投資を考える コラム

株式投資を何かにたとえると・・・

投稿日:2016年12月3日 更新日:

a0001_017424

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、なにかにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。

勝手な妄想なので、ご参考までに。

 icon-asterisk 株式投資とは「漁」のようなもの

魚のとりかた(利益の出し方)はさまざま。自分にあった漁法を見つけること。

  • 養殖:長期保有で配当収入
  • 貝類採集:デイトレードで利益を積み重ね
  • 定置網漁法:網(スクリーニング)にひっかかった魚を根こそぎとる
  • マグロの一本釣り:誰も知らない100倍株を探し出し、一点買い
  • 密漁:インサイダー取引
  株式投資とは「ダンジョンゲーム」のようなもの

地下迷宮や洞窟をすすんでいき、宝物や金塊をとりにいくダンジョンゲーム。

  • 地下1階にあるどこにでもあるコインをとって帰ってくるのを、何回も繰り返すもよし(デイトレード、スイングトレード)
  • 地下奥深くまで決死の覚悟ですすみ、ラスボスを倒し、一攫千金を狙うもよし(リスクの高い信用投資、ボロ株投資など)

たいせつなのは、ダンジョンから無事に帰ってくること(利益確定)

途中で力尽きたらゲームオーバー(保有株企業の倒産、信用取引で強制ロスカット)

ケガ(含み損失)したときのための回復薬(買付余力の現金)は必須アイテム

  株式投資とは「乗り物に乗る」ようなもの

目的地まで移動するための手段。ちゃんと乗りこなせたならとっても便利。

  • 着実に歩いていくもよし(優待目当ての少額投資)
  • 走るもよし(たくさんの銘柄に分散投資)
  • 自転車に乗るもよし。転んだらスリキズ(個別株に集中投資)
  • バイクに乗るもよし。事故ったら大ケガ(レバレッジのきいた信用取引)
  • F1カーに乗るもよし事故ったら生命のキケン(倒産寸前のボロ株に一点投資)

妄想は尽きません。。。



関連記事

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはあるか?

昨年2016年に、はじめて信用取引(買い)をやってみました。 まだまだ勉強しながらですが、40回ほど信用取引して、いまのところ一度も損することなく取引できています。 手法としては、現物で保有している株 …

あたりまえのことを見失わない

株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがありますね。 「想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ」「アナリストによる市場予測」「不安をあおるニュース」などにうろたえ …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

銘柄ウォッチ「東洋水産(2875)」

東洋水産 公式サイトはこちら 東洋水産とは 東洋水産は、水産加工をはじめ、「マルちゃん」ブランドで知られる総合食品メーカーです。 事業内容は次のものがあります。 冷凍魚介類の仕入れ・加工・販売 即席麺 …

鳥貴族が、さらにさらに暴落

2018年9月13日(木)、再び鳥貴族が暴落しました。 前日比-4.89%。東証1部上場企業の値下がり率ランキング、堂々の15位でした。 何が原因で暴落したのか? 9月12日の15時に、2018年7月 …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up