投資を考える コラム

はじめてのリアルタイム板はコワい

投稿日:2016年12月24日 更新日:

証券会社に口座を開くと利用できる、売気配と買気配が分かるリアルタイム板の話です。

※上の図は、実物の板をExcelでマネして作ったものです。

投資を始めた頃、リアルタイム板がコワかった

リアルタイム板は、いくらでどのくらいの注文が出ているかをリアルタイムで確認できる画面です。

売り買いどちらの気配が強いかを判断するのに便利です。取引時間中なら刻々と数字が変わっていきます。この板の価格をクリックして、素早く売買注文をすることもできます。

これを最初に見たとき、僕はかなりコワい印象を受けました。慣れてしまうと、ただの数字なんですけどね。最初はコワかったです。

真ん中の現在値をはさみ、「売り指値」と「買い指値」と「成行の売買値」が、毎秒更新されていく様をじっと見ていると、なんというか、人間の欲望と不安の生々しいところを見てしまったようで、コワかったです。数字の向こうにある、人種も性別も年齢も職業も分からない人たちと、いま一緒に取引をしていて、自分も含めてみんなが「お金を儲けてやろう!」と必死になっている姿が目に浮かびました。

とくに取引開始前の午前9時前後が、いちばん生々しい動きを見せます。「見せ板」をやって、現在値付近に大量の気配を置き、株価を操作しようという不届き者の数字の動きがすさまじいです。

「見せ板」とは、買う気が無いのに買い注文を出したり、売る気が無いのに売り注文を出したりする違法行為です。

副業投資家は、プロの投資家に勝てない?

市場へ参入する不特定多数の人の中には、株式投資を飯の種にしているプロ投資家もたくさんいるわけで、「どんな手を使ってでも結果を出さなければいけない」という緊迫した空気が、リアルタイム板画面から伝わってきます。

僕はというと、サラリーマンを本業とする副業投資家です。日中、常に株価を見れるわけでもなく、プロ投資家を出し抜くなんて、どう頑張ってもできません。

プロの投資家(機関投資家含む)は次の強みがあります。

  • 入ってくる情報の量と早さがちがいます。機関投資家は一般の人が知りえない情報網があり、企業のトップとも直接会って情報を得られます。
  • 取引スピードがちがいます。プロは1秒のうちに高速トレードを何回も行えるシステムを使っています。
  • 複数人の知恵を出し合い取引することができます。複数の人の意見を参考にしたほうが、より合理的で最適な投資判断ができます。

とはいっても、副業投資家は全ての面でプロに劣っているわけではありません。

副業投資家は次の強みがあります。

  • 本業の知識や経験が、株式投資に活かせます。
  • プロのように毎月・四半期ごとに結果を出す必要がなく、成果をじっくり待つことができます。
  • 投資資金はすべて自分のお金なのでどう使っても自由です。なので、突拍子もない取引手法を試してみることもできます。

株価を常に見ることのできない副業投資家としては、リアルタイム板の生々しい動きに惑わされることなく、冷静に淡々と長い目で投資していくのがベターです。



関連記事

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

テレビCMが優れている上場企業10選

テレビCMがおもしろくて人目をひく企業は、その宣伝効果を最大限に発揮できます。 当然売上が良くなり、ブランド力も高くなるので、企業価値が高まります。 ふだんテレビを何気なく見ていて、「あ、このCMいい …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

投資はすべて「%」で考えよう

投資に有利なのはどっちの人? 二人の投資家がいました。Aさん、Bさんとしましょう。 Aさんが持っている投資資金は「10万円」、Bさんが持っている投資資金は「100万円」です。 さて、ここで問題です。 …

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up