投資を考える コラム

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

投稿日:2016年12月1日 更新日:

上がってよし、下がってよしの株価かな。

上がったら高く売れるからありがたい。

下がったら安く買えるからありがたい。

今年の2016年7月に永眠された、日本の著名投資家竹田和平さんの名言です。

100社以上の上場企業の大株主であり、「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の代表取締役でもあった竹田さんの言葉は、ほんと身にしみますね~。

「上がってよし、下がってよしの株価かな。」

株価の上げ下げにとらわれず、企業を応援するつもりで株をもちつづけて、のんびり配当をもらっていけばよい、というメッセージがこもった言葉です。

これこそ投資の本質を表した言葉だと思います。

株式投資は、上がっても、下がっても、どっちに転んでもいいんです。

  • 株をもっている立場からすれば、株価が上がったらうれしい。儲かるから。
  • 株をもっていない立場からすれば、株価が下がったらうれしい。安く買えるから。
  • そして、株をもっていて、もともと同じ株を買い増しても良いと思っている立場からすれば、上がったら高く売れるからうれしいし、下がっても安く買い増せるからうれしい。

つまり、株を保有しつつ、株を買い増せるだけの現金比率を維持していれば、上がっても下がっても、どちらでもうれしいんです。

そう思っていれば、ゆったりした気分で投資できますね。



関連記事

ブランドは細部に宿る

建築やデザインの業界では、 「神は細部に宿る」 「ブランドは細部に宿る」 という言葉があり、 「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにしてはならない」 という …

「初めての日経225先物(ミニ&ラージ)で稼ぎ方までわかる本 改訂版」

おすすめ度:★★ 田中彰・江口陽子 著 スタンダーズ株式会社 「日経225先物取引にすこし興味はあるんだけど、イマイチよく分からないんだなー。」 という方にオススメの本です。 僕も最近まで日経225先 …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユー …

失敗談「共立メンテナンス、狼狽売り」

株式投資をはじめて間もない2010年の話です。 「共立メンテナンス(9616)」に投資しました。 共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまたま泊まった時、そのサービスに感動 …

「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド・ザイ編集部 これから株式投資をはじめる方に、ぜひおすすめしたい本です。 投資に限らず、何か物事をはじめるときに最も効率的な方法は、全体像が見えて内容もかんたんな入門書 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up