投資を考える コラム

株価が下がったとき、どうするのが正解なのか?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ccs76164913_tp_v

株を買うとき、人は誰しも「この株の株価は、今後上がるだろう」と思って買います。

しかしながら、そのようにして買った株のすべてが上がるとはかぎりません。

むしろ買ったあとで株価が下がることのほうが多いです。

保有株の株価が下がったとき、いったいどう行動するのが正解なのでしょうか?

株価が下がったときの行動パターン

株価が下がったとき行動を、いくつかのパターンに分けて考えてみましょう。

① 狼狽売り(損切り)をする

「ヤバい。下がってる。xx万円も損しているじゃないか。これ以上損するのは耐えられないから売ろう。」

「このまま放っておいたら、まだまだ下がるかもしれない。これ以上損が大きくならない今のうちに売って、損失を最小限にとどめておこう。」

と、損切りする行動です。

② すぐにナンピン買いをする

「自分が信じて買った株だ。ガンガン買い増すぞ。」

「安くなったんだから今がチャンス。今後株価が反発するとしたら、いま買っておいたほうが得だから、もっと買っておこう。」

と、含み損を抱えた株をさらに買い増して、平均取得単価を下げる手法がナンピン買いです。

③ しばらくの間、なんにもしない

「株価が下がったけど、このあとの展開が分からないから、もう少し様子を見てみよう。」

「株価を見なかったことにして、とりあえず放っておこう。」

と、何のアクションも起こさずジッとしている行動です。

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

  • ①狼狽売り(損切り)をする
  • ②すぐにナンピン買いをする

といった行動をとってしまうと、たいてい泥沼にはまって大損します。

株をはじめたばかりの頃の僕がそうでした。(いまでもたまに同じような失敗をやってしまいますが・・・。)

こんなときにとるべき行動、それは、

  • ③しばらくの間、なんにもしない

です。これがベストな行動です。

なぜなら、

  • なんにもしないうちに株価が上がって、元の株価に戻ったとしたら、それは自分にとって良いこと
  • なんにもしないうちに株価が下がって、さらに安く買えるようになったとしたら、そのときこそ絶好の買い時なので、それも自分にとって良いこと

だからです。

つまり、たとえ株価が下がったとしても、

時間がたつことによって、自分にとって有利な状況が必ず生まれる

のです。

投資は「ジッと待つことができるかどうか」が肝心です。

投資をしていく中で、

「いったいどこまで株価が下がったら、絶好の買いどきなのか?」

「下落していく株価の底値はどこなのか?」

という判断は、とてもむずかしいです。

だから、下手に動くよりも、ジッと待っていたほうがよいです。



関連記事

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りには、次のリスクが考えらます。 株価 …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

昨日の3月27日は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していたのですが、フタを開けてみると日経平均は200円以上戻して19,202円で終わりました。 …

甘い投資話には気をつけましょう

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがありますよね。 「とても信用できる友人から新規上場株の投資話を持ち …

2019/12/03:メニュー「運用成績」更新
2019/11/01:メニュー「運用成績」更新
2019/10/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up