投資を考える コラム

株との出会い

投稿日:2016年11月26日 更新日:

boushi

株をはじめたきっかけの話です。

株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。

あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。

それまでの僕は、株式投資とはまったく無縁な人間でした。

それどころか、株をやってる人といえば「いかがわしいことやって金もうけしてるずる賢いヤツ」というネガティブなイメージさえ持っていました。

ある日、同世代の仕事仲間と二人で飲みに行く機会があり、新聞を読んでいるかどうかという話になって、そのとき彼がこんなことを言いました。

「新聞は、真ん中の株価欄のところがいちばんおもしろい!」

株価欄がおもしろいだって?僕もいちおうビジネスマンの端くれなので、新聞はたまに読んではいましたが、株価欄のあの数字の羅列だけは興味がもてず、いつもすっ飛ばしていました。だから彼の言葉は新鮮でした。

聞くと、彼はサラリーマンのかたわら、じつは数千万円を動かす個人投資家だということをはじめて知りました。だから、株価欄は常にチェックしているということでした。

「でも、いったい株の何がおもしろいんだろう。」と、そこから株に対する興味がわいてきて、自分で本を買って勉強したりネットで調べたりして、投資をはじめることになり、いまに至っています。

今では僕も、新聞でいちばん面白いのは株価欄や企業決算のページだと思うほど、株にのめり込むようになりました。

株価欄がいちばんおもしろい理由ですが、僕の理由は次のとおりです。

  • 自分が身銭を投じている銘柄のニュースというのは、世間のどんなトップニュースよりも気になるニュースだから、株価欄がいちばんおもしろい。
  • 株価欄の数字は、ただの数字の羅列ではなく、「投資家の心理」や「経済活動のダイナミズム」を映し出しているものだから、数字から人間が見えてくる。だから株価欄がいちばんおもしろい。


関連記事

ブランドは細部に宿る

建築やデザインの業界では、「神は細部に宿る」「ブランドは細部に宿る」という言葉があり、「良い作品、良い仕事は細かいところにこだわって作られている、ディテールをおろそかにしてはならない」という意味で使わ …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」

カルビー WEBサイトはこちら 子供から大人までみーんな大好き、スナック菓子の王様「カルビー」。 1949年、広島で創業。 会社名のカルビーは、カルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」の組み合わ …

Jリーグのスポンサーへの投資を検討する

昨日、Jリーグの試合を観てきました! 昨日7月22日(土)は、大阪市東住吉区にあるヤンマースタジアム長居に行って「セレッソ大阪vs浦和レッズ」の試合を観てきました。 試合結果は4-2でセレッソの勝利で …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

銘柄を絞り込むメリット

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up