投資を考える コラム

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

投稿日:2017年1月1日 更新日:

 

2017年、明けましておめでとうございます!

今年も皆様にとって良い年になりますように。

本サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。

今年は相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」の酉年。干支ごとの勝率でいうと、酉年は上昇相場が多いみたいなので、期待しましょう。

さて、年が新しくなると、何か新しいことにチャレンジしてみたくなりますね。

今年は、これまでコワくて手が出せなかった空売り(信用取引の売り)に挑戦してみます。

これまで信用売りを避けてきた理由、それは「損失が無限大でリスクが大きすぎる」投資だからです。たとえば100万円分を信用売りした銘柄が、意に反して株価急騰してしまい、10倍、100倍に上がったとしたら、損失は10倍、100倍と、青天井に膨れあがってしまいます。これは強烈にキツイです。

しかし、逆にいえば新しい利益を生むチャンスでもあります。とくに下落相場で信用売りをうまく操ることができたら、これ以上の武器はありません。

まずは売りのノウハウをしっかり勉強した上で、銘柄を厳選し、チャンスをうかがい、ためしにちょっとだけ売るところから始めてみようと思います。石橋をたたいて渡るやり方かもしれませんが、「わからないものには投資しない」ことが原則ですからね!



関連記事

【初心者向け】株式投資の始め方、失敗しないための5ステップ

これから株式投資をスタートされる方は、すこし回り道かもしれませんが、次の5ステップで始めることをおすすめします。 株の入門本を読む 証券会社に口座を開いて3万円入金する ためしに売買してみる 投資する …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」上級編

おすすめ度:★★ ダイヤモンド・ザイ編集部 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の上級者編です。 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」の過去記事はこちら 上級者 …

カリスマ投資家「B・N・F」さんのこと

2005年12月8日のジェイコム株大量誤発注問題で、20億円稼いだ男として有名になったカリスマトレーダーのB・N・Fさん。 たった10分で20億を稼いだ、と当時ニュースになり、すごいなーと興奮しました …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up