投資を考える おすすめ投資本

週刊「日経ヴェリタス」

投稿日:2016年11月26日 更新日:

dsc01485
おすすめ度:
日本経済新聞社

高いっ!新聞が550円って!

しかも売っているところが少ない!駅のコンビニでたまにみかけるくらい。

という超セレブなこの新聞は、投資専門情報が全64ページと、堂々のボリュームです。

ちなみにヴェリタスとはラテン語で「真理」(veritas)のことだそうです。

高くて毎週は買えないので、表紙の特集タイトルがおもしろそうなときだけ買うようにしています。

上の写真は、2016年8月21日~27日版のもので、特集は「資産1億円への道」。
タイトルがそそりますね。

記事によると、日本の「資産1億円以上」の世帯は100万世帯あり、全体の2%だそうです。50世帯に1世帯は1億円もっていることになり、意外と多いなあという印象です。
また、富裕層700人に調査したところ、車はトヨタが人気で、セイコーかロレックスの時計をしている人が多いそうです。

こんな感じで、独自の統計を元にした記事を展開してくれるのが、日経ヴェリタスの特徴です。もちろん、その情報をどう読み解き、投資に生かすかは読者次第です。

余談ですが、読みおわった日経ヴェリタスは、野菜を冷蔵庫に保存して入れる時に、野菜をくるむのにちょうど良い大きさなんですよね。紙質もしっかりしているので、これホントおすすめです。

Amazon:日経ヴェリタス 2016年8月21日号

Amazon:「日経ヴェリタス」での検索結果



関連記事

甘い投資話には気をつけましょう

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがありますよね。 「とても信用できる友人から新規上場株の投資話を持ち …

銘柄ウォッチ「日本マクドナルドホールディングス(2702)」

マクドナルド WEBサイトはこちら 「株主優待 おすすめ」「株主優待 ランキング」等で検索すると、かならず上位に入っているのが、マクドナルドの優待食事券です。 半年に1度、6枚つづりの食事券が1冊買え …

「見つめる鍋は煮えない」(カルビーとマクドナルドの株価のこと)

「見つめる鍋は煮えない」ということわざを最初に思いついた人はすごいなと思います。 待っている時間は非常に長く感じられるため、なかなか鍋が煮えないように感じる 何度も鍋のフタを開けていたら、なかなか火が …

失敗談「オリンパス株大暴落で」

5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。 (Wikipediaより抜粋)オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期にわたって隠し続けた末に、負債を粉飾決 …

おすすめの証券会社は「SBI証券」

いくつかの大手証券会社に口座を開いているんですけど、そのなかでいちばんのオススメは「SBI証券」です。株式投資をはじめて以来、ずっとメイン口座として利用しています。 オンライン取引の先駆け的存在で、口 …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up