主要イベント 世の中のできごと

2017年の注目スケジュール

投稿日:2017年1月9日 更新日:

2017年、今年は政治・経済を中心に、重大スケジュールが目白押しですね。

主要イベントだけ並べて、1年全体の流れをチェックしておきましょう。

1月

・トランプ新アメリカ大統領就任(1/20)
・東京都が豊洲市場の地下水検査の最終結果を公表

2月

・経産省などが月末の金曜日限定の消費喚起運動「プレミアムフライデー」を開始(2/24)

3月

・第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)開催(3/6~22)
・オランダで議会下院選挙
・政府が「働き方改革」に関する実行計画を策定
・任天堂が次世代ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を発売

4月

・ガスの小売り全面自由化開始
・コカコーラ「ウエスト」と「イースト」が経営統合
・フランス大統領選挙

5月

・イラン大統領選

6月

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が「ミニオン・パーク」開設

7月

・マイナンバー情報を確認できる「マイナポータル」運用開始
・香港の中国返還から20周年

8月

・東京都議会選挙

9月

・ドイツで連邦議会選挙
・サッカーW杯アジア最終予選 最終戦(9/5)

10月

・チェコ下院選挙
・GPIF(年金積立金管理運用独立法人)が組織改革、合議制の経営委員会を設置

11月

・中国で5年に1度の共産党大会開催、次期最高指導部が決定

12月

・タイ総選挙
・マイクロソフトがVR(仮想現実)に対応した次世代ゲーム機「スコーピオ」発売

こうやって見てみると、2か月に1度は世界のどこかで国政選挙をやるんですね。

2017年のキーワードはズバリ、「トランプ政治」と「欧州選挙」です。

昨年の2016年だと、何か先行き不安なニュースが出ると、そのたびに資金の逃避先として円が買われ円高になり、そこから輸出系企業の業績不安材料につながって、日経平均が売られることになったのですが、今年もその流れは継続なのでしょうか。

だとすると、今年もジェットコースター相場になる覚悟が必要ですね。

投資家としては、相場の急落をうまく利用して、自分の利益にしたいものです。



関連記事

新聞再読「英、EU離脱を選択」(2016年6月25日 日経新聞)

僕は新聞はとっていません。理由は、新聞を読みたくない気分の日に、勝手に郵便受けに新聞をつっこまれるのがイヤだからです。無理矢理口を開けられて、食べ物を詰め込まれたような気分になるからです。 なので、気 …

2018年6月28日 ロシアW杯グループH「日本vsポーランド」!

2018FIFAワールドカップロシア大会、日本代表の第3戦です! 6月28日(木)日本時間23:00から、グループリーグHの第3戦「日本vsポーランド」が行われました。 日本vsポーランド 先発メンバ …

「副業を福業に」(2017年8月10日朝日新聞)

朝日新聞の金融情報面に「経済気象台」というコーナーがあって、経済や投資にまつわるコラムが載っているのをご存知ですか? ちょっとした豆知識やニュースを読みやすくまとめているので、朝日新聞を読むときはいつ …

2017年8月4日(金)の日経新聞を拾い読み

2017年8月4日(金)の日経新聞を拾い読みしてみました。 一面トップは「トヨタ、マツダに出資 EVを共同開発」。自動車業界も生き残りをかけて再編が進んでいます。記事によると、世界の自動車市場はトヨタ …

2019年2月1日 アジアカップ決勝「日本vsカタール」!

2019アジアカップUAE大会! 日本代表は苦しみながらも決勝ファイナルまで勝ち上がりました! そして2月1日(金)日本時間23:00より、決勝戦「日本vsカタール」が行われました。 日本vsカタール …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up