投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「セブン銀行(8410)」

投稿日:2016年12月27日 更新日:

セブン銀行 WEBサイトはこちら

コンビニのセブンイレブンを利用する人なら一度は使ったことがある店内のセブン銀行ATM。僕もよく利用しています。銀行のATMとちがい、24時間利用できることが魅力です。飲食店など経営者向けに、毎日の売上を入金できるサービスも行っていて、夜間銀行窓口でなく、安全なコンビニ内で売上入金できるのは、利便性と安全性で大きなメリットがあります。

セブン銀行は、名前のとおり「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の銀行で、コンビニATM事業の最大手。設立は2001年。

提携先金融機関や利用者から得られる利用手数料が収入源。

設置台数は増え続けていて、町中を歩いていても新しく設置されたATMをよくみかけます。銀行業だけどリアルな店舗は持たず、親会社のコンビニ店舗内にATMを設置し、24時間稼動。親会社の店舗内なので、競合のATMにとり替えられる心配はナシ。とても効率的なビジネススタイルです。

懸念としては、将来的には現金ではなく電子マネーや電子決済が確実に増えていくので、現金を扱うATMの利用シーンは減っていくことが予想され、どこかで設置台数も頭打ちするのでは?というところがあります。

コンピニやスーパーのレジで、小銭を出すよりEdyやiDの電子マネーで払うほうがやっぱり手軽ですからね。

でも、セブン&アイグループは、消費者の隠れたニーズを見つけ出すのが得意なので、ATMを使った新しいサービスを、いまも考えてるんじゃないかと思います。

株価は最低投資金額が約4万円と買いやすく、気軽に積立投資しやすいのも魅力です。



関連記事

今年のNISA非課税枠120万円分をどう使う?

今年も残り3ヶ月となったところで、「2017年のNISA枠をまったく使ってない」ということに気づきました。 僕はSBI証券でNISA口座を開いていて、これまで毎年、利用枠いっぱい使っていたのですが、今 …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

みなさん、売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 2011年ごろの東洋水産の株は、まだ売買単位が1000株だったので(2016年現在は100株) …

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)4

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 いまは保有してないけど、いつか安く …

米ドル投資は「個別銘柄」と「ETF」どちらがよいか検討

僕の投資ルールとして、全資産の20%を外貨で保有するようにしています。 なぜなら、円だけ持っているのはリスクが高いと考えるからです。もし将来日本の財政が破綻したとして、そのとき頼りになるのはやっぱり外 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up