投資を考える コラム

株価が下がったとき、どうするのが正解なのか?

投稿日:2016年11月20日 更新日:

ccs76164913_tp_v

株を買うとき、人は誰しも「この株の株価は、今後上がるだろう」と思って買います。

しかしながら、そのようにして買った株のすべてが上がるとはかぎりません。

むしろ買ったあとで株価が下がることのほうが多いです。

保有株の株価が下がったとき、いったいどう行動するのが正解なのでしょうか?

株価が下がったときの行動パターン

株価が下がったとき行動を、いくつかのパターンに分けて考えてみましょう。

① 狼狽売り(損切り)をする

「ヤバい。下がってる。xx万円も損しているじゃないか。これ以上損するのは耐えられないから売ろう。」

「このまま放っておいたら、まだまだ下がるかもしれない。これ以上損が大きくならない今のうちに売って、損失を最小限にとどめておこう。」

と、損切りする行動です。

② すぐにナンピン買いをする

「自分が信じて買った株だ。ガンガン買い増すぞ。」

「安くなったんだから今がチャンス。今後株価が反発するとしたら、いま買っておいたほうが得だから、もっと買っておこう。」

と、含み損を抱えた株をさらに買い増して、平均取得単価を下げる手法がナンピン買いです。

③ しばらくの間、なんにもしない

「株価が下がったけど、このあとの展開が分からないから、もう少し様子を見てみよう。」

「株価を見なかったことにして、とりあえず放っておこう。」

と、何のアクションも起こさずジッとしている行動です。

株価がさがったとき、どうするのが正解なのか?

「①狼狽売り(損切り)をする」「②すぐにナンピン買いをする」といった行動をとってしまうと、たいてい泥沼にはまって大損します。株をはじめたばかりの頃の僕がそうでした。(いまでもたまに同じような失敗をやってしまいますが・・・。)

こんなときにとるべき行動、それは、「③しばらくの間、なんにもしない」です。これがベストな行動です。

なぜなら、

  • なんにもしないうちに株価が上がって、元の株価に戻ったとしたら、それは自分にとって良いこと
  • なんにもしないうちに株価が下がって、さらに安く買えるようになったとしたら、そのときこそ絶好の買い時なので、それも自分にとって良いこと

だからです。

つまり、たとえ株価が下がったとしても、「時間がたつことによって、自分にとって有利な状況が必ず生まれる」のです。

投資は「ジッと待つことができるかどうか」が肝心です。投資をしていく中で、「いったいどこまで株価が下がったら、絶好の買いどきなのか?」「下落していく株価の底値はどこなのか?」という判断は、とてもむずかしいです。

だから、下手に動くよりも、ジッと待っていたほうがよいです。


関連記事

「日本経済新聞」は投資情報の王道

(日本経済新聞社) やっぱり経済のことを知るなら、日本経済新聞ですね。 投資情報誌の王道です。 コンビニで買ったら160円です。 土曜日に日経新聞を買う 僕は気が向いたとき、土曜日の日経新聞を買って読 …

投資はとにかくシンプルがいちばん!

投資を複雑にしてしまう要因 著名な投資家ウォーレン・バフェットは、こう言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者が …

最近気になっている10銘柄(2018年8月)

最近気になっている銘柄を10個挙げます。 現在保有はしていないけど、チャンスがあったら買いたい銘柄です。 ※銘柄コード順 01:セブンアンドアイホールディングス(3382) 自然災害が頻発している日本 …

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 株主優待制度とは? そもそも株主優待制度とは何なのか …

スーパーマーケットを「現代食生活民俗博物館」として利用する

スーパーマーケットを博物館として見る 毎日の買物でお世話になっています。近所のスーパーマーケット。 全国チェーンなら「イオン」「イトーヨーカドー」「西友」などがあります。 僕の住んでいる関西地区なら、 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up