取引の記録 保有資産評価

保有資産評価(2016年12月11日): 813万円

投稿日:2016年12月11日 更新日:

定期的に投資資産をExcel等の表計算ソフトでグラフ化して、俯瞰で見直すようにしています。

こうやると、数値で客観的に資産を把握することができます。

上の表と円グラフは、2016年12月初旬の僕の資産です。

ここから分かることは、

  • 現金は、円とドル合わせて37%あるので、株価下落の場合のリスク対策としては十分だろう。
  • Coca-Colaとドル現金の保有鵜割合はほぼ同じなので、仮にCoca-Colaが暴落してもドル現金を使って同じ株数をナンピンすることで対処できそうだ
  • 国内銘柄(キユーピー、江崎グリコ、鳥貴族)は、1銘柄が全体資産の20%を超えないようにする、という自分ルールを設定しているが、いまのところは守れている。いちばん保有金額の多いキユーピーでも全資産の19%。

というようなことが見てとれます。

ひと月に1回程度、定期的に自分の資産の棚卸しをして、客観的なデータを見ながら、資産のリバランスをするのもいいですね。

僕がとくに気をつけているのは、「株の保有金額」と「買付余力現金」の割合です。

株をたくさん持ちすぎて現金がほとんどない状態だと、相場が暴落したとき何にも対処ができなくなり、指をくわえて見ているしかなくなります。

ある程度の現金は残しておくのを理想としています。どの程度の割合を現金で残しておけばよいのか?はむずかしい問題ですが、全資産の20%~30%は現金として持っておいていいんじゃないか、というのが持論です。

逆に現金を全資産の80%も90%も持っておく状態というのも、臆病すぎて「持たざるリスク」に対処できないので、あまり好ましくありません。あまりないことですが、相場が急騰したとき、その恩恵にあずかれなくなります。かなり上がったあとから買うのは天井づかみになりそうで買いにくくなりますし。

株式投資だけでなく何事もそうですが、バランスよく中庸をめざすのが、うまくコトを進めるコツだといえます。



関連記事

約定記録(2019年2月20日):売却(信用返売)

売却 売:日経225連動型ETF〔1321〕(100口)※信用返売 損益%: +0.6% 損益額: +13,000円 買値 : 21940円 売値 : 22070円 取引理由 売:日経225連動型ET …

ポートフォリオ(2017年12月22日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 200 -6.10%  icon-square カルビー 200 -7.74%   S&P500ETF 20 +2.68%   Co …

約定記録(2018年11月2日):売却

売却 売:リクルートホールディングス〔6098〕(300株) 損益%: +0.3% 損益額: +3,000円 買値 : 3060円 売値 : 3070円 売:225ミニ先物18年12月限(3枚)[日経 …

株主優待券もって、鳥貴族へ行ってきました!(2017年6月)

4月に届いた鳥貴族の株主優待券5000円分をにぎりしめ、嫁さんと二人で大阪市内の鳥貴族某店に行ってきましたので、レポートします。 鳥貴族の優待券が届いたときの過去ブログ記事はこちら 入店・注文 19時 …

約定記録(2018年4月4日):買付(信用買)

 icon-square 買付 買:キユーピー〔2809〕(100株)※信用買 買値 : 2517円  icon-square 取引理由 買:キユーピー〔2809〕(100株)※信用買 キユーピーが大 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up