投資を考える コラム

投資のおまもり

投稿日:2016年11月19日 更新日:

投資のおまもり・東証見学証

数年前に有給休暇をとって、東京に2泊3日の一人旅をしてきました。

たしか1月くらいだったかな。寒い時期でした。

金・土・日の3日間という日程でしたが、そのとき「金曜は平日だから、平日にしか行けない東京名所へ行こう!」と思いたち、検討した結果、中央区兜町にある東京証券取引所の見学に行くことにしました。

やっぱり、株式投資を行う者にとって、東京証券取引所は聖地のようなものですからね。

いちどは行ってみたいと思いました。

東京証券取引所サイト:見学案内ページ

建物の中に入ると、吹き抜けのエントランスがあり、入口に受付のお姉さんがいて、首からぶらさげタイプの見学証を受け取ったら、所内を自由に見学できるシステムです。

見学者は僕を含めて5人足らずで、平日とあってか閑散としていました。

取引所で働いている人も、ガラス張りの向こう側でパソコンに向かっている人が10人くらいで、本当にここが世界で5本の指に入る取引量なのか、と疑ってしまうくらい静かなところでした。

↓そのとき撮った写真です。

よくテレビのニュースで「きょうの東京株式市場の終値は・・・」とアナウンサーが言うときに流れる場所ですよね。

株価ボードもあって、東証の主要銘柄の株価が刻一刻と動いているのを見てちょっと興奮しました。

で、見学が終わって、お土産コーナーで400円くらいのキーホルダーを買ってから取引所を出ました。

「さて、次はどこに行こうかなー。」と、しばらく外を歩いていたんですが、ふと胸元を見ると、証券取引所の見学証が首から下げられたままだということに気づきました。

↓これが見学証の中身です。
投資のおまもり・東証見学証

本当は見学が終わったら受付のお姉さんに返さないといけないんですけど、ぜんぜん気づきませんでした。(受付のお姉さん、東京証券取引所の関係者のみなさん、本当にゴメンナサイ。けっして悪気はなかったんです。)

で、見学証をどうしたかというと、これも何かの縁と思い、そのまま持って帰ることにしました。

それ以来、「VISITOR」と書かれたこの見学証は僕の投資のおまもりとなり、今も大切に財布の中に入っています。

なんというか、取引所への「Visitor(訪問者)」というのが意味深でカッコよくて気に入っています。

で、身につけてからのご利益ですけど、あります。すごくあります。

おかげさまで、投資生活は順調でございます。

投資の神様、東証関係者の皆様、ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!



関連記事

投資の目標をもつこと

何ごとも、目標をもって、それに向かって進むことが重要ですね。 株式投資においても、ただダラダラ取引をするのではなく、目標をもってやるほうが良いと思います。 僕の場合は、「資産1億円を達成する」というの …

テレビCMのおもしろい国へ投資したい

  SBI証券では、外国株式に投資する場合、9ヶ国の中から投資先を選ぶことができます。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9ヶ国です。 もし投 …

投資は予想がはずれる前提でOK!

「ギャンブル」と「株式投資」との違いは何でしょうか? 「ギャンブル」は、予想が外れたらお金がゼロになる 「株式投資」は、予想が外れてもお金が一時的に減るだけで、ゼロにはならない ではないでしょうか。 …

銘柄ウォッチ「セリア(2782)」

セリア 公式サイトはこちら セリア(Seria)とは セリア(Seria)は、100円ショップ業界で第2位の会社です。 1位はダイソーでおなじみの大創産業です。3位はキャンドゥ(Can★Do)です。 …

日本は近い将来、財政破綻するの!?

  「近い将来、日本は財政破綻するのか!?」 なんていうタイトルが、しばしば紙面やテレビをにぎわせていますね。 これについては、経済学者やアナリストなど専門家の間でも、意見が分かれています。 …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up