投資を考える コラム

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

投稿日:2017年1月1日 更新日:

 

2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように!

当サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。

今年は空売りに挑戦

今年は相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」の酉年です。干支ごとの勝率でいうと、酉年は上昇相場が多いみたいなので、期待しましょう。

さて、年が新しくなると、何か新しいことにチャレンジしてみたくなりますね。

今年は、これまでコワくて手が出せなかった空売り(信用取引の売り)に挑戦します。

これまで信用売りを避けてきた理由、それは「損失が無限大でリスクが大きすぎる」投資だからです。たとえば100万円分を信用売りした銘柄が、意に反して株価急騰してしまい、10倍、100倍に上がったとしたら、損失は10倍、100倍と、青天井に膨れあがってしまいます。これは強烈にキツイです。

しかし、逆にいえば新しい利益を生むチャンスでもあります。とくに下落相場で信用売りをうまく操ることができたら、これ以上の武器はありません。

まずは空売りの勉強から

まずは売りのノウハウをしっかり勉強した上で、銘柄を厳選し、チャンスをうかがい、ためしにちょっとだけ売るところから始めてみようと思います。

石橋をたたいて渡るやり方かもしれませんが、「わからないものには投資しない」ことが原則ですからね!



関連記事

株式投資は、臆病者が勝つ

臆病者はリスク管理が上手 株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避 …

銘柄ウォッチ「東洋水産(2875)」

東洋水産 公式サイトはこちら 東洋水産とは 東洋水産は、水産加工をはじめ、「マルちゃん」ブランドで知られる総合食品メーカーです。 事業内容は次のものがあります。 冷凍魚介類の仕入れ・加工・販売 即席麺 …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

失敗談「オリンパス株大暴落で」

2011年のオリンパス粉飾決算事件 5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。 (Wikipediaより抜粋) オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期 …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

2017年3月28日権利付最終売買日の結果 昨日の3月27日(月)は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日(火)の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していました。 しかしフタを開けてみると …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up