくす」「包装の簡略化」という無印良品のコンセプトと、商品の種類がどんどん増え続けていく現状と、矛盾はしないのか?

独自のブランド構築に成功した良品計画は、5年後までは順調に成長を続けると考えています。

そこからの長期見通しですが、たとえば30年後(2047年)の社会で、無印良品は人々に愛されているでしょうか?商品自体の品質というより、商品コンセプトに魅力を感じて買っているようなところもあるので、どうなんでしょうね。ウーン、わからん。わからないものには投資しないでおきましょう。



関連記事

「勝つ投資 負けない投資」

おすすめ度:★ 出版社 クロスメディア・パブリッシング 片山晃・小松原周 著 古本屋のブックオフに散歩がてらフラッと行ってみたら、この本がスタッフおすすめコーナーに置いてあったので買ってみました。 ス …

先物・オプション取引を独学する[3]書籍(日経225先物② 取引方法&投資手法)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 そもそも株主優待制度とは何なのか、あらためて調べてみ …

逃げるは恥だが役に立つ投資とは

アーア、終わっちゃいましたね。 TBSの火曜22時からのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。 面白かったなー。全話観ました。 新垣結衣と星野源という絶妙のキャスティング 毎回いい意味で裏切られるストーリ …

「日経ビジネス 徹底予測2018」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up