投資を考える コラム

どの銘柄を選べばよいのか!?

投稿日:2016年11月24日 更新日:

fruit-428057_640

国内の取引所に上場している約3500もの会社の中から、いったいどの銘柄を選んで投資すればよいのでしょうか?

投資手法や好みによって、人それぞれにこだわりをもっていると思いますが、中期投資の僕にとっての銘柄選別基準は、次のとおりです。

  1. その企業の商品やサービスを気に入っていて、よく利用している
  2. その企業を応援したいと思っている
  3. 自社のWEBサイトが個性的で使いやすく、文章を読まなくてもクリックしていろんな画面を見ているだけで遊べ、画面操作にストレスがない
  4. 自社WEBサイトに、ファビコンが設定されている
  5. 同業他社と比較し、営業利益率が高い

「3.」「4.」はあまり聞かないものだと思いますが、企業のWEBサイトというのは、その会社の看板、すなわち顔だと思います。

顧客のことを考え、自分たちの事業を誠実に紹介しているWEBサイトは好感がもてますし、きっと末永く愛される企業だと思うので、銘柄選別の基準にしています。

で、いまのところの選別結果は

  • キユーピー(2809)
  • 江崎グリコ(2206)
  • 鳥貴族(3193)

となっています。

もちろん、これからもずっとこの3銘柄だけに投資するとは限りません。

上に挙げた基準を満たさなくなったら、別の銘柄に切り替えることになります。

「銘柄選別」は、自分の大切なお金を預ける企業を選ぶという重要な作業です。吟味に吟味を重ねて、納得した企業だけに投資することが大事です。



関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。 本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」です。 予測した …

守備範囲の外には出ない

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。 この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アス …

失敗談「丸井グループ誤発注」

ひさしぶりにヤッてしまいました。 誤発注注文で5,190円の損をしてしまいました。 丸井グループを100株買っていて、買値より高めの指値注文したつもりが、5,000円も低い指値をしてしまい、あっという …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

昨日の3月27日は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していたのですが、フタを開けてみると日経平均は200円以上戻して19,202円で終わりました。 …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up