投資を考える 証券会社を選ぶ

マネックス証券のサイトが使いやすくなりましたね!

投稿日:2017年1月7日 更新日:

マネックス(MONEX)証券のサイトが全面リニューアルされて使いやすくなりましたね。

マネックス証券の公式サイトはこちら

画面デザインが見やすくなり、タブレットでもタッチしやすいような、シンプルな作りになりました。

以前のブログで「サイトがごちゃごちゃして見にくい」「操作性がわるい」とレビューしてましたが、それが十分解消されていると思います。

ホームボタンからホームに戻ったら勝手にログアウトされるというイライラもなくなったし、よかったよかった。スマートフォンからアクセスしたときの画面も、かなり使いやすいと感じました。

あと欲をいえば、米国株取引専用ツールのTradeStation(トレードステーション)を、もう少し使いやすくしてくれたらうれしいんですけどね。

デイトレード風の高度な機能はいらないので、証券サイト画面だけでかんたんに売買できるようになってほしいです。

米国株はどこの証券会社もまだまだ取引手数料が高いです。1取引あたり約定代金の0.45%も引かれてしまいます。買って売ったら2回分の取引なので、それだけで約1%も引かれるんです。

なので、米国株を一日に何回も取引する人は少ないと思います。シンプルな取引画面があればそれで事足りるんではないでしょうか。

いまのところ、どの証券会社の米国株取引手数料も横並びですが、もっと競争してもらって、安くしてほしい! よろしくお願いします!

とはいえ、マネックス証券は、米国株の取扱銘柄数がダントツなのが魅力ですね。

  • マネックス証券:約3400
  • SBI証券:約1400
  • 楽天証券:約1400

つまり、日本にはあまり知られていないマイナーな企業やETFにも取引できるのです。

これは選択肢が増えることになるので、うれしいですね。

経済面では中国が台頭してきましたが、政治・文化・軍事の面では今後も米国が世界のトップであり続けるとみています。だから今後も米国株に投資していきます。

「資産運用始めるなら!マネックス証券」



関連記事

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。 そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひ …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

カルビー WEBサイトはこちら 子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。 1949年、広島で創業。 会社名のカルビーは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わ …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」2回目

カルビー WEBサイトはこちら カルビーとは カルビーは、おなじみのスナック菓子国内最大手の会社です。 2009年に米国ペプシコと資本提携して、北米、韓国でも展開しています。 ポテトチップスやじゃがり …

最近気になっている10銘柄(2018年8月)

最近気になっている銘柄を10個挙げます。 現在保有はしていないけど、チャンスがあったら買いたい銘柄です。 ※銘柄コード順 01:セブンアンドアイホールディングス(3382) 自然災害が頻発している日本 …

SBI証券が金・プラチナの取扱を開始

2017年7月3日(月)から、SBI証券が金・プラチナ取引を開始しましたね。 僕自身、コモディティ(商品)とよばれる金やプラチナに投資した経験がないので、よく仕組みを分かっていませんが、年会費や管理料 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up