投資を考える 証券会社を選ぶ

米国株投資なら「マネックス証券」

投稿日:2016年12月25日 更新日:

米国株中心に投資するなら、証券会社は「マネックス(MONEX)証券」をオススメします。

米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他の証券会社とくらべて圧倒的に多いからです。

マネックス証券をこれまで利用してきた感想をまとめました。

○ マネックス証券の良い点

  • 米国株と中国株の取扱銘柄数が多い
  • 投資情報が充実していて、アナリストレポート、グローバル展望レポート、各銘柄ニュースなど盛りだくさん
  • 各銘柄情報が充実。時系列の株価一覧が確認できて、直近の高値・安値の日がひと目でわかるのが便利
  • 資産の推移や内訳がわかるサービスが充実している
  • 定期サイトメンテナンスの頻度が少ない(土日も安心して使える)
  • 取引手数料がそこそこ安い

× マネックス証券の悪い点

  • サイトがごちゃごちゃして見にくい
  • サイトの操作性がわるい(いろいろ画面を見ていたらいつの間にかログアウトしていることがある)
  • 米国株をトレードするときは、米国トレード専用サイトにログインする必要があり、操作が煩雑でめんどくさい
  • チーフ・ストラテジストの広木隆さんのコラムや動画がとても上手すぎて引き込まれてしまうが、いつもなんだかうまく丸め込まれたような気持になってしまう(僕はそういう広木さん好きです)

マネックス証券の活用方法

マネックス証券の長所は、米国株・中国株の取扱銘柄数の多さと、投資情報全般の多さです。他証券より抜きんでて多いです。

ズル賢いですが、とりあえずマネックス証券の口座を開いておき、口座に入金せずに、投資情報を見るだけでも、十分に利用価値があります。

他の証券会社をメインで使うにしても、マネックス証券の口座は開いておいて損はないです。

「資産運用始めるなら!マネックス証券」



関連記事

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ ソーテック社 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。 「私、株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、 …

逃げるは恥だが役に立つ投資とは

アーア、終わっちゃいましたね。 TBSの火曜22時からのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。 面白かったなー。全話観ました。 新垣結衣と星野源という絶妙のキャスティング 毎回いい意味で裏切られるストーリ …

上場3400社のWebサイト 勝手にランキング!

投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別しています。 なぜそうしているか?「ブランドは細部に宿る。 …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りには、次のリスクが考えらます。 株価 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up