投資を考える コラム記事 投資の心得

逃げるは恥だが役に立つ投資とは

投稿日:2017年1月11日 更新日:

アーア、終わっちゃいましたね。

TBSの火曜22時からのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

面白かったなー。全話観ました。

  • 新垣結衣と星野源という絶妙のキャスティング
  • 毎回いい意味で裏切られるストーリー
  • コミカルだけど知的なセリフ
  • 魅力的な脇役陣(石田ゆり子、大谷亮平、古田新太、藤井隆)
  • そしてキャッチーな恋ダンス!

オジサンの僕も、たまらず毎回キュンキュンしてしまいました。カワイイ家政婦が突然やってくるというありえない設定なのに、なぜかリアリティたっぷりのドラマでした。

ところで、タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざらしいですね。意味を調べてみると「逃げることは恥ずかしいが、それによって生き残れるならいいじゃないか」「自分の得意分野で勝負しろ。そのためなら逃げたっていい」というようなことわざらしいです。日本のことわざの「逃げるが勝ち」にちょっと似てますよね。

突然ですが、投資の世界でも「逃げるは恥だが役に立つ」に似たことわざがあります。

「見切り千両」

すばやく損切りすることは、大損を避けることができる。つまり千金の価値がある。

「利食い千人力」

もっと利益を増やそうと欲を出して相場を追いかけることはせず、ある程度のところで儲けを確定させたほうがよい。

「自分が理解できないものには投資しない」

ウォーレン・バフェットの言葉。儲かりそうだといってあれこれ手を出さず、勇気をもって自分の守備範囲外のものに手を出さないこと。(コレ、ことわざではなかったか)

要は、うまく逃げる投資は、カッコよくはないけれど役に立つ(最終的に利益が出る)んだと思います。

ひとくちに投資といっても、多種多様です。商品の種類は、株式投資、不動産投資、FX(外国為替証拠金取引)、投資信託、債券、といろいろあります。それらの投資手法も、長期・中期・短期などさまざまです。いろいろと手を出さず、自分の得意な投資商品、得意な投資スタイルを絞り込むこと、そして、愚直にそれを磨いていくことが成功への近道かなと思っています。

僕の場合、国内の、身近な食品&小売企業を数銘柄買い、中期で利益を出していくスタイルを、今後も磨いていきたいです。



関連記事

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

「遊びと人間」

おすすめ度:★ 講談社学術文庫 ロジェ・カイヨワ著 株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たし …

グリコのお菓子が顧客満足度高い理由

主観的な見方になってしまいますが、グリコのお菓子はいつも満足度が高いです。 ポッキー、カプリコ、プリッツ、ビスコ、チーザ、かるじゃが、ジャイアントコーン、パピコ、パナップ、アイスの実、SUNAO、朝食 …

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

銘柄ウォッチ「鳥貴族(3193)」

鳥貴族 WEBサイトはこちら 早い!安い!うまい!これが理想の焼鳥屋。まだ首都圏、関西圏、中部圏にしか出店していませんが、近いうちに全国展開していくでしょう。 仕事仲間や友人と飲みにいくとき、こんな会 …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up