投資を考える おすすめ投資本

「日経ビジネス 徹底予測」

投稿日:2016年11月20日 更新日:


(日経BP社)

週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。

  • 経済・政治関係の年間予定カレンダー
  • 各界要人へのインタビュー
  • アナリストによる株価・為替予測
  • 主要国の展望
  • 業種別の展望

などの情報がぎっしり詰まって780円というお得な一冊です。

「来たるべき年を、総力をあげて予測するぞ!」という記者たちの意気込みが紙面から伝わります。

僕はこの「日経ビジネス 徹底予測」を2012年からずっと毎年買いつづけています。12月の師走に本屋に立ち寄って「日経ビジネス 徹底予測」を見かけると、「あー、今年ももうすぐ終わるんだなー。」としみじみ感じます。読みおわってから本棚に保管しておいて、たまに「あの頃、どんなことがあったっけかな?」とバックナンバーを読み返します。

「徹底予測」と銘打っているだけあって、来年起こりそうなこと、株価予測、為替予測などがテンコ盛りです。もちろんすべての予測が当たるわけはなく、外れることもありますが、予測が当たるか当たらないかというよりも、自分なりにいろいろと「思考をめぐらすための材料」として、この雑誌は使えます。

たとえば11月にアメリカ大統領選挙が控えているとしたら、その前に株価が大きく動くかもしれないので、9月10月は、大波が来る場合にそなえて保有株のポジション調整しておいたほうがいいな、と考えたりします。

年末年始に、これから1年間の投資計画を立てるとき、利用価値のある1冊です。今年も「徹底予測2017」が店頭に並んだら、即ゲットします!

ちなみに週刊で発売されている本家の「日経ビジネス」は、会社経営者・投資家・資産家が愛読する雑誌のなかで、常に上位にランキングされる雑誌です。他のビジネス誌の「東洋経済」や「PRESIDENT」「週刊ダイヤモンド」などに比べて雑誌の厚さは薄いし、派手な記事が少ないのにもかかわらず常に人気なのは、ほんとうに役に立つ情報が多いからだといえます。

硬派で実直で本気度が伝わる雑誌「日経ビジネス」、僕は好きです。


関連記事

先物・オプション取引を独学する[4]書籍(オプション取引①基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍でオプション取引について学びました。 世界一やさしい 日経225 オプション取引の教科書1年生 (岩田 亮 著、ソーテック社) …

投資の極意は「とても低いハードルを見つけ出して、それを飛び越す」にあり

「投資の達人になりたいんだ!」という思いで、今までけっこういろんな投資本を買って勉強してきました。 単行本や文庫本で20冊くらい、雑誌でも20冊は買っているかと思います、たぶん。 正確に数えられないの …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

現物と同じ銘柄を信用取引で「現引き」することにメリットはあるか?

昨年2016年に、はじめて信用取引(買い)をやってみました。 まだまだ勉強しながらですが、40回ほど信用取引して、いまのところ一度も損することなく取引できています。 手法としては、現物で保有している株 …

銘柄ウォッチ「マキルへニー(未上場)」

マキルヘニー WEBサイトはこちら マキルヘニー社とは もし上場したら投資してみたい企業、「McIlhenny Company(マキルへニー社)」。 なじみのない社名ですが、言わずと知れたペッパーソー …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up