投資を考える コラム

株式投資を何かにたとえると・・・

投稿日:2016年12月3日 更新日:

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、何かにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。

僕が思いついたものを3つご紹介します。

株式投資とは「漁」のようなもの

魚のとりかた(利益の出し方)はさまざま。自分にあった漁法を見つけること。

  • 養殖:長期保有で配当収入
  • 貝類採集:デイトレードで利益を積み重ね
  • 定置網漁法:網(スクリーニング)にひっかかった魚を根こそぎとる
  • マグロの一本釣り:誰も知らない100倍株を探し出し、一点買い
  • 密漁:インサイダー取引

株式投資とは「ダンジョンゲーム」のようなもの

地下迷宮や洞窟をすすんでいき、宝物や金塊をとりにいくダンジョンゲーム。

  • 地下1階にあるどこにでもあるコインをとって帰ってくるのを、何回も繰り返すもよし(デイトレード、スイングトレード)
  • 地下奥深くまで決死の覚悟ですすみ、ラスボスを倒し、一攫千金を狙うもよし(リスクの高い信用投資、ボロ株投資など)

たいせつなのは、ダンジョンから無事に帰ってくること。(利益確定)

途中で力尽きたらゲームオーバー。(保有株企業の倒産、信用取引で強制ロスカット)

ケガ(含み損失)したときのための回復薬(買付余力の現金)は必須アイテム。

株式投資とは「乗り物に乗る」ようなもの

目的地まで移動するための手段。ちゃんと乗りこなせたならとっても便利。

  • 着実に歩いていくもよし(優待目当ての少額投資)
  • 走るもよし(たくさんの銘柄に分散投資)
  • 自転車に乗るもよし。転んだらスリキズ(個別株に集中投資)
  • バイクに乗るもよし。事故ったら大ケガ(レバレッジのきいた信用取引)
  • F1カーに乗るもよし事故ったら生命のキケン(倒産寸前のボロ株に一点投資)

参考になれば幸いです。



関連記事

会社四季報チェック(2018年4集 秋号)3

2018年9月14日に「四季報 2018年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 日本取引所 …

ナンピンについて考える

投資家のみなさん、ナンピン買いしていますか? 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピン買いばかりして、ナンピン買いには大 …

株式投資の両建ては有効か? 検証してみた

僕はふだん「信用売り(空売り)」は行いません。 「買い」のみで取引するほうが頭の中がシンプルに整理されて、分かりやすいと思っているからです。 でも実は「両建て投資」というものにあこがれを持っていて、両 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

銘柄ウォッチ「朝日放送(9405)」

朝日放送 会社情報サイトはこちら 朝日放送とは 朝日放送は、関西在住の人にとっては、知らない人がいないくらい身近な会社です。 朝日放送のABCは「Asahi Broadcasting Corporat …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up