投資を考える コラム

「上がって良し、下がって良しの株価かな」投資家 竹田和平さんの名言

投稿日:2016年12月1日 更新日:

竹田和平さんの名言

「上がってよし、下がってよしの株価かな。上がったら高く売れるからありがたい。下がったら安く買えるからありがたい。」

これは、今年の2016年7月に永眠された、日本の著名投資家竹田和平さんの名言です。

竹田さんは100社以上の上場企業の大株主であり、「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の代表取締役でもありました。竹田さんの言葉は、ほんと身にしみますね~。

「上がってよし、下がってよしの株価かな。」

スポンサーリンク

投資の本質

株価の上げ下げにとらわれず、企業を応援するつもりで株を持ちつづけて、のんびり配当をもらっていけばよい、というメッセージがこもった言葉です。これこそ投資の本質を表した言葉だと思います。

株式投資は、上がっても、下がっても、どっちに転んでもいいんです。

  • 株をもっている立場からすれば、株価が上がったらうれしい。儲かるから。
  • 株をもっていない立場からすれば、株価が下がったらうれしい。安く買えるから。
  • 株をもっていて、もともと「同じ株を買い増しても良い」と思っている立場からすれば、上がったら高く売れるからうれしいし、下がっても安く買い増せるからうれしい。

つまり、株を保有しつつ、株を買い増せるだけの現金比率を維持していれば、上がっても下がっても、どちらでもうれしいんです。

そう思っていれば、ゆったりした気分で投資できますね。


関連記事

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)2

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新年号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・ …

今週はイベント目白押しだったけど、結局相場は動かなかっタカ!(2018年6月17日)

6月7日(木)から来週6月15日(金)にかけて、けっこうビッグイベントが目白押しだったんですが、終わってみるとほとんど相場は動きませんでした。 どのイベントも想定内の結果だったため、サプライズがなく、 …

4つの証券会社の使い分けを決めました

現在、次の4つの証券会社に口座を開いています。 SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 でも、現状はSBI証券に資金が集中しています。 リスクヘッジの観点から、もっと資金を分散させた …

株式投資は、臆病者が勝つゲームです

臆病者はリスク管理が上手 株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避 …

米ドルで投資する「個別銘柄」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、個別株を選んでいき …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up