投資を考える コラム

「損しないこと」が大切

投稿日:2016年12月11日 更新日:

ウォーレン・バフェットの言葉

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつに「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」という言葉があります。

(原文)
「Rule #1: Never lose money. Rule #2 : Never forget Rule #1.」

損をしなければ、絶対に負けることはない・・・まったく当たり前のことですが、投資の本質を語っていると思います。

損しないことと、儲けることは、似ているようで別物です。

儲けることを意識した投資

より大きなリターンを狙って、多少のリスクはとっていく投資。うまくいくかもしれませんが、投資を重ねるうちに、いつか大損する日が来ます。

損しないことを心がけた投資

リスクを常に意識し、暴落など起きた場合の対処を想定した投資。損しないということは、つまりは資産が減ることがない(または増える)ことになるので、大損することがありません。「損しないことを心がける」とは別の言い方をすると「欲ばらない」ことです。ほどほどの利益で満足し、深追いしない投資が、安全に投資を続けるコツです。

きびしい投資の世界で長年にわたって生き残るには、まずは大損しないことを意識しておくことが大事です。



関連記事

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

米国市場、絶好調ですね。 2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。 …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

銘柄ウォッチ「キユーピー(2809)」2回目

キユーピー WEBサイトはこちら キユーピーとは マヨネーズといえばキユーピー、ドレッシングといえばキユーピー。 キユーピーは、国内首位の調味料メーカーです。 調味料以外の事業も、サラダ、総菜、ジャム …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up