投資を考える コラム

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

投稿日:2017年1月1日 更新日:

 

2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように!

当サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。

今年は空売りに挑戦

今年は相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」の酉年です。干支ごとの勝率でいうと、酉年は上昇相場が多いみたいなので、期待しましょう。

さて、年が新しくなると、何か新しいことにチャレンジしてみたくなりますね。

今年は、これまでコワくて手が出せなかった空売り(信用取引の売り)に挑戦します。

これまで信用売りを避けてきた理由、それは「損失が無限大でリスクが大きすぎる」投資だからです。たとえば100万円分を信用売りした銘柄が、意に反して株価急騰してしまい、10倍、100倍に上がったとしたら、損失は10倍、100倍と、青天井に膨れあがってしまいます。これは強烈にキツイです。

しかし、逆にいえば新しい利益を生むチャンスでもあります。とくに下落相場で信用売りをうまく操ることができたら、これ以上の武器はありません。

まずは空売りの勉強から

まずは売りのノウハウをしっかり勉強した上で、銘柄を厳選し、チャンスをうかがい、ためしにちょっとだけ売るところから始めてみようと思います。

石橋をたたいて渡るやり方かもしれませんが、「わからないものには投資しない」ことが原則ですからね!


関連記事

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!(2017年3月28日)

2017年3月28日権利付最終売買日の結果 昨日の3月27日(月)は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日(火)の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していました。 しかしフタを開けてみると …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

バフェットの教え「難しい問題を解決するのではなく、回避すること」

僕が読んだ投資本のなかで最もおすすめする本、「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)のなかで、いちばん感銘を受けたのが、次の一文です。 (「世界一シン …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

銘柄ウォッチ「カワダ(未上場)」

カワダ WEBサイトはこちら レゴブロックよりダイヤブロックが好き 2017年4月1日、名古屋にレゴランド(LEGOLAND)がオープンしましたね。レゴブロックのテーマパーク。街全体がレゴブロック調に …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up