投資を考える コラム

サラリーマンは昼休みに取引する

投稿日:2016年11月27日 更新日:

pp_gyoumuyoutokei_tp_v

僕の本業はサラリーマンです。

株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっております。

サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内勤サラリーマンなので、取引できる時間は限られています。

東証の取引時間と、僕の勤務時間の比較です。

東京証券取引所の取引時間

09:00~11:30 前場
11:30~12:30 昼休み
12:30~15:00 後場

会社の勤務時間

09:00~12:00 本業の仕事
12:00~13:00 昼休み
13:00~18:00 本業の仕事

つまり、「東証の取引時間」と「会社の昼休み」が重なっている12:30~13:00の30分間でしか、リアルタイムに取引できません

僕の場合、ほとんどの取引を、この30分間で行っています。(たまに、前場が始まる前に希望的観測で指値注文を入れておき、運よくそれが約定される場合もありますが、ごくまれです。)

本業の昼休みの12:00になったら、株価の状況を確認し、昼食をとりながら戦略を練ります。そして12:30に後場が始まったら、スマホでサクッと取引します。

サラリーマン投資家のみなさんは、だいたいこんな感じで取引してるんでしょうか?

9時台の、いちばん取引が活況な時間帯はとっくに過ぎているので、12:30からの後場は、静かな相場のことが多いです。

そういう、朝から取引できないことが投資のハンデになっているかというと、そうは思いません。むしろ後出しジャンケンの要領で、前場で下がりきった株を拾い買いできていることが多いような気がします。



関連記事

守備範囲の外には出ない

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。 この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アス …

株式投資は、後出しジャンケンで勝てます

よく「株は連想ゲームだ」と言われます。「大風吹けば桶屋が儲かる」の発想で、何か事件が起こったとき、需要が増えそうなものを連想し、それを提供する企業の株を先回りして買っておく、という発想です。 また、投 …

銘柄ウォッチ「キユーピー(2809)」

キユーピー WEBサイトはこちら 「マヨネーズ・ドレッシングの会社といえば?」と聞くと、誰もが「キユーピー!」と答えるくらい日本の食卓に欠かせない企業。 スーパーマーケットを歩いていると、「マヨネーズ …

会社四季報チェック(2017年2集 春号)2

3月17日に発売された四季報の中から、気になる銘柄をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 朝日放送(9405) 【小幅増益】住宅展示場の費用増重いがテレビはスポット広告の …

「株主優待 一覧」(野村證券のパンフレット)

おすすめ度:★ 野村證券株式会社 これから株主優待券銘柄へ投資を検討される方におすすめです。 どんな企業が株主優待を行っているのか、まずは全体的にかるく知りたい ネット証券のサイトで、株主優待企業を検 …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up