投資を考える コラム

守備範囲の外には出ない

投稿日:2016年11月29日 更新日:

baseball-1513720_640

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。

この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)で詳しく解説していますので、引用します。

チャーリー・マンガーは机の上に「イン」「アウト」「難しすぎる」という見出しをつけた3つのボックスがある状況を想像すると言う。そして、マンガーとバフェットは、ほとんどの投資チャンスを「難しすぎる」のボックスに入れる。
あなたもバフェットと同じようなチェックリストをつくって、すべての条件が満たされたときにだけ投資するようにしよう。自分の守備範囲の外に出ないこと。たいていのチャンスは「難しすぎる」のボックスに入れ、自分が正しい分析をしたという十分な確信が生まれたときだけ行動しよう。自分の守備範囲のなかにあると確信したら、ためらわずに思い切りよく動こう。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去ブログはこちら

※チャーリー・マンガーは、バフェットと一緒に仕事をしている盟友です。

「自分の得意分野だけにこだわって勝負することが大事」ということだと思います。

僕の場合の守備範囲は、「自分が利用している製品・サービスを提供している企業へ投資」です。なのでこれまで投資してきたのは、身近に利用できる食品・外食・小売関係の銘柄がほとんどです。

逆に、守備範囲の外にあるのは

  • 新興市場銘柄への投資
  • FX(外国為替保証金取引)
  • 投資信託
  • 信用売り
  • 先物取引

などです。どれも魅力的で興味ある商品ではありますが、よく知らないまま投資するのはコワいので、いまのところ本格的に投資しようと思ったことはありません。

もし新しい投資にチャレンジするとすれば「信用売り」をやってみたいです。

株価が下がったら儲かる、というのはいったいどんな気分なのか、興味があります。



関連記事

GMOクリック証券口座の使い道を決めました

今年の2月に、新垣結衣ちゃんの広告に誘われて、GMOクリック証券の口座を開きました。 あれから半年がすぎましたが、結局GMOクリック証券では1回も取引することなく、いわゆる「休眠口座」になっていました …

投資の初心者が不安に感じること

2016年7月に、株式会社ネオマーケティングが「資産運用とお客様サポート」に関する調査結果を発表しています。 引用元:アイリサーチ「資産運用とお客様サポートに関する調査」記事はこちら 直近1年以内に株 …

「突然のにわか雨」=「突然の株価急落」

きのう4月21日金曜日の、朝8時頃のできごとです。 通勤ラッシュのピークを迎える時間帯に、大阪市内では突然のにわか雨に見舞われました。 僕は通勤中だったのですが、会社最寄りの市営地下鉄駅を出ると、ちょ …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up