投資を考える 証券会社を選ぶ

米国株投資なら「マネックス証券」

投稿日:2016年12月25日 更新日:

米国株中心に投資するなら、証券会社は「マネックス(MONEX)証券」をオススメします。

米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他の証券会社とくらべて圧倒的に多いからです。

マネックス証券をこれまで利用してきた感想をまとめました。

マネックス証券の良い点

  • 米国株と中国株の取扱銘柄数が多い
  • 投資情報が充実していて、アナリストレポート、グローバル展望レポート、各銘柄ニュースなど盛りだくさん
  • 各銘柄情報が充実。時系列の株価一覧が確認できて、直近の高値・安値の日がひと目でわかるのが便利
  • 資産の推移や内訳がわかるサービスが充実している
  • 定期サイトメンテナンスの頻度が少ない(土日も安心して使える)
  • 取引手数料がそこそこ安い

マネックス証券の悪い点

  • サイトがごちゃごちゃして見にくい
  • サイトの操作性がわるい(いろいろ画面を見ていたらいつの間にかログアウトしていることがある)
  • 米国株をトレードするときは、米国トレード専用サイトにログインする必要があり、操作が煩雑でめんどくさい
  • チーフ・ストラテジストの広木隆さんのコラムや動画がとても上手すぎて引き込まれてしまうが、いつもなんだかうまく丸め込まれたような気持になってしまう(僕はそういう広木さん好きです)

マネックス証券の活用方法

マネックス証券の長所は、なんといっても「米国株・中国株の取扱銘柄数の多さ」と「投資情報全般の多さ」です。他証券より抜きんでて多いです。

ズル賢いですが、とりあえずマネックス証券の口座を開いておき、口座に入金せずに、投資情報を見るだけでも、十分に利用価値があります。

他の証券会社をメインで使うにしても、マネックス証券の口座は開いておいて損はないです。

マネックス証券公式サイト



関連記事

会社四季報チェック(2020年4集 秋号)

2020年9月18日に「四季報 2020年4集 秋号」が発売されましたね。 では、証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックします。 【チェック銘柄】 日本マクドナルドホールディン …

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

  2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように! 当サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。 今年は空売りに挑戦 今年は相場格言で「申 …

もう低位株への投資は辞めます

今年の10月から、GMOクリック証券に資金の1%を入金して、低位株への投資を始めていましたが、早々に辞めることにしました。 理由は「自分が応援したいと思わない銘柄に投資しても楽しくないから」です。 現 …

銘柄ウォッチ「ミツカン(未上場)」

ミツカンホールディングス WEBサイトはこちら ミツカンホールディングスとは 「上場はしていないけど、もし上場したら投資してみたいなあ。」という企業がいくつかあります。 そのうちのひとつが「株式会社ミ …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up