投資を考える コラム

株価が下がったとき、どうするのが正解なのか?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ccs76164913_tp_v

株を買うとき、人は誰しも「この株の株価は、今後上がるだろう」と思って買います。

しかしながら、そのようにして買った株のすべてが上がるとはかぎりません。

むしろ買ったあとで株価が下がることのほうが多いです。

保有株の株価が下がったとき、いったいどう行動するのが正解なのでしょうか?

株価が下がったときの行動パターン

株価が下がったとき行動を、いくつかのパターンに分けて考えてみましょう。

① 狼狽売り(損切り)をする

「ヤバい。下がってる。xx万円も損しているじゃないか。これ以上損するのは耐えられないから売ろう。」

「このまま放っておいたら、まだまだ下がるかもしれない。これ以上損が大きくならない今のうちに売って、損失を最小限にとどめておこう。」

と、損切りする行動です。

② すぐにナンピン買いをする

「自分が信じて買った株だ。ガンガン買い増すぞ。」

「安くなったんだから今がチャンス。今後株価が反発するとしたら、いま買っておいたほうが得だから、もっと買っておこう。」

と、含み損を抱えた株をさらに買い増して、平均取得単価を下げる手法がナンピン買いです。

③ しばらくの間、なんにもしない

「株価が下がったけど、このあとの展開が分からないから、もう少し様子を見てみよう。」

「株価を見なかったことにして、とりあえず放っておこう。」

と、何のアクションも起こさずジッとしている行動です。

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

「①狼狽売り(損切り)をする」「②すぐにナンピン買いをする」といった行動をとってしまうと、たいてい泥沼にはまって大損します。株をはじめたばかりの頃の僕がそうでした。(いまでもたまに同じような失敗をやってしまいますが・・・。)

こんなときにとるべき行動、それは、「③しばらくの間、なんにもしない」です。これがベストな行動です。

なぜなら、

  • なんにもしないうちに株価が上がって、元の株価に戻ったとしたら、それは自分にとって良いこと
  • なんにもしないうちに株価が下がって、さらに安く買えるようになったとしたら、そのときこそ絶好の買い時なので、それも自分にとって良いこと

だからです。

つまり、たとえ株価が下がったとしても、「時間がたつことによって、自分にとって有利な状況が必ず生まれる」のです。

投資は「ジッと待つことができるかどうか」が肝心です。投資をしていく中で、「いったいどこまで株価が下がったら、絶好の買いどきなのか?」「下落していく株価の底値はどこなのか?」という判断は、とてもむずかしいです。

だから、下手に動くよりも、ジッと待っていたほうがよいです。



関連記事

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

投資は一塁走者のように

負けない投資をしたいなら、野球の「一塁走者」の気持ちで投資しましょう。 野球の一塁走者が気をつけること 一塁走者は、一塁ベースから離れてリードをとります。このとき、一塁への牽制球を警戒しつつ、二塁への …

銘柄ウォッチ「Amazon.com(AMZN)」

Amazon(米国) WEBサイトはこちら Amazon(日本) WEBサイトはこちら Amazon.comとは 超巨大通販サイト、Amazon.com(アマゾンドットコム)。 ティッカーは「AMZN …

「勝つ投資 負けない投資」

(出版社 クロスメディア・パブリッシング、片山晃・小松原周 著) 古本屋のブックオフに散歩がてらフラッと行ってみたら、この本がスタッフおすすめコーナーに置いてあったので買ってみました。 スーパー個人投 …

銘柄ウォッチ「Procter&Gamble(PG)」

Procter&Gamble(米国) WEBサイトはこちら Procter&Gamble(日本) WEBサイトはこちら Procter&Gambleとは 日用消費財のグローバル …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up