投資を考える コラム

「ロシアで農業を始めよ」(ジム・ロジャーズ氏インタビューより)

投稿日:2017年1月5日 更新日:

「日経ビジネス 徹底予測2017」に、著名投資家ジム・ロジャース氏のインタビュー記事が載っていました。タイトルは「ロシアで農業を始めよ」。

世界各地をバイクで旅行しながら投資先を見出している冒険投資家ロジャースが、われわれ凡人には想像もできない独自の視点で未来予測をしています。

  • ロシアの広大な土地は、温暖化の影響で穀物などの生産に適した環境に変わってきており、農業が発展しつつある
  • ロシアには、原油や天然ガス以外にも、知られざる天然資源があるだろう
  • ロシアは将来、中国に次ぐ第2位の経済大国になる可能性がある
  • 朝鮮半島はあと数年で南北統一されるだろう
  • カザフスタンは豊富な天然資源で発展する
  • コロンビアは医療用大麻の輸出で成長するだろう
  • アメリカは衰退する。米国政府は巨額の債務を抱えている
  • 日本は人口減少が続き、巨額の借金を重ね、悪い方向に向かっている
  • 日本の若者に対しては「ロシアや韓国に移住した方がいい」とアドバイスしたい

なんだか突拍子もない未来予測のようにも見えますが、世界中をバイクで旅し、自分の目で見てきたことだからこそ、彼にははっきり未来が見えているのでしょう。

ジム・ロジャーズは、2015年版「日経ビジネス 徹底予測」のインタビューでも「ロシアに対しては強気」「農地を買えたら買うといい。トラクターの免許を持っていたらなおさらいいね。」と言っています。

SBI証券は、モスクワ証券取引所に上場している約30銘柄の株式取引ができます。
「これからはロシアだ!」と決断したら、いますぐにでもロシア株に投資することができるんですね。
僕はロシアに行ったことがないですし、ジム・ロジャースの予測はとても興味深いですが半信半疑なので、ロシアに投資することは今のところないです。



関連記事

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券とカブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。 しばらく休眠口座になっているマネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券を含め …

日曜日に投資計画を立てる

日曜日の夜です。 明日からどう取引しようか、投資計画をたてておきます。 証券会社ごとに検討しましょう。  icon-square SBI証券 銘柄 株数 含み損益 江崎グリコ 200 -5.28% カ …

会社四季報チェック(2018年4集 秋号)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

4つの証券会社の使い分けを決めました

現在、次の4つの証券会社に口座を開いています。 SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 でも、現状はSBI証券に資金が集中しています。 リスクヘッジの観点から、もっと資金を分散させた …

「賢明なる投資家」

おすすめ度:★ パンローリング株式会社 ベンジャミン・グレアム著 株式投資の名著といわれるベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の「賢明なる投資家」。 数年前に買って読みましたよ。3 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up