投資を考える コラム

守備範囲の外には出ない

投稿日:2016年11月29日 更新日:

baseball-1513720_640

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。

この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)で詳しく解説していますので、引用します。

チャーリー・マンガーは机の上に「イン」と「アウト」と「難しすぎる」という見出しをつけた3つのボックスがある状況を想像すると言う。そして、マンガーとバフェットは、ほとんどの投資チャンスを「難しすぎる」のボックスに入れる。

あなたもバフェットと同じようなチェックリストをつくって、すべての条件が満たされたときにだけ投資するようにしよう。自分の守備範囲の外に出ないこと。

たいていのチャンスは「難しすぎる」のボックスに入れ、自分が正しい分析をしたという十分な確信が生まれたときだけ行動しよう。自分の守備範囲のなかにあると確信したら、ためらわずに思い切りよく動こう。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去ブログはこちら

※チャーリー・マンガーは、バフェットと一緒に仕事をしている盟友です。

「自分の得意分野だけにこだわって勝負することが大事」ということだと思います。

僕の場合の守備範囲は、「自分が利用している製品・サービスを提供している企業へ投資」です。なのでこれまで投資してきたのは、身近に利用できる食品・外食・小売関係の銘柄がほとんどです。

逆に、守備範囲の外にあるのは

  • 新興市場銘柄への投資
  • FX(外国為替保証金取引)
  • 投資信託
  • 信用売り
  • 先物取引

などです。どれも魅力的で興味ある商品ではありますが、よく知らないまま投資するのはコワいので、いまのところ本格的に投資しようと思ったことはありません。

もし守備範囲外の投資商品のなかで、新しい投資にチャレンジするとすれば「信用売り」をやってみたいです。

「株価が下がったら儲かる」というのはいったいどんな気分なのか、興味があります。



関連記事

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

(ソーテック社) 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。他の人の「株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、コワくて手 …

銘柄ウォッチ「日本取引所グループ(8697)」

日本取引所グループ WEBサイトはこちら 最近、日本取引所グループの株を100株買いました。優待券が目当てです。 買ったものの、あまりこの会社のことを知らなかったので、この機会に調べてみました。 日本 …

ナンピンについて考える

投資家のみなさん、ナンピン買いしていますか? 僕はナンピン買いばかりしています。 ナンピン買いできなかったら投資をやっていないんじゃないかと思うくらい、いつもナンピン買いばかりして、ナンピン買いには大 …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)3

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新年号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 カルビ …

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

  2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように! 当サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。 今年は空売りに挑戦 今年は相場格言で「申 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up