取引の記録 取引分析

取引記録Excel管理表

投稿日:2016年11月28日 更新日:

2016-11-28_22h10_05

上の表は、僕が株式取引を管理しているExcel表の一部です。

投資をはじめてからずっと、このExcelで管理しています。管理が簡単で分かりやすいよういろいろと試行錯誤して、このスタイルに落ち着きました。

  • 白色の行は、いま保有している銘柄
  • 灰色の行は、すでに取引(買付と売却)が終わった銘柄

となっています。

Excelで記録しつづけるメリットとしては

  1. 自分の取引を冷静に見ることができる
  2. 蓄積したデータを使って取引傾向を分析できる(平均有日数、年間損益、損益率分布、銘柄別損益、などをかんたんな数式やグラフで作成できる)
  3. 利益が積みかさなっていく様子を眺めるのがキモチいい(これはオマケ)

ということが挙げられます。

管理を続けるコツは、取引手数料や税金や配当金などの細かい数字は気にせずに、単純に買値と売値と約定日付だけを記録していくことです。あまり細かく管理すると、イヤになって長続きませんからね。

それに、手数料や税金を考慮して、実際にどの程度儲かっているかは、どんぶり勘定でおおまかに把握できます。

まず、取引で得た利益のなかから20%が税金で引かれます。そして、たまにもらう配当金と、証券会社に払う取引手数料がプラスマイナスゼロくらいなので、結果として利益の7~8割程度が手元に残る、と考えていればよいと思います。

このExcel管理表を使ってみたい方のために、各セルの詳しい設定値です。

【参考】取引記録Excel管理表の各セル設定値
A列「銘柄」:手入力
B列「コード」:手入力
C列「買付日」:手入力
D列「買値」:手入力
E列「売却日」:手入力
F列「売値」:手入力
G列「日数」:数式「=E2-C2+1」
H列「損益率」:数式「=(F2/D2)-1」セルの書式設定「[黒]0.0%;[赤]-0.0%」
I列「損益額」:数式「=F2-D2」セルの書式設定「[黒]#,##0_ ;[赤]-#,##0」上の数式の「=E2-C2+1」などのセル名は、Excelの2行目の場合の値です。
3行目以降はセル名は
「=E3-C3+1」
「=E4-C4+1」
「=E5-C5+1」
などに変わっていきます。

パソコンは持っているけど、Microsoft Officeを持っていない方は、フリーソフトの「Open Office」や「Libre Office」、廉価版の「Kingsoft Office」などでも十分対応できる簡単な数式です。

Excel管理表の詳しい作成方法や運用ルールは、以下のリンクからどうぞ。

Excel管理表を使った分析の実例記事は、以下のリンクからどうぞ。

【参考】取引記録Excel管理表を使った取引傾向分析の実例記事


関連記事

約定記録(2019年3月11日):売却

売却 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損益%: +0.5% 損益額: 1,010円 買値 : 1965.0円 売値 : 1975.1円 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損益%: + …

ポートフォリオ(2018年7月6日)

マーケット概況 日経平均 21,788円 NYダウ $24,356 米ドル/円 110.6円 保有銘柄の株数と含み損益% 銘柄 株数 含み損益 ■江崎グリコ 400 -12.50% ■コカ・コーラBJ …

約定記録(2017年10月26日):売却

 icon-square 売却 S&P500ETF(30株) 損益%: +5.7% 損益額: +$414 買値 : $241.18 売値 : $255.00  icon-square 取引理由 …

保有資産評価(2018年04月30日): 1,007万円

資産状況 2018年4月末の資産は1,007万円でした! 2018年3月末が992万円だったので、前月比+15万円の増でした。 次の要因で増えました。 信用取引の短期売買で、約4万円の売買益があった …

ポートフォリオ(2019年2月22日)

マーケット概況 日経平均 21,425円 NYダウ $25,850 米ドル/円 110.7円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 899 48 ■SBI(ドルを円換算) 92 9 合計 9 …

2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
Scroll Up