投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

投稿日:2016年12月19日 更新日:

カルビー WEBサイトはこちら

子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。

1949年、広島で創業。

会社名のカルビーは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わせが由来。

  • ポテトチップス
  • プロ野球チップス
  • じゃがりこ
  • じゃがビー
  • かっぱえびせん
  • サッポロポテト
  • フルグラ
  • さやえんどう
  • ベジップス

おなじみの商品ばかり。ロングセラー商品を、着実に増やしつづけています。

CEOの松本晃氏は、ジョンソン・エンド・ジョンソン代表取締役社長も務めた経営の達人。
財務の面でも安心でしょう。

カルビーの強みは、なんといっても老若男女に愛されているところでしょうか。幼児、小学生、中高生、大学生、フレッシュな社会人、中年サラリーマン、主婦、中高年のオジサンオバサン、お年寄り、すべての年齢層にはまっているんです。

甘いお菓子だけだと、どうしても女性や子供だけのものになってしまいますが、「ポテトチップス」や「さやえんどう」は、お酒との相性抜群ですからね。オジサンオバサンも含めて、ファン層があついんです。

最近は健康志向で朝食にフルグラを提案したりと、シリアルも絶好調ですね。

そんな優等生のカルビーではありますが、あともう一歩、もの足りないというか、全幅の信頼をもって投資できない何かがあります。それは、「もしかしたら、カルビーという会社がなくなっても、世間の人々はさほど困らないんじゃないのか」という懸念です。

たとえば

  • 「ポテトチップス」がなくなっても、コイケヤのポテトチップスがあるじゃないか。
  • 「フルグラ」がなくなっても、日清シスコの「ごろっとグラノーラ」があるじゃないか。
  • 「さやえんどう」がなくなっても、東ハトの「ビーノ」があるじゃないか。
  • さらには、国内に限らず、海外のお手軽なスナック菓子があるじゃないか。
  • (でもやっぱり「かっぱえびせん」だけはカルビー独自かな。)

どうでしょう。あくまで個人的な見解です。

カルビーというブランドの良さが、商品以外のところで表れてきたら、まよわず投資すると思うのですが、いまのところ、少し離れて見まもっています。



関連記事

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

「勝つ投資 負けない投資」

おすすめ度:★ 出版社 クロスメディア・パブリッシング 片山晃・小松原周 著 古本屋のブックオフに散歩がてらフラッと行ってみたら、この本がスタッフおすすめコーナーに置いてあったので買ってみました。 ス …

明日はマクドナルドの権利付最終売買日だけど、どうするカニ!?

明日2017年6月27日(火)は、6月か12月が決算の銘柄が、権利付最終売買日を迎えます。 ずっと買いたいと思っているマクドナルド(2702)も、いよいよ権利付最終売買日です。 さて、明日動くか、動か …

銘柄ウォッチ「Coca-Cola(KO)」

Coca-Cola WEBサイトはこちら コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら 世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。 市場でのティッカーはKO。 最近 …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 2011年ごろの東洋水産(2875)の株は、まだ売買単位が1,000株だったので(2016年現在は100 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up