投資を考える コラム

投資をやってよかった3つのこと

投稿日:2016年12月23日 更新日:

投資をはじめる前は知らなかったけど、投資の効能というか、投資をやっているとこんな良いことがあるんだと気づいたことが3つあります。

1.経済ニュースに興味がわく

それまで、「東証株式市場の終値は」「本日の為替相場は」なんていうニュースが流れても、自分にとってまったく関係ないと思っていたのですが、株をひとつでも買ってみると、とたんに経済が自分にとって身近なニュースになりました。

経済や政治のニュースは、じぶんの持っているお金の損得に直結することなので、イヤでも興味がわいてくるのです。

2.お金への執着がなくなる

保有している株の価値は、刻々と変わっていきます。

株の価格がいま1万円だとしても、数秒後には8千円になってしまうこともあるし、1万5千円に増えることもあります。

通貨間の為替相場も毎秒変わっていくものですし、それに関連して商品の価格も変化していきます。きょうガソリンが1リットル120円だとしても、1ヶ月後には150円になっているかもしれません。

じつは投資をしていなくても、自分のもっているお金の価値は刻々と変わっているものだということに気づきます。お金の価値は絶対的なものではなく、相対的なものだと気付かされます。そうなると、お金への執着がなくなってきます。

3.世の中の見方がかわる

とくに小売企業や食品企業に投資をしていると、世の中は投資に関するヒントでいっぱいなんだと気づきます。

スーパーで見かけたヒット商品、お店の行列、電車の中で偶然耳に入ってきた女子高生の会話、テレビの情報番組、雑誌。じぶんの生活の中でよく使う商品・サービス。それらの小さな声に耳をすますことが、投資のきっかけになります。

目に映るすべてのことは投資のヒント」であり、この世界すべてが、投資というゲームの舞台なんだ、と思えば、世の中がちょっと楽しくなります。



関連記事

米ドルで投資する「ETF」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、ETF(上場投資信 …

投資の目標をもつこと

何ごとも、目標をもって、それに向かって進むことが重要ですね。 株式投資においても、ただダラダラ取引をするのではなく、目標をもってやるほうが良いと思います。 僕の場合は、「資産1億円を達成する」というの …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

家計の余裕資産を使って、安全に短期投資する方法

我が家の家計は、夫である僕が管理しています。 妻からは「好きなように管理してもらっていいよ。」とお墨付きをもらっているので、貯金の一部を株式投資で積極的に運用しています。 もちろん、僕が個人でやってい …

会社四季報チェック(2018年2集)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up