投資を考える コラム

株との出会い

投稿日:2016年11月26日 更新日:

boushi

株をはじめたきっかけの話です。

株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。

あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。

それまでの僕は、株式投資とはまったく無縁な人間でした。

それどころか、株をやってる人といえば「いかがわしいことやって金もうけしてるずる賢いヤツ」というネガティブなイメージさえ持っていました。

ある日、同世代の仕事仲間と二人で飲みに行く機会があり、新聞を読んでいるかどうかという話になって、そのとき彼がこんなことを言いました。

「新聞は、真ん中の株価欄のところがいちばんおもしろい!」

株価欄がおもしろいだって?僕もいちおうビジネスマンの端くれなので、新聞はたまに読んではいましたが、株価欄のあの数字の羅列だけは興味がもてず、いつもすっ飛ばしていました。だから彼の言葉は新鮮でした。

聞くと、彼はサラリーマンのかたわら、じつは数千万円を動かす個人投資家だということをはじめて知りました。だから、株価欄は常にチェックしているということでした。

「でも、いったい株の何がおもしろいんだろう。」と、そこから株に対する興味がわいてきて、自分で本を買って勉強したりネットで調べたりして、投資をはじめることになり、いまに至っています。

今では僕も、新聞でいちばん面白いのは株価欄や企業決算のページだと思うほど、株にのめり込むようになりました。

株価欄がいちばんおもしろい理由ですが、僕の理由は次のとおりです。

  • 自分が身銭を投じている銘柄のニュースというのは、世間のどんなトップニュースよりも気になるニュースだから、株価欄がいちばんおもしろい。
  • 株価欄の数字は、ただの数字の羅列ではなく、「投資家の心理」や「経済活動のダイナミズム」を映し出しているものだから、数字から人間が見えてくる。だから株価欄がいちばんおもしろい。


関連記事

明日は権利付最終売買日だけど、どうするカニ!?

明日、2017年3月28日(火)は、3月の権利付最終売買日ですね。 さて、動くか、動かないか、どうするカニ!? 手持ちの株のなかでは、江崎グリコ(2206)が3月に権利確定で、これは保有のままで決まり …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユー …

先物・オプション取引を独学する[6]WEBサイト

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 これまで書籍で勉強してきて、日経225先物取引はある程度理解することができましたが、オプション取引はあまり理解できていませんでした。 最終 …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

4つの証券会社の使い分けを決めました

  SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 現在、この4つの証券会社に口座を開いています。 でも、現状はSBI証券に資金が集中してしまっています。 もっと資金を分散させたほ …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up