投資を考える コラム

逃げるは恥だが役に立つ投資とは

投稿日:2017年1月11日 更新日:

TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の感想

アーア、終わっちゃいましたね。

TBSの火曜22時からのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

面白かったなー。全話観ました。

  • 新垣結衣と星野源という絶妙のキャスティング
  • 毎回いい意味で裏切られるストーリー
  • コミカルだけど知的なセリフ
  • 魅力的な脇役陣(石田ゆり子、大谷亮平、古田新太、藤井隆)
  • そしてキャッチーな恋ダンス!

オジサンの僕も、たまらず毎回キュンキュンしてしまいました。カワイイ家政婦が突然やってくるというありえない設定なのに、なぜかリアリティたっぷりのドラマでした。

「逃げるは恥だが役に立つ」はハンガリーのことわざ

ところで、タイトルの「逃げるは恥だが役に立つ」は、ハンガリーのことわざらしいですね。

意味を調べてみると

  • 逃げることは恥ずかしいが、それによって生き残れるならいいじゃないか
  • 自分の得意分野で勝負しろ。そのためなら逃げたっていい

といった意味をもっていました。

日本のことわざの「逃げるが勝ち」にちょっと似てますよね。

投資の世界の「逃げるは恥だが役に立つ」

投資の世界でも「逃げるは恥だが役に立つ」に似たことわざがあります。

「見切り千両」

すばやく損切りすることは、大損を避けることができる。つまり千金の価値がある。

「利食い千人力」

もっと利益を増やそうと欲を出して相場を追いかけることはせず、ある程度のところで儲けを確定させたほうがよい。

「自分が理解できないものには投資しない」

ウォーレン・バフェットの言葉。儲かりそうだといってあれこれ手を出さず、勇気をもって自分の守備範囲外のものに手を出さないこと。(コレ、ことわざではなかったか)

要は、うまく逃げる投資は、カッコよくはないけれど役に立つ(最終的に利益が出る)んだと思います。

ひとくちに投資といっても、多種多様です。商品の種類は、株式投資、不動産投資、FX(外国為替証拠金取引)、投資信託、債券、といろいろあります。それらの投資手法も、長期・中期・短期などさまざまです。いろいろと手を出さず、自分の得意な投資商品、得意な投資スタイルを絞り込むこと、そして、愚直にそれを磨いていくことが成功への近道かなと思っています。

僕の場合、国内の身近な食品&小売企業を数銘柄買い、中期で利益を出していくスタイルを、今後も磨いていきたいです。



関連記事

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。 本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」です。 予測した …

銘柄ウォッチ「Procter&Gamble(PG)」

Procter&Gamble(米国) WEBサイトはこちら Procter&Gamble(日本) WEBサイトはこちら Procter&Gambleとは 日用消費財のグローバル …

投資をやってよかった3つのこと

投資を始める前は知らなかったけど、始めてから気づいた「投資の効能」を3つご紹介します。 投資をやるとこんな良いことがあるんだ、と気づいた点です。 1. 経済ニュースに興味がわく 投資をはじめる前は、テ …

鳥貴族、暴落する

ついに来ました。暴落。 6月9日(金)の第3四半期決算発表をうけ、6月12日(月)に鳥貴族株が暴落しました。 何もそこまで下がらなくても・・・というくらい大きく下げました。 前日(前週)終値が2782 …

2020/05/25:「SNSボタン」追加
2020/05/01:「運営者の投資成績」更新
2020/04/01:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up