投資を考える コラム

失敗談「オリンパス株大暴落で」

投稿日:2017年1月14日 更新日:

5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。

(Wikipediaより抜粋)オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期にわたって隠し続けた末に、負債を粉飾決算で処理した事件。2011年(平成23年)7月、雑誌FACTAの調査報道によるスクープと、イギリス人社長の早期解任をきっかけに明るみに出て、大きな注目を集め株価も急落、会長らは辞任、オリンパスは上場廃止の瀬戸際に立つことになった。

粉飾決算が発覚後、株価は3000円弱のところから一気に急落し、一時1000円を割り込みました。

そのとき僕は・・・オリンパス(7733)株、すこし買いました!

当時の取引記録です。

2011/10/17

100株1600円で買付、同じ日に1605円で売却。損益0.3%+500円

2011/10/19

100株1388円で買付、同じ日に1348円で売却。損益-2.9%-4,000円

こうやってあとから眺めてみると、なんともチキンで臆病者の投資ですね。

でも、当時は粉飾決算の罰則で、上場廃止するんじゃないかと報道されていましたし、上場廃止となれば、持っている株は全てパーです。

「15万のお金が一瞬でゼロになるかも。」とコワくなり、買ってはみたもののすぐに売ってしまいました。本業サラリーマンの昼休み中に、ひとり心臓バクバクで取引していたのをおぼえています。

・・・あれから5年がたちました。

2017年1月現在、オリンパス株価は4090円。当時の4倍ちかくに育っています。

あたふたせず、持っておけばよかった。

「世界シェア7割の消化器内視鏡事業」、「デジタルカメラでのレンズの品質の良さ」という事業の優位性と安定性を冷静に判断できていたら、「オリンパスは大丈夫」と信じることができ、売らずに腹をすえてガマンできていたと思うのです。残念。

じゃあ、近い将来、同じようなことが起こったとき、こんどは売らずに持っておけるか?と自分に問いかけてみましたが、きっと売ってしまうんだろうなあ。

僕は、オリンパスの胃カメラもデジカメもよく知らないし、競合企業と比べて何が優れているのかもちゃんと分かっていない。だから最後まで信じきれなかった。

悪材料が出た時、その企業を腹の底から信じられるか?

結局はそこが投資の肝だと思うんです。



関連記事

投資では3つの「%」を意識するべし

株式投資で勝つためには、3つの「%」(パーセント)を意識しましょう。 すなわち「損益の%」「割合の%」「利回りの%」の3つです。 これらの「%」を常に意識することで、冷静に効率よく投資が行えます。 ① …

会社四季報チェック(2019年2集 春号)

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

「世界一シンプルなバフェットの投資」

おすすめ度:★★★ アスペクト社 ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳 投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の投資手法をまとめた本で、僕が読んだ数々の投資本の中で、最もおすすめしたい一冊です! バフェ …

失敗談「鳥貴族の没落」

2018年8月現在、僕は国内株の保有銘柄すべてで含み損を抱えています。 金額にして-1,099,947円です。ついに含み損100万円越えを達成してしまいました! ポートフォリオの状況です。 銘柄 株数 …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up