投資を考える コラム

投資を始める前は知らなかったけど、始めてから気づいた「投資の効能」3つ

投稿日:2016年12月23日 更新日:

投資を始める前は知らなかったけど、始めてから気づいた「投資の効能」を3つご紹介します。

投資をやるとこんな良いことがあるんだ、と気づいた点です。

1. 経済ニュースに興味がわく

投資をはじめる前は、テレビやラジオの番組で「東証株式市場の終値は」「本日の為替相場は」なんていうニュースが流れても、自分にとってまったく関係ない話だと思っていました。

でも株を買った途端に、経済ニュースが身近な話題になりました。

経済や政治のニュースは、自分が大切なお金を投じて買った株の値動きに直結する話なので、イヤでも興味がわいてくるようになりました。

2. お金への執着がなくなる

保有している株の価値は、刻々と変わっていきます。

株の価格がいま1万円だとしても、数秒後には8千円になってしまうこともあるし、1万5千円に増えることもあります。

ドル/円など、通貨間の為替相場も毎秒変わっていくものですし、それに関連して商品の価格も変化していきます。きょうガソリンが1リットル120円だとしても、1ヶ月後には150円になっているかもしれません。

じつは投資をしていなくても、自分の持っているお金の価値は刻々と変わっているものだということに気づきます。

お金の価値は絶対的なものではなく、相対的なものだと気付かされます。

そうなると、お金への執着がなくなってきます。

3. 世の中の見方が変わる

とくに小売企業や食品企業に投資をしていると、世の中は投資に関するヒントでいっぱいなんだと気づきます。

スーパーで見かけたヒット商品、お店に並んでいる行列、電車の中で偶然耳に入ってきた女子高生の会話、テレビの情報番組、新聞、雑誌、じぶんの生活の中でよく使う商品・サービス・・・。それらの小さな声に耳をすますことが、投資のきっかけになります。

「目に映るすべてのことは投資のヒント」であり、この世界すべてが、投資というゲームの舞台なんだ、と思えば、世の中がちょっと楽しくなります。


関連記事

会社四季報チェック(2018年4集 秋号)2

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・コー …

米国株投資なら「マネックス証券」

米国株中心に投資するなら、証券会社は「マネックス(MONEX)証券」をオススメします。 米国株・米国ETFの取扱銘柄数が他の証券会社とくらべて圧倒的に多いからです。 マネックス証券をこれまで利用してき …

会社四季報チェック(2020年3集 夏号)

2020年6月26日に「四季報 2020年3集 夏号」が発売されましたね。 では、証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックします。 【チェック銘柄】 日本マクドナルドホールディン …

「株式投資」と「漁」は共通点が多い。自分に合った漁法をマスターしよう。

株式投資というものは、つくづく「漁」と似ていると思います。 漁場を探して、仕掛けを作って、狙いの魚介類を釣る、採集する・・・。 魚のとりかたは様々で、何が正解というのはなくて、たくさん魚がとれるポイン …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

ゴッホの名言 19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up