投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

投稿日:2016年12月19日 更新日:

カルビー WEBサイトはこちら

カルビーとは

子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。

1949年、広島で創業しました。

会社名の「カルビー」は、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わせが由来となっています。

  • ポテトチップス
  • プロ野球チップス
  • じゃがりこ
  • じゃがビー
  • かっぱえびせん
  • サッポロポテト
  • フルグラ
  • さやえんどう
  • ベジップス

おなじみの商品ばかりです。ロングセラー商品を、着実に増やしつづけています。

CEOの松本晃氏は、ジョンソン・エンド・ジョンソン代表取締役社長も務めた経営の達人です。財務の面でも安心でしょう。

カルビーの強み

カルビーの強みは、なんといっても老若男女に愛されているところでしょうか。幼児、小学生、中高生、大学生、フレッシュな社会人、中年サラリーマン、主婦、中高年のオジサンオバサン、お年寄り、すべての年齢層にはまっているんです。

甘いお菓子だけだと、どうしても女性や子供だけのものになってしまいますが、「ポテトチップス」や「さやえんどう」は、お酒との相性抜群ですからね。オジサンオバサンも含めて、ファン層があついんです。

最近は健康志向で朝食にフルグラを提案したりと、シリアルも絶好調ですね。

そんな優等生のカルビーではありますが、あともう一歩、もの足りないというか、全幅の信頼をもって投資できない何かがあります。

それは、「もしかしたら、カルビーという会社がなくなっても、世間の人々はさほど困らないんじゃないのか」という懸念です。

例を挙げます。

  • 「ポテトチップス」がなくなっても、コイケヤのポテトチップスがあるじゃないか。
  • 「フルグラ」がなくなっても、日清シスコの「ごろっとグラノーラ」があるじゃないか。
  • 「さやえんどう」がなくなっても、東ハトの「ビーノ」があるじゃないか。
  • さらには、国内に限らず、海外のお手軽なスナック菓子があるじゃないか。
  • (でもやっぱり「かっぱえびせん」だけはカルビー独自かな。)

カルビーというブランドの良さが、商品以外のところで表れてきたら、迷わず投資しますが、いまのところ少し離れて見まもっています。



関連記事

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)3

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 セブン銀行(84 …

気になっている30銘柄(2017年10月)

気になっている銘柄を30銘柄挙げます。 いまのところ保有はしてないけど、投資を検討したい銘柄です。ひとことずつコメントを添えました。 01:みずほフィナンシャルグループ(8411) 取得単価2万円弱。 …

銘柄ウォッチ「ミツカン(未上場)」

ミツカンホールディングス WEBサイトはこちら ミツカンホールディングスとは 「上場はしていないけど、もし上場したら投資してみたいなあ。」という企業がいくつかあります。 そのうちのひとつが「株式会社ミ …

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」2回目

カルビー WEBサイトはこちら カルビーとは カルビーは、おなじみのスナック菓子国内最大手の会社です。 2009年に米国ペプシコと資本提携して、北米、韓国でも展開しています。 ポテトチップスやじゃがり …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up