投資を考える コラム

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

投稿日:2016年12月1日 更新日:

上がってよし、下がってよしの株価かな。
上がったら高く売れるからありがたい。
下がったら安く買えるからありがたい。

今年7月に永眠された、投資家竹田和平さんの名言です。

100社以上の上場企業の大株主であり、「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の代表取締役でもあった竹田さんの言葉、ほんと身にしみますね~。
これこそ投資の本質を表した言葉だと思います。

上がっても、下がっても、どっちに転んでもいいんです。

株をもっている立場からすれば、株価が上がったらうれしい。儲かるから。
株をもっていない立場からすれば、株価が下がったらうれしい。安く買えるから。

そして、株をもっていて、もともと同じ株を買い増しても良いと思っている立場からすれば、上がったら高く売れるからうれしいし、下がっても安く買い増せるからうれしい。

つまり、株を保有しつつ、株を買い増せるだけの現金比率を維持していれば、上がっても下がっても、どちらでもうれしいんです。

そう思っていれば、ゆったりした気分で投資できますね。



関連記事

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

「日本経済新聞」

おすすめ度:★ 日本経済新聞社 やっぱり経済のことを知るなら、日経新聞ですね。160円。 僕は土曜日の日経新聞だけ、気が向いたときに買って読むようにしています。別刷版がついていてお得だし、一週間の経済 …

株式投資を何かにたとえると・・・

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、なにかにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。 勝手な妄想なので、ご参考までに。  icon …

「スノーボール ウォーレン・バフェット伝」(上・中・下)3巻

おすすめ度:★ アリス・シュローダー著 日経ビジネス人文庫 言わずと知れた著名投資家のウォーレン・バフェット氏。 2017年現在で86歳になりますが、まだまだ相場の第一線で活躍されています。 バフェッ …

「突然のにわか雨」=「突然の株価急落」

きのう4月21日金曜日の、朝8時頃のできごとです。 通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に、大阪市内では突然のにわか雨に見舞われました。 僕は通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょ …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up