投資を考える コラム

「ブランドは細部に宿る」投資する企業の見極め方

投稿日:2016年12月8日 更新日:

「ブランドは細部に宿る」とは

建築やデザインの業界では、「神は細部に宿る」「ブランドは細部に宿る」という言葉があり、「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにしてはならない」という意味で使われています。

元々は、ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエが使っていた言葉です。

企業のブランド価値も細部に宿る

自分の投資先企業を選ぶとき、四季報や専門家の分析を参考にするのもひとつの方法ですが、「細部をおろそかにしていないか?」に注目してみるのも面白いと思います。

たとえば食品業界の企業なら、

  • 企業WEBサイトに誤字脱字がないか?
  • サイトに社長の顔は掲載されているか?(会社の顔である社長の姿が見えない企業はイマイチ信用できません。)
  • 本社・工場の敷地内は清潔か、ゴミは落ちていないか?(これは実際に現地に足を運ばないと分からないですが、Google Mapで雰囲気はある程度わかるかもしれません。)
  • 社員は活き活きとしているか?
  • ネットでわるいクチコミが広がっていないか?(一概に信じてはいけないですが、ひとつの参考として。)
  • 商品の味は落ちていないか?

このうちのどれかに「ん?」と疑問符がつくようなら、投資先の選択肢から外すほうが無難です。

逆に、細部をおろそかにしていない誠実な企業は、きっと将来にわたって顧客に愛される企業だと思うので、応援していきたいです。

企業の細部を見ることは、海外の投資家にはなかなかできないことですので、国内の投資家の強みだといえます。


関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」を買って読んで、本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」のペ …

会社四季報チェック(2020年1集 新春号)

2019年12月14日に「四季報 2020年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グ …

株式投資は、臆病者が勝つゲームです

臆病者はリスク管理が上手 株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避 …

「株主優待 一覧」(野村證券のパンフレット)

(野村證券株式会社) 野村證券の株主優待パンフレットをご紹介します。 こんなかたにオススメ どんな企業が株主優待を行っているのか、まずは全体的に軽く知りたい ネット証券のサイトで、株主優待企業を検索す …

投資用語&投資指標の復習「PBR」

投資に関する用語や指標はいろいろありますが、いちど覚えたつもりでも忘れてしまうことがあるので、定期的に復習しておきます。 今回はメジャーな指標のPBRについて復習します。 「PBR」とは PBR(ピー …

2021/05/15:「運営者のプロフィール」公開
Scroll Up