投資を考える コラム

株式投資を何かにたとえると・・・

投稿日:2016年12月3日 更新日:

a0001_017424

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、なにかにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。

勝手な妄想なので、ご参考までに。

 icon-asterisk 株式投資とは「漁」のようなもの

魚のとりかた(利益の出し方)はさまざま。自分にあった漁法を見つけること。

  • 養殖:長期保有で配当収入
  • 貝類採集:デイトレードで利益を積み重ね
  • 定置網漁法:網(スクリーニング)にひっかかった魚を根こそぎとる
  • マグロの一本釣り:誰も知らない100倍株を探し出し、一点買い
  • 密漁:インサイダー取引
  株式投資とは「ダンジョンゲーム」のようなもの

地下迷宮や洞窟をすすんでいき、宝物や金塊をとりにいくダンジョンゲーム。

  • 地下1階にあるどこにでもあるコインをとって帰ってくるのを、何回も繰り返すもよし(デイトレード、スイングトレード)
  • 地下奥深くまで決死の覚悟ですすみ、ラスボスを倒し、一攫千金を狙うもよし(リスクの高い信用投資、ボロ株投資など)

たいせつなのは、ダンジョンから無事に帰ってくること(利益確定)

途中で力尽きたらゲームオーバー(保有株企業の倒産、信用取引で強制ロスカット)

ケガ(含み損失)したときのための回復薬(買付余力の現金)は必須アイテム

  株式投資とは「乗り物に乗る」ようなもの

目的地まで移動するための手段。ちゃんと乗りこなせたならとっても便利。

  • 着実に歩いていくもよし(優待目当ての少額投資)
  • 走るもよし(たくさんの銘柄に分散投資)
  • 自転車に乗るもよし。転んだらスリキズ(個別株に集中投資)
  • バイクに乗るもよし。事故ったら大ケガ(レバレッジのきいた信用取引)
  • F1カーに乗るもよし事故ったら生命のキケン(倒産寸前のボロ株に一点投資)

妄想は尽きません。。。



関連記事

「世界一シンプルなバフェットの投資」

おすすめ度:★★★ アスペクト社 ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳 投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の投資手法をまとめた本で、僕が読んだ数々の投資本の中で、最もおすすめしたい一冊です! バフェ …

会社四季報チェック(2017年2集)2

3月17日に発売された四季報の中から、気になる銘柄をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 朝日放送(9405) 【小幅増益】住宅展示場の費用増重いがテレビはスポット広告の …

投資はすべて「%」で考えよう

投資家が二人いて、それぞれの投資資金は「10万円」と「100万円」とします。 このうち、株で1万円を儲けるのに有利なのは、どちらの人でしょうか? 答えはもちろん、より多くの資金を持っている「100万円 …

SBI証券サイトのおすすめ機能[同業種で売上高が近い銘柄]

SBI証券のサイトの「国内株式」で個別銘柄の情報を表示させたとき、最下部に「同業種で売上高が近い銘柄」という一覧があるんですが、これがけっこう使えます。 同業他社のライバル企業との比較がかんたんに行え …

銘柄を絞り込むメリット

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up