投資を考える コラム

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

投稿日:2016年11月27日 更新日:

売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう!

僕の取引失敗談です。

東洋水産(2875)を買い、逆指値売り注文

2011年ごろの東洋水産(2875)の株は、まだ売買単位が1,000株だったので、最小購入可能金額が200万円もしました。(2016年現在は100株単位になっています。)

かなりの額でしたが、思いきって2080円(×1,000株=208万円)で株を買いました。

買った直後に、値下がりのリスク回避として、逆指値で売り注文を入れておきました。

※逆指値注文とは、株価がある価格になったら買いか売りを自動的に発動させる注文の仕方です。

売り注文と同時に、なぜか約定通知メールが来た

逆指値売り注文を出したあと、なぜかすぐに売却約定通知メールが来ました。それを見てガクゼンとしました!

「逆指値:現在値が2060円以下になった時点で指値2060円で売り執行」

で注文したつもりが

「指値:2060円で売り執行」

で売り注文を出してしまっていたのです!

結局、買ってすぐに2066円で売りが約定してしまった!

これが誤発注というものか!

株を買って、たった1分で1万4,000円の損失確定となってしまいました!

ちょっとした間違いで、自分の資産が減ってしまったことにショックを受けました。

1万4,000円といえば、いろんなことができるお金です。3回は飲みにいけます。スーパー銭湯に15回は行けます。500円のお弁当が28食分食べられます!

誤発注の防止策

クリックひとつで大きなお金が動いてしまうという、インターネット取引のコワさを知りました。

この事件以来、僕は注文時に入力内容をひとつひとつ(心の中で)指差し確認してからクリックするように心がけています。

みなさんもインターネット証券での取引注文には十分ご注意ください!



関連記事

「株主優待 一覧」(野村證券のパンフレット)

(野村證券株式会社) 野村證券の株主優待パンフレットをご紹介します。 こんなかたにオススメ どんな企業が株主優待を行っているのか、まずは全体的に軽く知りたい ネット証券のサイトで、株主優待企業を検索す …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 著名な投資家ウォーレン・バフェットは、こう言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者が …

江崎グリコの決算短信(2017年3月通期)

2017年5月15日に江崎グリコの通期決算短信が発表されました。 全体的にわるくない内容だと思いました。 中国での売上が前期比減となった点だけが気になります。 市場の予想を上回り、明日以降で株価が上昇 …

1,000万円で何ができるか考えてみた

2018年1月現在、僕は1,000万円の投資用資産を持っています。 この1,000万円は、将来的に生活費にあてる予定のない、自由に使えるお金です。 「もし仮に、いま株式投資をやめてしまって、この1,0 …

次に買いたいのは、この株主優待銘柄です

投資資金の10%を入金している楽天証券口座を「株主優待銘柄を単元株保有する」という目的で利用しています。 現在「コカ・コーラBJI(2579)」「朝日放送(9405)」を100株ずつ保有しています。 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up