投資を考える コラム

サラリーマンは昼休みに取引する

投稿日:2016年11月27日 更新日:

pp_gyoumuyoutokei_tp_v

僕の本業はサラリーマンです。

株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっています。

サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内勤サラリーマンなので、取引できる時間は限られています。

サラリーマンの僕がリアルタイム取引できる時間帯

東証の取引時間と、僕の勤務時間の比較です。

東京証券取引所の取引時間

09:00~11:30 前場
11:30~12:30 昼休み(取引はやってない)
12:30~15:00 後場

会社の勤務時間

09:00~12:00 本業の仕事
12:00~13:00 昼休み(リアルタイム取引可能な時間帯)
13:00~18:00 本業の仕事

「東京証券取引所が取引していている時間帯」と「僕がリアルタイム取引可能な時間帯」が重なるのは、12:30~13:0030分間だけとなります。

昼の30分間だけで取引するのは不利か?

僕の場合、ほとんどの取引を、この12:30~13:00の30分間で行っています。

たまに、前場が始まる前に希望的観測で指値注文を入れておき、運よくそれが約定される場合もありますが、ごくまれです。

本業の昼休みの12:00になったら、株価の状況を確認し、昼食をとりながら戦略を練ります。そして12:30に後場が始まったら、スマホでサクッと取引します。

サラリーマン投資家のみなさんは、だいたいこんな感じで取引してるんでしょうか?

9時台の、いちばん取引が活況な時間帯はとっくに過ぎているので、12:30からの後場は、静かな相場のことが多いです。

朝からリアルタイムに取引できないことが投資のハンデになっているかというと、そうは思いません。

むしろ後出しジャンケンの要領で、前場で下がりきった株を拾い買いできていることが多いです。



関連記事

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

あたりまえのことを見失わない

投資では冷静さを失いがち 株式投資に没頭していると、自分では気づかないうちに冷静さを失っていることがあります。 想像を超えた事件や事故による株価の上げ下げ アナリストによる市場予測 不安をあおるニュー …

先物・オプション取引を独学する[3]書籍(日経225先物② 取引方法&投資手法)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

失敗談「共立メンテナンス、狼狽売り」

株式投資をはじめて間もない2010年、「共立メンテナンス(9616)」に投資して失敗した話です。 共立メンテナンスに投資した理由 共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまた …

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」を買って読んで、本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」のペ …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up